2013年初夢。またこれが・・・

年始家族旅行レポが途中ではありますが、
元旦の夜に見た今年の初夢が妙にスケールのでかい世界観だったので
忘れないうちに記したいと思います。



夢の中の私は、歳の頃は25歳前後。
というのは、その当時に通っていたバイクの講習会仲間達と一緒だったから
たぶん、そう。
私を含めた女子4人で、私の地元、いわきにツーリングに行き小名浜港を観光。
「ついでに生まれ育った家を見に行こうかなー、
でも仲間もいるし、高速乗るのに時間がないか」と国道6号を走る。
途中、仲間のバイクの調子が悪くなり、乗り捨てて(ここが夢ならでは)
私のバイクの後ろに載せ勿来インターへ向かう。
しかしインター目前にして渋滞が発生。
なにかの事件により、常磐道が封鎖され高速には入れないという。
ならば仕方ないと小名浜港に戻り、フェリーで東京に帰ることに。
(注意:実際には漁港の小名浜港から東京行きフェリーなんて出ていません)
乗船する為に並んでいると、隣の列が、
何台もの黒い大きなバイクにまたがったいかつい男性の集団で
ややびびりつつも同じバイク乗り同士、談笑したのでした。

乗船後、しばらくすると「この船には実はウラン製のミサイルが積んである」
と、前からメモがまわってくる。
(事が重大なのになぜメモで回すのか謎)
そして、隣にいるいかつい男性達は実は自衛隊と知る。
夢の中で私も
「あー、ミサイルを守る為に自衛隊が一緒に乗ってるのね」と妙に納得。
(いや、納得する前に、フェリーにミサイル乗せないよね(汗))
そして、そのミサイルを狙って、この船にアメリカから宣戦布告を出されたらしい。
ざわつく船内・・・・
なんせウラン製のミサイルを積んでるので、船に衝撃でも与えられたら
海上で船ごと爆発してみんなおしまいである。
そんな事態を回避する為に、作戦が練られる。
なぜか私も自衛隊の作戦会議に参加。
すると、すごい事実が浮かび上がった!
実は私はアメリカと日本とのハーフだったのだー!
(真っ黒い髪と目なのにね・・・)
突然現れた戸籍謄本を見て、「や、やっぱり・・・」となぜか納得する私。
友好的に話し合う為に私が船からの代表として
出て行くことになったのでした・・・


日本の命運は私の肩にかかっている!
がんばれSAY!


To Be Conteinude・・・・・





な、わけなく、ここで夢から覚めたのでした。




夢の世界は黒いどんよりとした感じで、
小名浜がまるでゴッサムシティのようによどんでいた・・・



え、ゴッサム?



と、ここで自分も気づく。




そういや、前日に旦那が借りてきた「ダークナイト ライジング」を見たから
夢にそのまんま影響されてきたんだー!



黒いバイクはバッドモービル、
いかつい男性はベレンやその仲間、
ウラン製ミサイルを積んだ船って構想は
最後にバッドマンがバッド(空飛ぶ乗り物)に乗って核爆弾を海上まで運び、爆破させる
ってのがそのまんまストーリーになってたのねぇ(^^;





それでも、2013年の初夢はまさしくこのダークナイトライジングを模倣した夢・・・
今年1年どんなことが待ち受けているのか!



やっぱり

To Be Conteinude
[PR]
by say-na | 2013-01-07 16:24 | 南アLife