カテゴリ:マタニティLife( 44 )

☆臨月☆

とうとう昨日から臨月に突入しました!
臨月=いつ生まれてもおかしくない状態の最中、
昨日の早朝、静岡を震源地とした大きな地震が来て
南アもけっこう揺れたので緊張したなー。
結局こっちは震度4だったらしいけど、
余震に備えて寝室のドアを開けておいて、
入院道具は前日に全部用意してバックに入れておいたので
後で取りに戻ることはできるわよねーなんて考えつつ、
とりあえずは貴重品やはるぼうのオムツを入れたバックを配置しておいたけど、
その後何事もなくてよかった。
こんな時女って冷静なのねーと思っちゃいました。
でも、入院中とか、それこそ手術中に大きな地震が来たらどうしよう・・・!
だけど、なるようにしかならないわよね。


そして36週に入ったこともあり妊婦健診も週1になって
地震の興奮冷めやらぬ昨日の午前中、さっそく妊婦健診だったのでした。
子供の体重は2586g・・・1週間前から122gしか増えてなかったけど
そんなもん??
あと2週間後には生まれるんだからもうちょい増えてて欲しかったなぁ。
でも、私の体重は800g減ってたのでした。
そして入院日は8月25日~9月2日の8泊9日で、
手術日=出産予定日は8月26日と決まりました。
今から誕生日が決まってるのってなんか不思議。。。
入院日が長いので、自分のことより、かずぼう&はるぼうの父子2人生活が心配でしたが
千葉に住む義姉が甥っ子を連れて4泊5日も来てくれることになったので
食事面や身の回りの細かいこと含めて一安心です♪
はるぼうも甥っ子達が泊まりで来てくれてれば寂しくないだろうしね(^^)
退院日には福島から母が来てくれるので、
今回は親族に世話になりっぱなしですが、たぶん最後の出産になると思うので
お世話になっちゃいます☆



今日はご近所のきさらぎさんちにはるぼうと共に遊びに行かせてもらい、
はるぼうは追いかけっこやお風呂での水遊びにとても楽しそうでした♪
実は日曜の夜に家の中で走り回って転んだ拍子にこたつの角に口の上をぶつけてしまい、
パックリ切っちゃって小児救急に駆け込んで大変だったのよね(^^;
かなり出血しましたが縫わずに済んだので保育所をお休みして
お家の中でおとなしく過ごさせていたのですが、さすがにパワーが有り余ってきたので
久々にお友達と遊ぶことができてうれしそうでした。


そして夜はダンナが買ってきてくれた花火で中川家花火大会。
e0033013_23194044.jpg

はるぼうは花火ではしゃいでるおとーたんを見てウケてたような・・・(笑)



でも、去年はニコニコ、じーっと見てるだけだった手持ち花火も
今年は歓声を上げて見てたから反応の違いに成長を感じたな♪
e0033013_23212719.jpg

「また!また!」って言ってたから
またやりたいらしい(^^)



最後に、臨月を迎えた私の姿・・・。
お風呂上りなのでスッピン&髪ボサボサですんません。
(あ、ついでに部屋も散らかってるけど)
e0033013_23103486.jpg

自分からの目線ではわからなかったけど
横から見るとだいぶお腹も目立ってたのねーー。
どうりで足元が見えず、はるぼうが落としたおもちゃを踏んでは痛い思いをするわけです(笑)

次の火曜は心拍をモニターで見るNST、
そしてその次の火曜はとうとう入院なので、まだやり残してることをメモに書き出しておかなきゃ。
なんとなく、ダンナやはるぼうのことがどうしても気になるので、
新生児グッズのほうに手落ちがあるようなヨカーン。。。
[PR]
by say-na | 2009-08-12 23:24 | マタニティLife

とうとう35週!

