カテゴリ:おでかけ( 195 )

8月20日(3日目)
この日は高校時代の友人S、M、B、I&キッズ1人とびっくりドンキーで待ち合わせ♪
我が家含めて8人でのランチとなったのでした(^^)
このメンバーは去年の春休みに再会した時と同じメンバーだけど
こうして帰省のたび声をかけると都合を合わせて集まってくれるのがありがたいです。
高校時代3年間一緒に過ごした後、いわきを離れて20年。
その間、それぞれに結婚したり子供ができたりお互いの環境が変わる中、
変わらぬつきあいができるのって幸せなことだなー。
お互いの近況を話しつつ、お昼を食べ、デザートはルンバルンバ♪
e0033013_952654.jpg

いやー、びっくりドンキー自体も何年振りかに行ったのでこんなメニューがあるとはねぇー。



塩屋埼灯台に登ろう~!なんて事前に話してたけど
この日はいわきでも猛暑!
暑くてあの長い階段を登ったり、日陰のない砂浜で遊ぶのは具合悪くなりそう・・・ってことで中止にして
子供のいる我が家とIちゃんちだけで三崎公園へ。
はるぼうのリクエストだったけど、たぶんあそこなら潮風と木々で涼しいであろう・・・



アスレチックゾーンで子供達遊ぶ!
e0033013_912678.jpg

ひなたははやっぱ暑い!
でも芝生だし、木陰は潮風も吹いてるしとても涼しかった。



そして砂浜へ。
海なし県育ちのはるぼうひよりんは海に大喜びー。
e0033013_9191474.jpg

e0033013_9165534.jpg

e0033013_9135385.jpg

でも海育ちのおかーさんは波の怖さも教えますよ。
波をかぶると沖に引きずり込まれるってね・・・
しかも岩の上は安全そうに見えて、濡れると滑るので波が来たら焦って走らずふんばれと。
ここの砂浜は小学生の頃、友達と子供だけで自転車で遊びに来てびしょ濡れになってたけど
今思えば怖いなぁー(^^;
崖の形と海岸線が変わったなぁと思ったら、Iちゃん曰く、震災の時に崖が崩れたらしい。
そういや昔はもうちょいこの岩が海に張り出していて、ぎりぎりまで海に近づけたんだよなぁ。



Iちゃん、Oくん、はるぼうで貝ときれいな石拾い。
e0033013_9936.jpg




ひよりんは自称かわいいポーズ(笑)
e0033013_9102625.jpg

せっせと砂のお山を作り、波が来て座ってたお尻がずぶ濡れとなったのでした。


そんなこんなでたくさん海で遊んで夕方帰宅。
ひよりんはすっかり車内で爆睡でしたが、近所のトイザラスに行きたい為にがんばって起きました(笑)
夜はちょうど花火大会がやってたので歩いて川の近くまで行って立って見てたけど
雷雨になってきたので早々に退散。
でも短期滞在で夏らしいことはやりつくしたかな(^^)




8月21日(4日目)
この日はいよいよ山梨に戻る日。
行きは9時に出て16時に着いたのを考え、東京に向かうしやや気持ち早めの8時40分に出発。
母に兄、親戚の皆様、お友達、みなさんお世話になりましたー。
またもや長時間運転なので郷愁に浸らず、気合を入れて出発!

勿来IC手前でガソリンを入れ、常磐道に乗るもやはりスイスイ。
去年もそうだったけど、お土産調達の為に中郷SAでさっそくの休憩。
ここは茨城なんだけどギリギリ福島のお土産が手に入るのよねー。
e0033013_927159.jpg




そして野口雨情公園という小さな公園があるので子供達のリフレッシュにもちょうどいい♪
e0033013_9273157.jpg

・・・もれなく時間をロスするんだけどねぇ。



朝早く起き、小腹が減った子供達におばーちゃん(母)特製塩おにぎりを食べさせる。
e0033013_9284894.jpg

走行中は相手できないし、お腹すくと車酔いするからねぇ。



2回目の休憩は友部SA。ここでランチ。
e0033013_929738.jpg

うどん3人前頼んだらけっこう麺が多く、カレー大好きひよりんとシェアしようとミニカレーもつけたら
ご飯の量が多く、ゲップ。
麺が残ってしまった・・・もったいないけど食べ過ぎも酔うのでお互い無理はせず・・・



水戸といえば納豆!
e0033013_94931.jpg

わんぱくでもいい、粘り強く育ってほしい(^^)



守谷SAで3回目の休憩。
下りではあったドラゴンボールのガチャガチャを探すもなくてがっかりするはるぼう。
ふと渋滞情報を見ると、この先首都高6号もC2も激混み・・・八王子に着くのが3時間後だとー!
子連れ渋滞だけは避けたいので、去年の帰りも使ったルート、
三郷ICから外環道~関越道~圏央道にて遠回りのスイスイコースへ。
でも、確かに流れてはいるけど、ひたすら走るのよねぇ・・・
まぁこの間に首都高が空いたり、去年みたいに圏央道で事故渋滞に巻き込まれることもあるから
賭けといっちゃ賭け。



そして圏央道狭山PAで4回目の休憩。
e0033013_9494921.jpg

意外にもはるぼうが熟睡から覚めない。
笑顔のひよりんは先に昼寝して覚めた後なので得意顔(笑)
しばらく車内で待機した後、なんとか起こしてソフトクリーム休憩♪



この後中央道乗るのにナビ見て気づいたけど、うちのナビは4年前ぐらいのせいか、
圏央道が南側の高尾山側と開通したことになっていない。
おかげで違う分岐のほうに案内された・・・やっぱナビや古い地図よりも
目の前の標識が一番信用できますなぁ。あと野生の勘(笑)
中央道もスイスイだったので、休憩なしで行けそうだったけど、私の眠気が出て来たので
長居しそうな談合坂はスルーし、釈迦堂PAで5回目の休憩。
不服そうだったはるぼうは、駐車した目の前に探し求めていたドラゴンボールのガチャガチャがあったので
テンションあがって眠気も吹き飛んだ♪


あとは家に帰るだけ♪
家の近くほど気が緩みそうになるけど、家に着くまでがおでかけでっす。
ちょうど17時到着したのでしたー。
所要時間8時間20分。
遠回りと休憩が2回多かったから、行きより1時間20分も長くかかったわー。
帰宅後はすぐにハムスターげんき君のケージの掃除をし、餌とお水を交換して一安心。
洗濯機を回して掃除機もかけ・・・なんてやってたら夕食作る気力と体力がなくなり、
夕飯はカップラーメンとレトルトごはんをチンしたおにぎりでした(^^;
仕事から帰ってきた旦那にはレトルト中華丼だった(爆)

はるぼうがお風呂に入りながら、「おばあちゃんと別れるのは寂しいけど、やっぱ自分の家が一番落ち着くなぁー」
と言っていたのが小っちゃい大人みたいでおかしかった(^^)



