初めての清掃センター

さて、日曜日には旧居から粗大ゴミと家庭ごみを持ち出したので
マンションはもぬけの殻・・・
あーここではるぼうは生まれ育って初めての育児に奮闘したっけ・・・
と、感慨深い場所です。
金曜日に管理会社と退去の立会いやって最後だけどね。

そして搬出した大量のゴミ・・・
地域で集める粗大ゴミが来週にあるんだけど、平日のけっこう早い時間。
はるぼう連れじゃ無理だし、なにより、車に詰めこんだこのゴミを
さっさと処分してしまいたい!
そこで、勢いづいて翌日の月曜日、
玉穂にある清掃センターへ直接持ち込むことにしました。

事前に役所の環境課で「一般廃棄物搬入申込書」をもらっておいて、
氏名、住所、捨てるものを記入して、
積んだゴミをチェックしてもらいに、
役所まで寄って環境課の職員にチェックしてもらうのだが
これが一手間よねー。
なんでも危険物を持ち込まない為らしいけど。

粗大ゴミといっても古い布団やカーペット、カーステレオ、
引越で出た家庭ゴミ7袋ぐらいだからノープロブレムで清掃センターへ向かう。


敷地内の矢印に従いながら受付兼計量所へ。
かなり挙動不審だったからか「初めてですか?」と見破られた。
ここで現時点での車ごとの重量を測定。あ、人も乗ったままね。
敷地内のルート図をもらい、ドキドキしながらまず可燃物処理コーナーへ。


ここか?
e0033013_1629656.jpg



場違いな感があるFitさん。
e0033013_1630349.jpg

ちなみに、今年に入ってからダンナと車をチェンジして、
平日はダンナがLifeさんに乗ってます。

隣では業者さんが手馴れた調子でゴミを捨てていく。
私が車から降りてキョロキョロしてたせいか、
業者のおっちゃんが「係りのおじさん来るからまってろし。」
と声をかけてくれてちょいと緊張が和らぐ。

車の中でしばらく待つが、担当のおじさんらしき人は一向に来ない・・・
はるぼうは寝ちゃってるからいいけど、泣いて起きられたら困るので
それらしき人を見つけて声かけたら、ちょうど係りの人でした。

無線かなんかで
「あー、ちょうど今来たよ。女の子」
と話してたから、なかなか戻ってこないことを心配して受付から連絡がいったようだ。
が、「女の子」なんて、何年ぶりに言われたんだろ(笑)

とりあえずゴミ出すのを手伝ってもらいつつ、難なく終了。
不燃コーナーへ向かう。

スロープみたいなところを降りて
シケインやらヘアピンコーナーを抜けていくからドキドキしたわ。

不燃コーナーではカーステレオ、いらなくなった座椅子の部品(けっこうでかい)
あと、資源・不燃物ゴミ回収で受け取ってもらえなかった一升瓶も捨てられてすっきり♪
資源・不燃回収は自治会主催でやってるんだけど、
区分がつかないものは持って帰らせられるのよね~~。
でも、ここの清掃センターを見てみると、不燃にしても、資源にしても
行き着くのは同じ場所のような気が・・・・(汗)

いや、資源はどこかで有効活用されてると信じよう。


車の中のゴミがすべてなくなり、すっきりしてまた最初の受付へ戻り、
計量チェック。
e0033013_16395886.jpg

どうやら50kgも捨てたらしい。
ゴミって、溜まると重いものよねー。
清掃センターに持ち込んでよかったわ。
この雰囲気なら、いらなくなったマフラーとかハンドルとかのバイクパーツも
捨てられそうだなぁ~~。


これですべて終了~~
かと思いきや、最後にこの紙と計量票を役所の環境課へ提出するらしい。
もー、ゴミ捨てるだけで役所の窓口に行くの3回よう。
今は平日に動ける主婦だからこんなことできるけど
共働き夫婦だったら無理よねー。
でも、役所を通して申請書をもらうことによって持ち込みが無料になるみたい。
暇な今のうちにでかいものは捨てておくか!

それにしても、地元の清掃センターを利用するなんて、
すっかり山梨人じゃない?私♪
ゴミもなくなってすっきり~~♪

しかし、帰宅して土曜日に切った木が玄関に寝転んでるのを発見し、
「あー、これも捨てればよかった・・・(ーー;)」
と後悔したのでした・・・


でも、車には入りきれなかったからしょうがないわね。。。


待て、次回!
[PR]
by say-na | 2008-02-27 16:41 | 南アLife