今日で妊娠35週!来週には臨月!
そんなこともあって、今日の妊婦健診はダンナ同席の上、手術の説明がありました。
そういえば、前回含めて、ダンナが妊婦健診に同席するのは初めてかも。
世の中には毎回ダンナ様が付き添う方もいらっしゃるようですが
健診なんて10分もしないで終わるもんだし、
私はこだわらない方ですが、やっぱ手術の説明はちゃんと聞いてもらいたいから
なんとか仕事の都合をつけて同席してもらってよかったなー。
前回の緊急帝王切開では直前で説明を受けて
手術同意書にサインをして、即手術の準備、無事出産!だったから、
切ればちゃんと生まれて母体も程ほどに安全~、なんてどこかで思ってたけど、
改めて出血や血腫、寒栓症、腸閉塞、臓器損傷、感染症などの合併症の可能性や
輸血やもっと大きい病院への搬送、ということだって0ではないので
事前に手術の内容を理解したうえで、手術同意書にサインするのは大事よねー。

だって、手術予定日を3週間後の38週に設定してはいるけど、
はるぼうは38週で陣痛が来たから、手術予定日より前に陣痛か破水が来ちゃったら
予定日前でも即病院に行って手術を受けるようになるんだから、
もしダンナと連絡がつかなかったり不在でもすぐ手術できるように
同意書は早めに準備しておいたほうが懸命だ☆


さてさて、その後のベビ子の成長ですが、
35週0日にて、2464gでした!
低体重児が2500gなのを考えると、けっこう大きめだなぁー。
最近洗い物とか立ち仕事が辛くなってきたもんなぁ。
早めに出す分、少しでも順調に育ってくれてるほうが産後も安心だけど
早く出てこようと陣痛を起こすのだけはやめておくれよー(^^;
上の子を抱っこばかりしてるとお腹が張ったり早産になりがちですが
幸いながら、はるぼうはおかーたん抱っこはやや諦めてくれて、
横に寝ながらギュッと抱っこでOKになりました(^^)
その代わり、ダンナが帰ってくると即抱っこっこ~~です(笑)
入院中は毎日保育所だけど、がんばろうね~~。
[PR]
by say-na | 2009-08-04 22:52 | マタニティLife

9ヶ月(33w)健診

昨日は妊娠9ヶ月と1週間(33週)の妊婦健診でした。
ここのとこ体重増加があまりなく、
「やっぱ二人目の妊娠だと上の子と一緒に動くからカロリー消費されて
あまり太らないわ~~」
なんてお気楽に思っていたら、
前回の2週間前より1.2kgの増加・・・(--;
なんとなく、そんな予感はしてたのよね・・・
この1週間、ランチor夜は外食が多くて
特に日曜日の夜はとんかつ屋さんにて
ロースカツ&エビフライ定食なんて食べちゃったし。
だって、「ロースミックスフライ(エビ)」なんて書いてあれば、
ロース少々、エビ1本ぐらいかと思いきや
どーんとロースカツ1枚&でっかいエビ1本だったんだもーん。
・・・でもおいしかったからいいや♪


そしてベビ子の推定体重は2207g。
おー、とうとう2kg越えですよ。
お腹に1Lの牛乳パック2本分、もしくは1kgのお砂糖が2袋分の生命体が
入っているようなもんだ。
それに羊水、胎盤、ガードするためのお肉(これがかなりオーバー気味)
がくっついているんだから、そりゃー重いわよねぇ。
9ヶ月に入ってからどっと疲れやすくなったし、
胎動が激しい事もあって、夜寝つきが悪くなったし・・・
でもあと1ヶ月ちょいでお腹から出てくるのでもうちょいの辛抱。
そして今切迫早産とかなって入院になるのはとても困るので
手術予定日までおとなしく入っててもらいたいわ。


次回はまた2週間後の火曜日ですが、
35週に入ることもあって、とうとうダンナ同伴で手術の説明です。
前回の緊急帝王切開だと、陣痛がきてる中で、
手術の予備知識もないまま、ほかに選択余地もなく手術同意書にサインしてもらったけど
今回は前もって説明がされます。
一度経験して手術と術後の流れがわかってる分、
「なぜ私がこんなことになってるのー?」と動揺した前回と違い
少しは余裕を持って迎えられるかな。
今では一般的になった帝王切開ではありますが
脊髄麻酔のリスクや出血が止まらないリスク、傷跡の癒着のリスクなど
開腹手術だけあってそれなりのリスクはあります。
約12cm切って20針縫うもんねー。
でも、お腹の子を無事生むためには、
普通分娩にこだわり、陣痛のショックで前回の子宮の傷が裂ける(子宮破裂)よりは
予定帝王切開で出産したほうがトータル的に見てリスクが低いので
母は自分ができることを受け入れてがんばりますよ(^^)


最近、保育所の慣らしや、今のうちに甘えさせてあげようと
はるぼうにばかり目をかけてきましたが
そろそろ入院の荷造りをしておかなきゃーー。
問題は、ダンボールに閉まった新生児の衣類セットが
行方不明なことだ・・・・
[PR]
by say-na | 2009-07-22 23:32 | マタニティLife