長かった夏休みも25日で終わり。
宿題も早めに終わらせたし、今年は初めて読書感想文と自由課題のポスターにも取り組んだし
2学期もがんばろうー!
[PR]
by say-na | 2014-08-26 10:18 | おでかけ

8月18日~21日に、1年ぶりにいわき帰省したので記録として久々に綴ってみようっ♪


8月18日(1日目)
世の中はお盆明け・・・ということで高速道路も渋滞してないだろうと思いこの日に出発を決めたのでした。
ちなみに旦那は盆休み明けの仕事の為、ハムスターのげんき君と共に留守番。
よって、往復とも私と子供2人の3人旅になります。
去年辺りから旅慣れてる子供達のおかげで私1人の運転でもどうにか遠出できるようになりました♪
9時に南アの自宅を出発。

中央道は予想通りすいている♪談合坂SAに10時半についたけど、
すぐ石川Pで止まるのはもったいない気がして
早いけどお昼にすることに(笑)
e0033013_23332469.jpg

うむ、談合坂のラーメン、なかなかウマー。ひよりんはミニうどん。
なんだかんだと11時20分ぐらいまでいたので混む前にここで食べちゃってよかったかも。


首都高はスイスイ。
今回の長時間運転の為に仕入れたクラシック曲集のCD聞いてたら
はるぼうはドヴォルザークの「新世界」を気に入ってしまい、4回も聞かされた(笑)
でもおかげでなんか高貴な気分で首都高ぐいぐい走れたのでした♪
ちなみにひよりんはマーチングの課題曲「アイーダ凱旋行進曲」がお気に入りなので
3回聞かされた。


2回目の休憩は常磐道守谷SA。
それが改修工事の為バラック小屋・・・談合坂で食べて置いてよかった・・・
そういや去年は上りのほうが改修工事中だったな。
e0033013_23372542.jpg

でもはるぼうはドラゴンボールのでっかいスーパーボールをゲットできてうれしそう。


常磐道は友部を過ぎると走行車が一気にいなくなって、さびしすぎるほど空いている。
直線が多いし、へたすると眠くなる危険な道です。
私もつい眠くなりそうになったその時、例のクラシックCDの中から
「トゥーランドッド 誰も寝てはならぬ」が流れてきて、「今ここで来たかー!」と
やたらツボにはまり目が覚めたのでした(笑)


最後は東海Pで軽く休憩し、いわきの実家へ直行。
この頃になるとひよりんも昼寝を始めたが、はるぼうは1回も寝なかった。
小2ともなると体力ついたなー。
実家着は4時。所要時間7時間。
実家では兄が買っててくれたゼリーの家のゼリーがありました。
e0033013_2344409.jpg

これ好きー。


しっかし、せまい軽自動車で、DVDもなんの娯楽もなくトークと音楽だけですごし、
しかも後ろの席は子供2人だけでおかーちゃんは運転に徹する状況で、よく子供達はがんばりました!
いつも最後に「ちゃんと載っててくれて、おかーさん助かっちゃった♪」とねぎらうようにしてるけど
この旅慣れてる子供達あっての帰省になります(^^)




8月19日(2日目)
朝食後、兄が電子ピアノで「展覧会の絵」と「主よ人の望みの喜びよ」を披露してくれた。
最近ピアノに興味があるひよりんへとのことらしい。
e0033013_0151858.jpg



もう私はこんな楽譜は読めない・・・
e0033013_0153383.jpg

子供用楽譜もいろいろプレゼントしてくれ、ひよりんも初めて自分の楽譜ができて喜んでいました(^^)
いつも図書館で借りてたからねー。



10時半に高校時代の友人K子と小名浜にある水族館、アクアマリンふくしまで待ち合わせ。
K子の結婚式以来、5~6年ぶりぐらいに再会しました!
はるぼうが生まれた時にわざわざ東京から会いに来てくれたので、
こっちからも会いに行きたいなぁーと思いつつ実現しなかったのよね・・・お互い2児の母になったし(^^)
水槽の魚を見ながら積もる話を楽しみました♪



ちなみに子守りとしてうちの母にも同行してもらいました。
e0033013_23501880.jpg




福島沖は親潮と黒潮がぶつかる潮目の海ということで豊富な漁業量が自慢です。
e0033013_2354170.jpg

e0033013_23535560.jpg

今は汚染水の影響もあるので規制がひかれてますが、
また昔の海に戻ってほしいなぁ・・・
いわき産の目光はおいしかった!



リアルスイミーだよ~。
e0033013_23545253.jpg

目になってくれる黒い魚はいないけど。



磯のふれあいコーナー。
e0033013_23551922.jpg

私も触ったけど、ヒトデは意外に固かった。
ナマコはヌメヌメだった・・・
ウニはいたような、いなかったような・・・



お昼は小名浜港を歩きつつ、ららみゅうに向かいます。
e0033013_23561326.jpg

e0033013_10283269.jpg

寿司や海鮮系のレストランが混んでいますが、
地元民としてはこだわらないので、空いてるラーメン屋さんに行きました(笑)



その後、祖母宅に顔出し。
はるぼう、ひよりんにとってはひいおばあちゃんです。
今年94歳になるので、会える時に会っておかないと・・・
というのが今回の帰省の目的でもあったかな。
体も頭も元気なので見習いたい!でも母の3姉妹もみんな体丈夫なので
私ももれなく引き継いだような気がする(笑)
床屋を営む伯父伯母に、はるぼうとひよりんの髪をカットしてもらった後、
伯母が用意してくれたスイカでスイカ割り大会ー!
はるぼうとひよりんが、ちゃんと目隠ししてプラスチックの棒で挑戦したけど、
お互い3回くらいヒットしてもスイカが割れない・・・
いっそのこと、食べやすいように包丁でカットしてみんなで食べても・・・♪なんて思っていたら、
うちの兄が挑戦することになり、はるぼうが「右」「もっとまっすぐ」などリード係をがんばる。
周りは余興のつもりでスイカ割りをしていたのに、兄が思いっきり棒を振り落とし、
スイカは割れてしまったのでした・・・
周りにいた大人達から「大人げない」と酷評され、はるぼうひよりんも茫然。
「41年にして初めてスイカを割れた!」と本人だけがハイテンションでした・・・
ただ、救いは粉々ではなく、2つに割れたので食べやすかったことです。


夏休みらしく、皮をお皿にしてスプーンでくりぬいて食べることに♪
e0033013_03257.jpg




叔母の提案で、スイカジュースを飲む2人。
薄くておいしいとはいえなそうだけど、これも夏の思い出っ♪
e0033013_04217.jpg




おばーちゃん、いつまでも元気でいてねー(^^)
e0033013_064491.jpg

次の帰省をお楽しみに♪




そうそう、この夜は道頓堀にお好み焼きを食べに行き、
子供達も自分で焼きそばとお好み焼きを作って楽しそうでした♪
私は大学時代の恩師が月島に住んでたので、昔よく食べたもんじゃを自分で作りながら食べることができて
うれしかったわぁー。
昔と違うのは電車ではなく車なのでアルコール禁止ということです(涙)
[PR]
by say-na | 2014-08-24 23:25 | おでかけ

風穴へ。

日曜は、富岳風穴(ふがくふうけつ)へ初めて行ってきました。
西湖の近くなので我が家から遠くもないんだけど、入ったことはなかったのよねー。
今回は旦那の提案&はるぼうがノリノリだったけど
私も子供の頃は東洋1とも称される滝根町のあぶくま鍾乳洞に何回も行ったものだ・・・!

