保育所相談とファミサポ。

先週木曜日、ふと思い立って、市役所に保育所の相談に行きました。
次の子の出産前後に、はるぼうを預けるには
産前2ヶ月産後3ヶ月枠の通常保育か、一時保育か(週3までが最高)、
どっちの利用にしようかなーー、と思ってのことだったけど、
産前産後の通常保育を希望するにも、2歳児クラスに空きがなければ
受け入れてもらえなーい!
そして希望した保育所はすでに満員で、退園する子がでない限り空かないと・・・
そんなの期待できないに決まってるじゃーん!
どうしても毎日預ける通常保育が希望であれば、
家から離れても空いてるところを探すしかないけど、
それだとダンナが出勤前や帰宅後の送迎が難しいだろうなぁ。

となると、やはり最初に希望してた保育所が一時保育をやってるので
週3までしか預けられないけど一時保育しかないだろうなぁ。
この保育所は我が家からも、ダンナの会社にも近いから1番便利なのよね。

でも、一時保育の問題は朝8時半~夕方4時半までで
それ以降の延長保育ができないってこと。
朝はフレックス使ってもらっても、退社時間がそれじゃー無理だろうなぁーと思うので
入院中だけでも、保育所の夕方のお迎えは
市のファミリーサポートにお願いしてみようと思い立った。
南ア市ではファミサポ事業はまだ始まったばかりなんだけど
その分力を入れてるみたいで、窓口の職員さんも勧めてくれた☆

利用会員として一度登録すれば子供が小6になるまで利用できて、
子供を預かってくれたり、保育所の送迎をしてくれたり、
軽度の病気なら世話をしてくれるというもの。
1時間800円(夜間は900円)かかるけど
お互いの実家が遠く、頼る親族のない我が家にとっては
こういう行政サービスはうまく利用しなければね。
申込書を書いて、後日市の職員さんと、お願いする活動会員さんと
面談することになりました。
ちなみに、毎回同じ人が着てくれるようになるので、
いきなり知らない人が来るってことはないです。


そして昨日、我が家にて面談となりました。
我が家担当の活動会員さんは、60代頭ぐらいのおばさま。
なんでも元保育士で、現在もパートとして保育所で働いているらしい。
とりあえず我が家の近所の方で選んでもらったけど
こういうプロなら任せても安心そうじゃな~い?
しかし、じいじ、ばぁば世代に接触する機会が少ないはるぼうは、
50代(市の職員さん)と60代(活動会員さん)のおばさま達を前にして、
緊張してしまい、固まっていました(^^;
そして、緊張のあまり、寝てしまいました(笑)
はるぼう、前にも近所の葬式の時寝ちゃったんだけど、
緊張すると現実逃避するのか寝ちゃうんだよねーー。
泣いたり暴れたりするよりはいいけど・・・
卵アレルギーのことや、オムツの状況のこと、食事の好き嫌いなど
子供のことをくわしく伝えて、
実際には入院中と産後がメインで、
一応はるぼうに慣れてもらう為にも産前にも何回か来てもらうことにしました。
利用する時は市の窓口を通せばいいんだけど
土日や急の場合は本人に直接連絡とってもいいそうです。
あと、交通費を渡さなきゃいけないんだけど、
1km35円で計算するので、その方だと2kmぐらいだから安いかな。
本当は利用しないに越したことはないけど
産後の自分の体調もわからないし、なにより入院中のこともあるから
念には念を入れて、登録はしておかないとねーー。



そして、明日は一時保育に預ける予定の保育所にて
育児支援の参加。
丸1日預けるようになる前に、まず環境に慣れてれば
少しは本人も不安じゃないかなーって。
生まれてからいきなり預けるのも邪魔者扱いされてるように
感じちゃうかもしれないし・・・
午前中は園庭開放もしてるし、これからちょこちょこ通おうかな。



金曜日には、来春入園するかもしれない幼稚園の見学へ。
願書をもらうのが10月1日、とずい分先だけど
8月下旬に出産するのを考えれば
それまでに動ける期間は少ないもんね。
ここは月1,2回未就園児童の教室を開いてるみたいなので
これも入園する気になったら通おうかな。



と、次の子の出産を軸に考えると、
はるぼうの一時保育への慣らしと実際の利用、来春の幼稚園入園準備、
ファミサポの登録と利用、と、いろいろ調べて準備することが多いことに気づき
今になってバタバタ~~。
でも、私、結婚式のスピーチで、大学時代の恩師に
「SAYさんはゼミの中では女帝という存在でしたが(←あ、これ余計だけど)
なんでも段取りを組むのが上手だったので、今後もその段取り上手さを生かして下さい」
と言われたのを励みに、バタバタしてる時にこそ
冷静に優先順位を考えて、上手に段取りを組みたいと思いまっす。
[PR]
by say-na | 2009-04-21 13:47 | 南アLife