2週間に1回の妊婦健診は、あっという間にやってくるなぁ~。
健診は一応記録として日記にアップするようにしてまーす。
たまにはるぼうの時と見比べて参考になるので。


土曜の夜に熱を出したはるぼうですが、
昨夜も38℃ぐらいの熱を出して、午前、午後2時間ずつ昼寝をしていました。
どうも夜になると体温が上がるみたいなのよねー。
でも、今朝は少々鼻水とくしゃみが出るようになったものの、
すっきりした感じだったので、予定通り午前に予約した妊婦健診へ一緒に行きました。

今回は早産マーカースクーリングがあるので
ちょいとドキドキだったけど、炎症細胞もなく、
子宮頚管長は33mmあったのでひとまず安心。
第2子の妊娠って、どうしても上の子を抱っこすることが多いから
切迫早産になる人が多いらしい。
あと1ヶ月3週間、おとなしくお腹に入っていておくれ。
体重増加も前回から0.2kgしか増えてなかったけど、
ベビ子は1899gとだいぶ大きくなってた!
やや大きめなのははるぼうの時と同じ。
不思議なことに、同じ週数で同じぐらいの重さにずっと育ってきてます。
でも自分の体重は前回より2kgぐらい軽いのは
夏なのと、はるぼうに連れまわされてるからだなーー。
ベビ子はあと1kgは増えるだろうから、
自分の体重もそれぐらいに抑えておきたいものだぁ。



夕方には小児科へ。
保育所でプールに入るために、検便とぎょう虫の検査を受けたんだけど
その結果を聞きに予約していたのだ・・・
けど、ちょうど熱も出ちゃったことだし、診察をば。
熱も下がってきてることだし、鼻水や咳も出てきてるから風邪でしょう、との診断を受け
抗生物質は使わず、鼻水と咳止めの薬だけ出してもらいました。

ついでに手の湿疹も診てもらうことに。
4月ぐらいからずっと手の甲とたまに腕に湿疹が出て掻いてしまう。
弱いステロイドの塗り薬を出してもらってるけど
治ったかと思って塗らないとまた再発するし。。。
耳の下もよく割れるから、アトピーの気があるのかなぁーなんて思ってるんだけどね。
先生にも聞いたら、やはり卵アレルギーの子は結局アレルギー体質だから
アトピーになる要素は持っているそうだ。
とりあえず、アレルギーがひどくなると引き起こしそうな気がするから
チョコとか添加物系は比較的与えないようにしなくちゃな。



・・・と、母子そろっての病院通いの日になったのでした。
明日は一時保育の予定だったけど、大事をとって休んでおこう。
これで頻繁に通うようになったら、病気の移し合いの日々になるんだろうけどね(^^;
[PR]
by say-na | 2009-07-06 23:39 | マタニティLife

8ヶ月妊婦健診と再会。

月曜日は妊婦健診でした。
29週、8ヶ月に入ったこともあり、お腹もだいぶ大きくなって、
特に胎動が激しくて困ります(^^;
昼間何をしててもボコボコ動いてるからなぁーー。

今回は貧血検査を受けたけど特に問題なし。
一人目の時より栄養とかカフェインとかあまり気を遣ってないけど
その分たくましい子が生まれるのかしらー。

自分の体重はすでに7kg増えてしまいましたが
お腹の子の体重も1462gとやや大きめ。
予定帝王切開における出産予定日は8月26日とされました。
一応40週での予定日は9月8日なので約2週間早めに出します。
でもはるぼうも38週で3315gと立派に生まれたので
今後の成長の具合によっては予定日が早まるかもなーー。
手術予定日より早く陣痛が来ても困るし、
かといって早く出しすぎて小さくて弱い子が生まれても困るし、難しいところよね・・・