南アは午前中雨で移動中も雨だったけど、到着の頃はちょうど小雨になり傘いらずに♪
お昼に吉田のうどんを食べた後は子供2人はスニーカーから長靴に履き替えて出発。



そういえばここは青木ヶ原樹海の入口。
・・・というと、暗いイメージもあるけれど、実際に足を踏み入れると苔の青さが美しく
溶岩により盛り上がった樹木の根に生命力を感じます。
e0033013_23335212.jpg


e0033013_23361525.jpg




木漏れ日も美しーい。
e0033013_23364273.jpg

日曜日だったのでちらほら観光客がいました。



こちらが風穴の入口。
e0033013_23373196.jpg

説明によると、平均気温は3度。
昭和初期までは、蚕の卵の貯蔵に使われていたという天然の冷蔵庫。
国の天然記念物にも指定されています。
総延長201m、高さは8.7mにおよぶ横穴で、内部は不思議と音が反響しない。
これは壁の玄武岩質が音を吸収する性質をもっているため。




おお、天然のでかい氷柱が!!
e0033013_23381035.jpg

奥の方に、昭和初期まで保管されていた養蚕の箱が見本として置かれていました。
いつだか、新聞で明治~昭和初期の日本が養蚕が盛んだった時代に
夏になると遠方からわざわざ風穴に蚕の卵を冷蔵保管する為に業者がたくさん来た、
という記事を読んでいたので、「ああ~、これがその箱かぁ」と納得。
この天然冷蔵庫のおかげで、1年を通してバランスよく蚕の糸が取れ
農業が閑散期の冬に仕事もできたことから労働も安定したらしい。





暗いけど記念写真。
e0033013_23401216.jpg

ここで往復して戻ります。
だいたい15分ぐらいの滞在でした。




外はちょっと雪が残っていたので遊ぶ子供達♪
e0033013_2346628.jpg




入場料もお手頃だし、夏なんかは涼を求めてくるのもいいかもね♪
e0033013_23464490.jpg

ちなみに鳴沢氷穴もここから徒歩20分ぐらいで行けるらしいけど
冬だしひよりんの足じゃー何分になることやら・・・ということでスルー。




次に雪まつりを開催予定だった河口湖へ。
e0033013_23485581.jpg

思いっきり晴天の為雪がなく、雪まつりは中止となっていました(笑)
いい青空だなぁー。
この後、1年ぶりぐらいにスワンボートを漕いで帰りました。
[PR]
by say-na | 2014-02-03 23:52 | おでかけ

葛西臨海水族園へ。

昨日は子供2人を乗せて車で葛西臨海水族園へ行ってきました!

今回の目的は、去年の夏以来会っていない妹ファミリーとの再会。
といっても、その時は入院中だった姪っ子サツのお見舞いで行ったので
妹とサツにしか会ってないんだけどね。
少年野球の練習だった小4の甥っ子イツと旦那さんは欠席でしたが
妹と姪っ子2人と葛西臨海公園で合流することとなったのでした。
これも1週間前ぐらいに思い立って決めたことなんだけど
のんびりしてると雪が降ってノーマルタイヤでは中央道不安だから
秋のうちに行っておかないとね。


朝は8時に出る予定がひよりんがなかなか起きず出発が8時50分に(汗)
ライフで高速乗るのは夏以来だけど、先月オイル交換とオイル添加剤入れたせいか
加速の伸びがよくてモリモリ走れた気がするー。
でも常磐道や東北道に乗るときはもっぱらC2ばかり使ってたから
久々にC1突入するとちょうど渋滞と相まってドキドキしたわ(笑)
もう山梨に来て9年だもんねぇー。
都内の地図にややうとくなってきてますがそれでもたまに首都高に入ると
当時の思い出がよみがえってきて楽しい♪
仕事が終わったあと、よく友人達と「今から上にあがろうぜ♪」とバイクで集まったり
千鳥ヶ淵の桜がきれいな頃は1人でふらっと走りに行きつつ眺めたなぁ。



到着はほぼお昼の12時。
3時間かかっちゃったわねー。
むこうはちょうど入口周辺で待ってたので無事合流。
e0033013_14291613.jpg

ハル、ミユ、サツ。
車の中でうとうとしてたひよりんは到着後ぐずぐずでかぶりものと撮影拒否。




ここの水族館、3年ぶりに来たわー。
我が家は三津シーパラや忍野淡水水族館ばかりなので
久々にでかい水槽見たー。
e0033013_14301372.jpg




これ、人間の顔っぽい。
e0033013_14313290.jpg




子供はキッズカレンダーというのをもらえて、クイズしながら館内を進むことができたんだけど
やはり外に出た方が元気だなぁー。
e0033013_14314829.jpg




わーい、たくさんのペンギン!
e0033013_14324691.jpg

e0033013_14331392.jpg




ひよりんもこの頃になってようやく機嫌が直ってきた。
e0033013_14332833.jpg




このペンギンの水槽、下の通路からも見ることができます。
e0033013_1435416.jpg

ぷりぷりして丸いお腹、かわいい~。




子供達も下から見るのが楽しいみたい。
e0033013_1437519.jpg




特にひよりんがペンギンに夢中でした(^^)
e0033013_14373580.jpg




14時になってようやくランチタイム。
はるぼうひよりんは行きの談合坂SAでたこ焼きとソフトクリーム食べてたからねぇ。
e0033013_14385685.jpg

小1と年長組の姪っ子2人はお子様ランチなのに、
小1のはるぼうはともかく、年少組のひよりんは大人サイズのハンバーグとエビフライセット。
すべてたいらげました・・・!
野菜とポテトサラダ2人分は中華丼のおかーさんにまわってきましたが(笑)



食後は、タッチン&フィーリンコーナーへ!
e0033013_1444384.jpg

午後の部は14時~16時だったので、ちょうどすいてる時間帯でした♪



エイの口に注意。
e0033013_14454311.jpg

注意、と言われてもこんな困った顔されたら危険な感じがしないわー。



サメの口に注意。
e0033013_1446329.jpg

注意、と言われても、こんなモフーって口されたら萌えだわ。




上の子達3人、大はりきり。
e0033013_1443430.jpg

ひよりん、笑顔だけど魚が来ると腕をひっこめて逃げます(笑)




