わさわさ。

深夜3時頃、はるぼうの泣き声に起こされ
足元の電気スタンドに明かりをともし、
「どれどれ~~」と抱っこした瞬間、
カーテンのほうから、はるぼう布団の頭上に置いたバスタオルに
向かってきた黒い影が!!

「ぬぬっ!とうとう奴か?!ゴキか!!」
と、抱っこしたままよく目を凝らして見ると・・・


違う!!


ワサワサしてる!!


ゲジゲジ?!


戦慄が走る。


とっさにソイツが乗ったバスタオルを隣のリビングに投げ、
ひとまず寝室の和室から追い出す。


ふ~っ、これで平和が戻ったわ・・・

まだ動揺を残しつつ授乳を始める。

そこで先日の出来事が頭をよぎる。


ダンナがベランダでガーデニングをしてるのだが
先日、山から採取してきた土を入れた植木鉢の下から
ヤスデが4匹わさわさ出てきて、心臓止まるかと思ったのだった。
ダンナに
「もし部屋に入ってきてはるぼうの近くに現れたらどうするの!!」
と、注意したところ、植木鉢たちに農薬をまいたらしく
それから姿を見ることはなかった。

「あのわさわさ感とスピードはゲジゲジのほうだなぁ」
と思いつつ
ふと、視線をリビングに向けると・・・



ササササーッ



Oh!No~~~!


こっちに戻って来ようとしてるやーん!!


「うひゃあ~~!」
と叫びたい気持ちを抑えつつ、
手元にあるバスタオルでまたリビングへはじき飛ばす。
片手にははるぼうを抱っこしてることだし。


ダンナ曰く、「ヤスデやゲジゲジは刺さない!不快害虫なだけだ!」
と言うが、なぜあんなに虫を擁護するのかわからない・・・
不快なだけでも自分にとっては害虫であることは違いない。
なんであんなに無駄に足があるんだろ。。。
あ~~不快不快。

と、2回目の回想録にはまりつつ
再び、視線をリビングに目を向けると


ササササーッ


Oh!No~~!

2回目のササーッかYO!


ここでプチッと切れた。


うとうとしているはるぼうを布団に降ろし、
薄明かりの電気スタンドに引き寄せられるのかと予測し、電気を消す。

予想通り、ソイツの動きは止まった。


そこで、殺虫剤取りにダッシュ!!

身をひるがえし、ノズル立てて噴射!!

瞬殺!!


つーか、ゴキジェットの威力で棚の下に吹き飛んだ!


亡骸が確認できないと完全勝利とは言えないが
とりあえずムニャムニャしてるはるぼうの様子を見つつ、
ソイツが戻ってこないか待機。

20分ほど再戦を待ち受けたが
ヤツは逝ってしまわれたようだ。


ふ~、これでやっと眠れるわ。


でも、うとうとしながら、
「あの2回出てきたのが実は別のヤツで
本当は3匹いたらどうしよう・・・・残り2匹いる恐れも・・・zzz」

と明け方近くになって、ようやく眠りにつくことができたのでした。



そんなわけで、午前中は和室を隅々まで掃除し
リビングもできるだけの範囲内でクイックルワイパーをかけ、
網戸には網戸用虫除けスプレーを撒き散らしたのでした。


今晩は出ませんように。。。
[PR]
by say-na | 2007-08-09 23:14 | 南アLife