活字のある生活。

今日から、地元紙を購読することにしてみました。

e0033013_13542259.jpg


この情報過多の時代、なにゆえ今更新聞購読を始めたのか、
と思われそうですが
知りたい情報だけ検索して閲覧するネットや、
与えられる情報だけ受け入れるテレビとは違って、
自分の意思で文字を追うことで、
社会面から地域面、経済面、その時々の特集など、
幅広く情報を身につけられるというところが新聞の魅力でしょうか。
私はトータル1時間かけて、隅々まで目を通します。
結果、「情報」のレベルから「知識」や「教養」へと
積み重ねられると思っています。

そして、朝日新聞奨学生を務めていた私としては、朝日信者であり、
別紙では、読売が読者向け特集が多いので面白みを感じますが
山梨に住みつつも地元で起きてることを知らないことが多いので
あえて地元紙にしてみました。

そんな、いかにも新聞に関しては
こだわりを持っているように書いている私でも
ここ6,7年は新聞を取っていませんでした。
それこそ、ネットやテレビでニュースを知ればいいと思っていたし。
でも、小学生から新聞を読み始め、新聞配達までしていた私にとっては
新聞を読むということは、生活の一部。
事件の表面性だけを簡潔に配信し、本質に触れていないネットのニュースは
最近飽きてきてしまっただけではなく、信用性が薄く感じてきました。
テレビは、はるぼうの手前見なくなったし、見る時間もとれなくなったので、
ここで、新聞のある生活にカムバック!したわけです。


さっそく今日から読んでみたのですが、やはり面白いですねー。
今日は日曜日だから読書面があった♪
あと、平和そうに見える山梨でも、
テレビやネットでは扱われないような事件が
ちょこちょこと身の回りで起きていることを知ったし。

なにより、今までみたいに、
時間を持て余してだらだらネットをやることが減ったので
心身ともに良さそうな気がします。


さぁー、はるぼうも昼寝したことだし、
活字にどっぷりはまるとしますかぁ。
[PR]
by say-na | 2007-08-19 14:20 | 南アLife