はるぼう、エイなでなで中。
e0033013_14484891.jpg

ぬめぬめしてたらしい。




はるぼうとミユでイヌザメなでなで中。
e0033013_14492525.jpg

ざらざらしていたらしい。
しかしイヌザメとネコザメの違いがよくわからない。




ミユはかなり腕をつっこんでさわっていたので
肩までびしょ濡れになっていました・・・(^^;
e0033013_14555811.jpg





一通りまわって満喫したあとはテラスへ。
e0033013_1451214.jpg

4人で鬼ごっこしたのが今回一番楽しかった思い出みたい(笑)
魚の記憶はどこへ・・・




去年入院してたサツ。
元気になってよかったねー。
e0033013_14532454.jpg





長男のイツがいないのが残念だけど、思い切って遊びに行ってよかったわー(^^)
e0033013_14565839.jpg

うちのはるぼうとひよりんも大きくなったし、なにより旅慣れテーラーなので
これからは気軽に東京に行けそうです。
ひよりんが小学生ぐらいにあがったら、国立科学博物館に行きたいわー。




で、山梨へむけてサクッと帰宅・・・なはずが
16時42分に公園の駐車場を出る時、係のおじさんに
「近くで大きな火事が起きてるみたいだから気を付けて」と言われ、ふと空を見ると確かに黒い煙が!
首都高に上がると見たこともない規模の黒い煙がもくもく出ていて
家じゃなく工場が燃えてるのが一目両全の大規模火災でした。
それでも直後に出たせいか煙や混乱に巻き込まれることなく、
反対車線のほうが現場へ向かう消防車がひっきりなしでした。
観覧車も煙が流れてきて危険だから一時停止したらしい。
(新聞によると、火災発生は16時40分)

高井戸まではいつもの週末渋滞でのろのろだったけど
久々に東京の夜景をゆっくり見れてちょっとうれしかったな♪
冬は水色のスカイツリーのライトよりも、赤い東京タワーのほうが温かみがあってホッとするー(^^)
子供達も即爆睡だったので運転に集中できたし、
19時半に談合坂SAでラーメン食べてまったりー。
20時時ちょい過ぎに出発し、ふと思い立ってナビでテレビつけたら、地震速報が入ってびっくり。
千葉北西部で20時44分に震度4の地震があったのね。
その時走っていた勝沼辺りでは震度1~2ぐらいだったので全然気づかなかったわ。
いつも東京に遊びに行くとどこかに泊まるところを、今回日帰りの強行軍にしたり
葛西での火災(notダジャレ)といい、今回はうまいことトラブルを避ける形で帰宅できてラッキーでした。
うん、運ついてる(notダジャレ)
[PR]
by say-na | 2013-11-17 15:15 | おでかけ

電車の旅☆小淵沢へ☆

夏休みぐらいから「電車の旅がしたい!」と言っていたはるぼう。
山梨もようやく涼しくなってきたし、この3連休初日に決行することにしました!
e0033013_17573965.jpg

以前から小海線に興味があったけど、小淵沢駅での乗り継ぎがうまくいかなそうなので
目的地を小淵沢駅に設定して韮崎駅から出発!
はるぼうは3月に幼稚園のお友達とここから遠足に行ったので自分の庭のようにしていたが
ひよりんはやや緊張してた模様。



5駅しか乗らないけど所要時間は25分。
電車に乗り慣れない子供達は「まだ着かないのー?」と言って飽きていたなぁ(^^;
車だと続けて2時間は乗れるのにねぇ(笑)
e0033013_1811699.jpg




小淵沢駅の渡り廊下(?)にて。
e0033013_182459.jpg

バックにあるこういうポスターがまた旅の情緒を演出してくれます。
・・・って、5駅の旅だけど(笑)



小淵沢駅についてからの目的地は、花パークフィオーレ小淵沢。
やはりローカル地だと駅前に遊ぶ施設ってのが少ないんだけど
片道1.3kmなので、少々旅っぽく歩かせるのもいい経験かと思ってここを目指すことに。
調べたところ、入場料無料だし、広い公園内にレストラン、遊具、昆虫美術館というのもあるっていうしね。



道中は、陸橋の上から電車を見たり。
e0033013_183977.jpg




落ちている栗を触ったり拾ったり蹴飛ばしたり。
e0033013_1852230.jpg




「秋なのにたんぽぽ咲いてるねー」とお花摘みが始まったり。
e0033013_1855164.jpg




そしてそれを道祖神にお供えしたり。
e0033013_1864348.jpg




そんなこんなで20分で着く予定が40分かかり
子供達も「まだ着かないのー?」←道草くってるからだ!
とぐちぐち言い始めたところでフィオーレ小淵沢に到着。
e0033013_1871930.jpg




園内図。
e0033013_1884814.jpg




一応公園なので自由に歩き出す。
e0033013_1895242.jpg

昔は入園料を700円払うところが無料になったかわりに
なんとなく閑散とした雰囲気になっていた・・・
花パークだけど花が咲いていない!



とりあえずゲートの近くだけ咲いていた。
e0033013_18105029.jpg


ダリア?
e0033013_1811033.jpg





ちょっぴり残念だったレストランでお昼を済ませた後は、
昆虫美術館へ!
e0033013_1811441.jpg

中学生以上は400円だけど小6以下は無料なのでいいかも。
しかも美術館というので絵とか写真とかの展示物ばかりかと思ったら
ちゃんと標本が多く、意外としっかりしていた美術館。
ここ目的に遊びに来るのはありかも。




蝶の標本はオオムラサキセンターで見飽きた感があるけど
この夏セミの抜け殻を集めた者としてセミの標本を見るのは勉強になった!
e0033013_18135021.jpg




エゾゼミはやはりでかい。
顔も個性的。
e0033013_18145942.jpg

ニイニイゼミの抜け殻は小さいけど実物も本当に小さい。





館内を先に進んだはるぼうが「おかーさんこれすごいよー!」と呼んだので
「あら、このステンドグラス素敵ねぇ」なんて思いつつ進んだら」・・・
e0033013_1815568.jpg




全部蝶だー!
e0033013_18174462.jpg

e0033013_1818137.jpg



青好きとしてはたまりません。
e0033013_18181360.jpg




パソコンの壁紙にどうぞ(笑)
e0033013_1819569.jpg

ちなみに、1枚に16匹いてそれが縦9枚、横12枚あるので
計算したら1728匹!
皇室の方々が見に来た写真もありました。




2階にはカブトムシ、クワガタ、カマキリ、ナナフシといった昆虫の標本もあったけど
生きているカブトムシ、クワガタも展示されていました。
e0033013_18225784.jpg




