歯医者通いの日々。

意を決して数年ぶりに歯医者に通って1ヶ月。
次々と虫歯を発見され、昨日すでに5本目の歯を治療しました。
そこは前から冷たいものや甘いものがしみて痛いところで
その歯を治す為に通い始めたようなものの、
「虫歯にはなってないねー」と言われ、今まで後回しにされていたのでした。
でもいまだに痛いので昨日レントゲンで診断したところ、
昔に深く掘って治療した虫歯の後が、詰め物も古くなってきていて
そこからしみてきているようだ!とのこと。
場所からすると、20年以上前に治療したとこだなー。
古い詰め物をはずす為にガンガン削らなきゃいけないんだけど
のけぞるほど痛い!!
なんで歯の痛みってあんなにするどい痛みなんだろう。
危なくて治療にならないので、その歯の神経を抜くことにしました。
歯の神経抜くほどの治療って、小学生の頃ぶり。。。
あれって、その前の麻酔が死ぬほど痛いんだよなぁ。。。
それだけが憂鬱。
でも待合室ではるぼうがご機嫌に遊んでるうちに
ちゃっちゃと治療を済ませて帰還せねば!

「痛いですよーー」
と歯茎に刺された麻酔注射はやはり痛かった。
でも、私が記憶している20年前の麻酔よりは痛くない気がする・・・
あーーでもやっぱ痛い~~!
あ、でも帝王切開の時脊髄に受けた麻酔注射よりは痛くないっ。
そうよ、こんな痛み、出産の痛みに比べれば・・・!

ヒーヒーフーの呼吸しそうになるのを我慢してるうちに麻酔終了。

今の麻酔って即効性があるのね。
即削られたけど、全然痛くな~い♪
麻酔ってすばらしい☆

麻酔の後は案の定、口があまり動かないけど
昔みたいに、『自分の口がたらこ唇になったような錯覚』に陥ることはなかった。
やっぱ、麻酔も進歩したんだなー。

そして、やっぱり女性って痛みに強いのがわかる気がしたのでした。
[PR]
by say-na | 2008-08-06 22:45 | 南アLife