やはり外せないヘラクレスオオカブト。
e0033013_18235387.jpg




クワガタならこれが一押し、ニジイロクワガタ。
e0033013_18245874.jpg





何気なく拾い集めていたいろんなまつぼっくりの名前が判明したので
記録がてら撮影。
e0033013_18255125.jpg




このお花の形のまつぼっくり、ヒマラヤスギと初めて知ったー。
お気に入りなのよね。
e0033013_1826232.jpg





その後、子供広場に引き寄せられ・・・
e0033013_18274098.jpg

あ、何かいる。




おー、カブトムシ!
e0033013_182811.jpg

安曇野のアルプス公園、韮崎中央公園でもこのピカピカのカブトムシ見たけど
こういう広々とした場所にあるのが似合うわよねー。




はるぼう制覇。
e0033013_1829257.jpg

ひよりんはあきらめた(笑)




秘密基地風な土管で遊んだり。
e0033013_18293292.jpg




滑り台で遊んで
e0033013_1830551.jpg




15時に帰路につくことに。
親子共にここまでで全力使い切った感があったので帰り歩けるか心配だったけど
はるぼうが「帰りは早く感じるー」と言うほど確かに近く早く感じた(^^)
e0033013_18311315.jpg

道端でコスモスがたくさん揺れていたり、稲穂が垂れているのをみると
本当に秋を感じます♪
はるぼうも初めて稲を触って「ここにお米が入っているんだー」と実感していたので
やっぱ車でスルーするだけじゃなく
歩いて見て触るって体験は子供時代に大事よねー。




帰りは下り道だったので行きでは気づかなかった田園風景がきれいでした。
e0033013_18333376.jpg





小淵沢ではちょうど電車到着5分前に到着したのでジュースを買ってすぐ乗車。
帰りはボックス席が取れたので、ジュースを飲みながらまさに電車の旅を満喫。
韮崎駅では駐車場近くでたい焼きとたこ焼きを買いおやつタイム。
そして車に乗ったら速攻爆睡の子供達(笑)
e0033013_18475838.jpg

普段は車移動ばっかりだけど、今日はたくさん歩いたもんねー。
ま、2人ともこうして落ちてくれると引率してがんばったかーちゃんもやりきった感があります♪


山梨の秋はあっという間に冬が来てしまい短いので
週末のたびいろんなところに連れて行ってあげたいな。
[PR]
by say-na | 2013-09-14 18:37 | おでかけ

21日日曜日は家族で北杜市長坂町にあるオオムラサキセンターに行きました。
長坂は北杜市でも南のほうにあるので家から1時間ぐらいで行けます。
夏は毎年ここに遊びに来るのが定番になったなぁ~。
e0033013_6184095.jpg

入口はオオムラサキ。




こんな里山の展示もあります。
e0033013_6192174.jpg





オオムラサキの生態暦。
e0033013_620980.jpg


メスは茶色、オスがきれいな紫色。
e0033013_621366.jpg

資料によると、1957年、日本昆虫学会40周年が開かれた際、
オオムラサキが国蝶に認定されたとか。
長坂町は全国1位のオオムラサキの生息地らしい。




こんなきれいな蝶もいた!
e0033013_62558.jpg

ペルー生息だって。




標本だけじゃなく、こうして引き出しの中にもいろんな虫や植物の展示がされています。
e0033013_626167.jpg





森林科学館のほうには夏限定のカブトムシ、クワガタの展示が!
e0033013_6271880.jpg

もちろん食いつくはるぼう。
ひよりんも見るのだけは興味あり。




ドームの周りが網で張り巡らせてあって中を自由に虫たちが生息できる
生態観察施設ではたくさんのオオムラサキやカブトムシがいました!
e0033013_6285486.jpg

オオムラサキは花の蜜よりも木の樹液を好むので
こうして木にわらわら集まっていると可憐な蝶、というより、虫!って感じがします(^^;
ひよりんは頭にオオムラサキが止まって号泣していました・・・
頭に止まるなんておいしいと思うんだけどなー(爆)
ひよりん、虫を異常に怖がるのよね・・・見るのはお兄ちゃんの影響で好きなんだけど。



施設の周りは自然公園になっていて、オオムラサキやカブトムシ、クワガタなど
たくさんの虫が見られます。
あ、でも捕まえて持ち帰るのはダメよー。
e0033013_6332583.jpg

ハンモックで寝るはるぼう。
でも意外と乗り降りが大変そうでした(笑)




はしごのブランコで思い切りこいで遊ぶひよりん。
e0033013_6353351.jpg

まさにアルプスの少女。




こんな天然の木を使ったシーソーもあり。
e0033013_6361780.jpg

自然たっぷりで入場料も安く(ここ重要)虫以外の楽しみ方もあるので
お子様連れの家族にはお勧めの施設でーす♪




おまけ。
初めてオオムラサキセンターに遊びに来た2011年8月。
ひよりん1歳11ヶ月、はるぼう年中組の4歳5ヶ月。
e0033013_6384023.jpg

確か夏休みの平日に思い立って私だけで子供2人を連れて行ったんだけど
けっこう楽しかったのよねー。



あれから2年、2人とも大きくなったわー。
e0033013_641639.jpg

その後はるぼうはお父さんと2人だけで行ったり
幼稚園のお泊り保育で行ったりと計5回は訪れているはず・・・(笑)



虫に興味を持つと昆虫図鑑で調べて知識の吸収をするようになったけど
実際に目で見て触れて感じて、ってのが一番いいよねー。
また機会があったら来てみようっと♪
[PR]
by say-na | 2013-07-24 06:45 | おでかけ

鳴沢と忍野へGO!

土曜日はお弁当を持って自転車を車に積んで公園へ♪
さて、日曜日はどこに行こうかな~。
下手にショッピングセンターとか行くとゲームとかでお金使いそうだしなぁ。
今週末も旦那は仕事で不在とはいえ、それを理由に遠出しないのもかわいそうよねー。
高速乗らない程度に、県内でプチ遠出でもするか♪
はるぼうに「オオムラサキセンターにでも行くー?でもまだカブトムシはいないと思うけど」
と、聞いたら「昔行った恐竜のいる博物館がいい。バイクのお祭りの時行ったとこ」
とのこと・・・あー、2年前の全国M集合場所になった道の駅なるさわのことかー!
涼しそうだし、梅雨の合間の晴れだし行っちゃおう!
軽食レストランがあったけど念のためおにぎり作って出発ー!


南アから行くにはR358で峠越えがあるけど、道はすいてたし
夏に向けて山の緑も濃くなってきていいドライブ日和。
精進湖まで45分、プラス15分の計1時間で道の駅なるさわに到着ー。
途中、10数台のバイクの集団とすれ違い、
ああー、今ってツーリングするにはいい季節よねぇ~、と目を細めつつ
子供達が「うわー、山ばかりだねー!」
「川が見えるー!」「ちょうちょが飛んでるー!」と車内で楽しそうにしてると
今は車メインでもいいかな♪と思えます(^^)



併設されているなるさわ富士山博物館の前で。
e0033013_9325829.jpg




イスみたいに座っている石、実は翡翠!
e0033013_938671.jpg

きれいな翠色だわぁー。




実は山梨は天然石の産地。
こんなでっかいのも展示されて触り放題よ~。
e0033013_9334132.jpg


e0033013_9361621.jpg




説明書きもあります。
e0033013_9363159.jpg





富士山博物館は入館料無料!
夏でも涼しいし、一見の価値あり!
入口すぐに展示してあった水晶。
e0033013_9393422.jpg

昇仙峡のあたりが確か水晶が採れるらしく
甲府は「宝石の街」なんて言われてます。




中は暗くてまずはでっかい恐竜がお出迎え。
e0033013_9405844.jpg

顔が動いて唸り声をあげています。
ひよりんは2年前と同様、おかーたん抱っこで肩に顔を伏せて見ないように通り過ぎます(^^;



ロッカーみたいなのがあって、説明書きの書いてあるドアを開けると
鳥や植物などが入っています。
こういうの、子供達は競って開けるよねー♪
e0033013_9422986.jpg




青い鳥のルリビタキ。
e0033013_9443100.jpg

瑠璃色がきれいです。



ちなみにこちらは福島県のマスコット、キビタン。
e0033013_9464660.jpg

黄色バージョンのキビタキが福島県の県鳥だからなのだが
福島県内を登山しまくっていた私でも出会ったことがありません・・・




しばし外を散策して・・・
e0033013_9483468.jpg

やはりレストランが激混みだったので、持参したおにぎりと買いだしたおやき、たい焼きをお昼代わりに食べ
まだ12時だしこのまま帰るのはもったいないからどうしようかなーと地図を眺める。
せっかくなので、ちょいと足を延ばして、道の駅富士吉田にある富士山レーダードームか、
忍野村の水族館に行くか、子供達に聞くと水族館がいいと言う。
まー、水族館のほうが単純に楽しめるか。
計器のボタンを見てわくわくするのはまだちょっと先よね(笑)





第2の目的地である忍野村の富士湧水の里水族館ははるぼうが2歳になるちょい前に来た以来、
約4年ぶり。ひよりんは初。はるぼうも覚えているわけないので初も同然♪
水族館自体が久しぶりなので子供達もわくわくしながら入場ー。
e0033013_9582078.jpg

この子供目線に水面があるのって個人的に好き。
陽の光りがキラキラしててきれいなのよね。




うわー、お魚いっぱーい。
e0033013_100196.jpg





この後ろにある丸い球体は水中カメラで
2階にあるハンドルで向きを変えながら水中を覗けるのだ♪
e0033013_1005619.jpg




山梨には海がないから珍しいよねー。
しかし、ここの水族館の特徴は「淡水魚のみの水族館」なのだ。
e0033013_102729.jpg

この大きな水槽は2重回遊水槽になっていて、
内側はヒメマスや鮎、ワカサギなど、
外側にはイトウやニジマス、ソウギョ、といった大型魚が泳ぎ、
うまいこと大小の魚が住み分けしているのです。




淡水魚専門の水族館だけあって、左側のような自然な作りの水槽が多いかな。
e0033013_1064244.jpg




「歌に出てくる魚たち」のコーナーもあって、童謡が流れています♪
そんなところも小さい子供がいる家族向け(^^)
e0033013_1073843.jpg




2階は学習コーナーっぽい感じで顕微鏡が置いてあったり、
魚の生態を知るコーナーもあります。
e0033013_1084793.jpg




入館したのは13時だったけど、14時に子供のえさやり体験ができるというので
勢いで予約したものの時間が余るので、日曜日開催という
貝殻工作体験に参加。
無料というのがステキ。
e0033013_10104870.jpg

貝は選ばせたものの、ボンドの代わりに使うなんとかガンってのが
熱~い糊が出るので、はるぼうは怯え、ひよりんは1回貝を手で押さえたらその熱さに嫌になり
結局おかーさんが汗だくになりながら2つとも工作。



水色の目がはるぼうカメさん、ピンクと紫の目がひよりんカメさん。
e0033013_10132119.jpg

いいお土産ができたね~。




そうこうしてるうちに餌やりの時間になったので集合。
予約制で20名までなので、話のネタに参加するのをお勧めします♪
3歳から12歳までだったかなー。
e0033013_10141965.jpg

餌を上から巻くと、水面に集まってきた魚たちがピチピチ激しく跳ねるので
かなり水しぶきが飛んでいました(笑)
思ってたより楽しいかもー。



水槽の下から見ても、魚たちがたくさん集まっているのがよくわかります。
e0033013_1016388.jpg

大漁だ大漁だー!



水族館を堪能し、外に出ると、隣は森の学習館や(こちらはスルー)、
遊具コーナーなどがあります。
e0033013_1017543.jpg






はるぼう、ひよりん、滑り台へまっしぐら(笑)
e0033013_10182119.jpg

わーい。




長い滑り台もあります。
e0033013_10185810.jpg

わーい。




忍野は富士山の麓だけあってこんこんと出る湧水がとても豊富です。
e0033013_10194641.jpg

e0033013_10195934.jpg

水のある風景ってなんてきれいなのでしょう。
忍野村は小さな村だけど、豊富な水資源をうまく観光に生かしているなぁと感じます。
忍野八海も趣きがあるしね。
でも水族館は県立となっております。




最初は他の子供達が遊ぶのを横目で見ていたが
とうとう我慢できず入ってしまったー!inじゃぶじゃぶ池。
e0033013_10254896.jpg

湧水を利用しているので本当に冷たい!




今年初の水遊びに大喜び。
e0033013_10272284.jpg




この岩に登る行為でお腹が濡れ。
e0033013_1028434.jpg




ズボンをまくったって、水面とお尻の位置が近いので下も全部水浸し。
e0033013_10283427.jpg

夏は常にタオルを持ち歩いてるがやはり正解。
車には常に2人分の着替え(Tシャツ、パンツ、ズボン)を積んでるけど本当正解。
これがあるからこそのびのびと水遊びをさせられるものだー。
駐車場まではびしょびしょのズボンで歩いてもらったけどね(笑)

水が冷たいのか「ぼく、もうやめておくー」と早めにあがったのははるぼう。
さすが小1。大人になってきたなー。
冷たさで足が真っ赤なのになかなかあがらないひよりん。
帰りはコンビニでおやつ休憩し、河口湖経由のR137で帰る途中爆睡してました(^^)




本日のお土産は水族館で作った貝のカメさんと
富士山博物館で買った天然石。
e0033013_10381633.jpg

ピンクはひよりん、水色と紫ははるぼう。
おかーさんもキラキラする石に魅かれましたがじっくり見させてくれなかったので諦めました(笑)




あと2年前もやった、博物館に置いてる大きなガチャガチャ。
恐竜がはいっているスーパーボールなのよねー。
普通のだったらやらせないが、はるぼうはこの2年ずっと恐竜好きなのでこれをやるのを前提に
お土産の石を2個まで、ひよりんは1個までにしたのでした。
この数の差は、一応我が家は兄弟の上を立てるようにしていることから。
e0033013_1037248.jpg

でもがちゃがちゃは平等に1回ずつね♪
水色はひよりん、緑ははるぼうが当てました。



今回は思い立っていったけど、やっぱりプチ遠出は勢いがないとできないわねー。
山梨は夏は暑すぎて外で遊びにくいってのがあるので
初夏のほどよい気候のうちに、いろんな場所へ連れ出してあげようと思ったのでした♪




しっかし、この日記の写真をサーッと眺めると
キビタンが圧倒的存在感だなぁ(笑)
[PR]
by say-na | 2013-06-10 10:40 | おでかけ

福島帰省で持ち帰った物の中に、私が七五三で着た着物があります。
e0033013_11261789.jpg

いやー懐かしい!
30年ぶりのご対面だわー。




この髪飾りも昭和の香りプンプン。
e0033013_11265691.jpg

昔は自分の髪の毛を伸ばして結い上げてもらってたもんね。
今は付け毛で簡単にセットできるけど(^^)




この紫色の着物は白孔雀が描かれていて
私も子供心にすごくきれいで誇らしげに着ていたのを覚えています。
帯も白孔雀だったのねー。
e0033013_11281526.jpg





3つ下の従妹と4つ下の妹が着てからはずっと誰も袖を通してないので
26年箪笥のこやしだったのかしら。
e0033013_11294056.jpg

e0033013_113323.jpg

ちょっと湿気のニオイがしたので、勢いで虫干し!
子供用着物は小さいから大人用より気軽に干してたたみやすいかも。




ついでに、母がもう使わないという着物用ショールを譲り受けた。
e0033013_11353339.jpg

箱からして昭和40年代の雰囲気かなーと思ったらビンゴ!
結婚する時に祖母から贈られたものらしい。
というと、41~42年前か。




H先生の店で見つけた青緑色のショールとまさに色違いみたい。
e0033013_1137986.jpg

着物には顔周りが華やかになるように赤が合うような気がするし、
青緑は洋服にも合わせられそうな気がします(^^)






ふふふ。
最後に、7歳の七五三(たぶん6歳で実施)の時の写真。
e0033013_11392895.jpg

あらかわいらしい~(笑)
私にもこんな時代があったのでした(^^)



ひよりん7歳の七五三にこの着物を着てもらうのが楽しみだなー。
[PR]
by say-na | 2013-04-03 11:42 | おでかけ

古道具 探花

先日いわきで寄った、高校時代の担任H先生が定年退職後開いたお店、
『古道具 探花』(たんか)。


昔は骨董品なんて古臭いだけで価値も味わいもわからず、
「食器や装飾品なんて100均で新しいものがなんでもそろうじゃん」
なんて思っていた時代もあったけど
(あ、今でも100均は好きで使いようだと思うけど)
主婦になって家にいる時間が増え、歳も重ねると
毎日手で触り、毎日眺めるものこそ
その場限りの安っぽいものよりも、本当に気に入ったものがほしいと思うようになった。
高級品がいいとかブランド品だから信用できるとかではなく、
無名品やハンドメイドでもいいから質がいいものね。



いざ、初入店~♪

300円ぐらいからの手頃な食器から、箪笥、引出し年代物の壺、土鍋・・・どころか
縄文土器までありましたー!
e0033013_23431614.jpg

2年前の震災の時、いわきは震度6強に見舞われたので割れてしまった物もあったとか・・・
ガムテープでガードしているのはその対策なのでしょう。




心踊るものたちばかり・・・どうやら私は「箱」が好きらしい。
ついいろんな箱をとって蓋を開けて見てしまいます。
工芸品では特に螺鈿(らでん)細工の物が好きです。
小名浜の砂浜でクロアワビの大きな貝殻を拾った時はウハウハだったわー。
螺鈿細工はアワビや夜光貝の内側のキラキラを使ったものなのです。



たまたま私が気になって手にとった、中は木製で外側は金属製の、
いっけんオルゴール箱のような装飾を施してある箱をH先生に聞いたら
「それは明治時代に作られたもので、明治は職人の技術が高いものが多いんだ。
見た目はきれいでかわいらしいが、値段はかわいらしくないぞ」
というので、中の値札を見たら、3諭吉・・・
落とさなくてよかったー!(笑)
素人からすると、古い=汚い、ボロ、なイメージだけど
なんでも機械や工場で一括製造の今の時代と違って
職人さんの技術によって1つ1つ作られ
100年経っても残り続けている物があるってすごいことだと感心してしまうのです。
自分が生きてきた人生・・・今だと37年間の重みがわかる分
長い年月を越えて来た物たちをとても愛しく思ってしまうのです。
「おお、よく今まで形を残してここに現れてきてくれたねぇ」みたいな。
なんか、母心?(笑)
その気になった箱というのは赤茶色の小物入れの左下にある、
こげ茶色で上に金色の装飾が見える箱です。
e0033013_23444110.jpg

別の記事で紹介したけど、箱にいっぱい入っている丸いのはとんぼ玉。
今マイブームのとんぼ玉が1個200円なので思わずお気に入りを選んでしまったわー♪




H先生は日本史の担当だったので、気になる食器や道具を見て気軽に質問しました。
私も高校の頃から日本史好きで点数もそこそこ取ってはいたんだけど
よく授業中居眠りしていたのでそれを理由に「5」のはずが「4」に下げられた苦い思い出があります(^^;
でも大学時代、東京の国立博物館で平安時代の本物の絵巻物を見て感動したことを報告したら
「ほう、そうかー!」と目を輝かしてくれたのを覚えてるわー(^^)
e0033013_23501652.jpg

2段目の右端の赤いお盆の上に載せてある、不思議な形の食器、
中にろうそくでも立てるのかと使い方を聞いたら、
「杯台」と言って、杯をのせて客に勧める台だそうな。
確かにお椀の蓋のような小さい杯にお酒を入れたものをスマートに人に渡すのって難しいもんね。
へー!!と古いものなのにかえって新鮮でした♪




ちょっと小上がりのスペースがあって、そこの左側には
中古の着物の帯や腰紐、着物をほどいた生地、ショールなどが置いてあります。
なんでも、「古道具」の看板を見て、着物関係も扱ってないか尋ねるお客さんが多かったので
取扱うことにしたらしい。
e0033013_23583582.jpg

明らかに着物に合わせるには古いけど柄がきれいな帯を見ていたら
こういうのは和ダンスの上にさりげなく掛けるといいんだーと教えてくれました。
確かに茶色の渋い和ダンスがいきなり華やかになった!
そういや、うちの母も古い着物をほどいてその生地でのれんを作ってたな。
やっぱりいい物は古くなってもいいのねー。
ちなみに食器や壺などはピンキリで高いものは高いけど
こちらの布関係はとっても良心的な価格でした♪
だって前記事でも紹介したけどベルベットのショールが300円だったもの。






数年前の年賀状で「古美術店始めました」と書いてあるのをみてから
歴史物好きな私としてはいつかお店を訪ねたいと思っていました。
そんな中、2年前の震災があり、H先生に米や水、食料といった支援物資を送ったら
後日倍返しのようにお礼の品をもらってしまったので
年齢のこともあるし、再会を先延ばしにはせず実現させようと思い切って連絡をとったのでした。
それが17年振りの再会につながったのです。
やっぱり、「いつか」「そのうち」と思っているだけじゃだめねー。
H先生、今回はありがとうございました!
たくさんお土産もいただいちゃいました!
また山梨のおいしいお酒持って顔出しに行きますね~。
e0033013_016125.jpg

骨董品を壊さないよう、子守り役の母と目の前の緑道公園で遊んでいた子供達。
はるぼうには「お母さんの高校生の時の先生だよ」と話しておいたので
緊張しつつも店内でもおとなしくしていました(^^)
「珍しいものがたくさんあったねー」と言っていたので
子供心にも壊しちゃいけないものがたくさんあるとわかったのね。
やっぱり我が子はできた子だー(笑)




お店の場所は
福島県いわき市平字中町18
文化センターから見て、遊歩道沿いの斜め右前にあります。
木曜日~日曜日の10時~18時まで
でも、たまにいない日もあるらしい(笑)


気になる方はお寄りください(^^)
既に昔の同級生から詳細求む声があったので、詳しく紹介してみました。
[PR]
by say-na | 2013-04-02 00:30 | おでかけ

福島土産 その1

昨日は10時15分にいわき市平を出て常磐道に乗り
東海PAで15分休憩、守谷SAでお昼ご飯を食べる為1時間休憩、
首都高はすいていた為スイスイ、
中央道もすいていた為スイスイで談合坂SAで30分ほど休憩した後
16時45分頃南アルプスの我が家へ帰宅しました。
所要時間6時間半ってとこか・・・
350kmとそんなに長い距離ではない(と思う自分が不思議(笑))
けど子供2人連れだとまめな休憩が必要な為やっぱり時間はとられるわねー。
でも半年前に乗り換えたH20年式のライフさんは前のH10年式のライフさんと違って
4速ATのせいか、高速域もぐんぐん回るいいエンジンで
初の高速運転も厳しくなかったのが発見でした!
平坦な道の多い常磐道は楽勝だったなー。
でも山道の多い中央道は登り坂がべた踏みでもなかなか加速せず
絶対追い越し車線には出ないようにしていたけど(^^;



行きの南ア~鬼怒川、会津、福島市行きの運転は全部旦那に任せたけど
帰りに全部自分で運転したおかげで軽でも子連れ帰省は可能なことがわかってよかったー。
これも子供達が3歳と6歳で手がかからなくなったおかげだけどね♪



旅の記録としてもう1つ、福島のお土産たち~♪
やはり福島といえば赤べこです(笑)
e0033013_186771.jpg

赤べこの扇子ははるぼう分、八重たんはひよりん分、
「ならぬことはならぬ」のしおりと赤べこマグネットは私用として鶴ヶ城で購入。
赤べこカスタネットストラップ、起き上がりこぼしは小名浜のららみゅうにて。
写真にないけど金の赤べこストラップははるぼう分、
ピンクの赤べこはひよりん分に母がららみゅうで買ってくれました。
貫禄のある張り子の赤べこは自宅にあったものだけど
はるぼうが気に入ったので母から譲っていただいた。
我が家の2階に長崎の張り子虎があるので
福島長崎張り子対決として並んで飾ってあります♪




おもちゃ編として・・・
e0033013_1814599.jpg

兄が滞在用の娯楽として用意してくれたビンゴマシーン(笑)
はるぼうブームのオセロもコンパクトなものを本屋で購入。
いわきではいろんな人と対決したねぇ~(^^)
お手玉はいわきにいる間だいぶ覚えましたー。
子供にはオセロやお手玉といった昔からの遊びの方が新鮮で心惹かれるみたいねー♪



リスポの陶器屋さんで買ったコーヒーカップ。
e0033013_18181824.jpg

ここの陶器屋さん、私が子供の頃からあったなぁー。
まず青緑色のカップに一目惚れし、旦那用にも色違いで購入。
コップや食器は昔100均ので充分と思っていたけど
最近、毎日使うものは持った時や口当たりがいい、
高級でなくてもいいから自分が満足できるものを持ちたいなぁと思うようになりました。
コーヒー好きの私は1日3回はコーヒーカップを使うので
これでおいしいコーヒーを飲みたいわ♪




H先生から子供のお土産にもらったダルマと招き猫のピッグ。
e0033013_1828571.jpg

子供2人で持つと棒の部分で戦いが始まりそうで危ないので
瓶にさして玄関に飾っておくことにします(^^)
招き猫のあげてる方の手にも意味があって
右手はお金を招く、左手は人を招く、という意味があるそうです。




H先生のお店、探花では骨董品のほかに、中古の帯や紐、着物の布、ショールなども置いてあって
これまた私の好きな青緑色のショールに一目惚れ。
e0033013_18324098.jpg

しかもなんと、300円ですよ!
3000円ではありませんっ。
新品ではないけど、ベルベッドの艶やかな手触りもよし。
そしてネットでちょいと調べたら普通は新品だと万単位、中古でも3000円以上はするのね。
他にも赤や薄ピンク、紫などありました♪




たくさんあったトンボ玉の中から選んだ3つ。
e0033013_18393858.jpg

自分で作ってみたいけどガラス細工はなかなか難しい分野だわー。





いっちゃんからもらったバリ土産のいわき土産(笑)
e0033013_18404059.jpg

なんでも新婚旅行で行ったバリで買ったお土産らしいけど
子供達も遊ばないしもう処分しようかと思ってたらしい。
そこにはるぼうが気に入って使っていたのでお土産に持たせてくれました♪
家でぽこぽこ叩いています♪



あ、あと写真はないが兄からアンパンマンの電動シャワーいただいた。
既にお風呂で遊んでびしょ濡れなので写真を撮る機会がありません(笑)




けっこういただいたお土産が多いなぁー。
みなさん、ありがとうございます!
[PR]
by say-na | 2013-04-01 18:42 | おでかけ