ところで、診察の時は医者によるエコーの前に
助産師さんに呼ばれて子宮底長や腹囲を測るのですが
今回の担当者は、はるぼうを出産した時に立ち会ってくれた助産師さんでした!
今までの診察でお会いしたことがなかったので
まさに2年3ヶ月ぶりの再会!
呼ばれて顔を見合わせた瞬間、お互い「あ!!」と言って、
でも、相手は覚えてないだろうなぁーーとちょっと思ったら
横にいたはるぼうを見て、
「あらー!覚えてますかー?この子ですよねー。大きくなりましたねー。」
と覚えててくれました(^^)
私にとっては入院中お世話になった助産師さんとはいえ、
相手からすればこの2年たくさんの妊婦さんを扱ってきただろうに、
よく覚えててくれたものだ!
やっぱ緊急帝王切開になったから印象的だったのかなぁ~と思いきや、
「あの時・・・土曜日の出産でしたよね」とまず言われたので
そう来たかぁーー!と少しかわされた気持ちでした(笑)

この方、私が陣痛が来てる最中、はるぼうの心拍が弱くなってきて
医者の判断により緊急帝王切開に切り替えよう、となった時、
麻酔医が到着するまでの間私の身の回りとかいろいろ準備してくれたのはいいんだけど
「あらあら」「あーー」とバタバタしてる感じでなんとなく天然だなぁーと
私のほうが冷静に見てたんだけど、実は病棟の助産師長さんだったことを
今回知ったのでした(^^;
はるぼうがお腹の中から取り出されてきれいになった後、
「無事生まれましたよー」と腕に抱かせてくれて、
はるぼうのぬくもりに「命って温かいんだ・・・」と感涙したなぁー。
2日目にトイレに歩く練習をしようと、その助産師さんの介助を受けてベットから起きたら
体内に残ってた血が降りてきたのかベットが血の海になった時は
おっとりした感じで後片付けしてくれたので私も気を遣わずにすんで
本当お世話になったなぁーー。
その時、上下血まみれになったパジャマをダンナが手洗いしてくれたのも感謝だわ。
看護師さんも私が授乳室でうまく与えることができず、ちょっと困った顔してたら
さっと横に来てくれてフォローしてくれたから
初めての出産でも不安なく入院できたものだ・・・



今回の助産師さんとの再会で、ふと、はるぼうの出産の時を思い出して
あと2ヵ月後に迫る2回目の出産が楽しみでもあり、
気が引き締まったのでした。
[PR]
by say-na | 2009-06-23 13:40 | マタニティLife

パパママ学級。

14日日曜日は家族3人で市の母親教室の1つ、
パパママ学級に参加しました。
はるぼうの時はダンナが友達の結婚式で不在だったので
私1人で参加したところ、ダンナ同伴なしだったのが私含めてたったの2人!
なんとなく母子家庭のような気の遣われ方をされたような・・・(^^;
でもダンナに妊婦体験をさせてあげられるということで、
2番目ができたら今度は絶対連れてこようと目論んでたのでした(笑)


さて、会場に到着してさっそくダンナの妊婦体験です。
胸とお腹に重りが入ってて、10kgと12kgのがあるんだけど
ダンナは12kgをチョイス。
はるぼうの時私は体重が12kg増えたから、まさに一気に臨月体験だわね(笑)
その姿のまま、掃除機がけ、ゴミ出し、足の爪切り、
はるぼうの抱っこもしてもらいました(^^)
「思ったより大変だぁ~~」
と言っていたので、今後妊婦の奥様をいたわってくれるに違いないっ!




ちなみにこんなやつね。
ネットから拾ってみた。
e0033013_12573293.jpg

「妊婦体験ジャケット」というらしい。
”妊婦の生活や行動を体験し、妊婦に対して理解を深める。”
ことが目的らしいので、興味がある男性の方、機会があればぜひ!!





後半は、生後5~7ヶ月の子供を連れた
3組の現役パパママさんが登場して、
それぞれのグループごとに妊娠中の様子や産後のことなどお話してくれました。
おもに初産を迎える夫婦の参加が多かったので
素朴な疑問とか質問してたんだけど、
私は経産婦ということで、保健師さんに経験談を聞かれることが多く、
産後の心身のバランスとか、母乳の出具合とか、子供との生活とか
逆に話を披露することになっちゃったわ。
でも、さすがに2年以上経ってると忘れてることが多くて、
「そういえば、産後すぐは母乳の出が悪くて悩んだなぁ~」とか
「夜何度も起きて授乳やオムツ換えとかよくやってたなぁ~」と
久々に思い出して新鮮でした☆
はるぼうは途中飽きてきて、私と一緒に場を離れてお散歩とかしてたけど、
その間きっとダンナは熱心に勉強してたに違いない!
・・・と信じておきましょう(笑)
二人目って、一人目出産の時以上にダンナの協力が必要だもんねー。



パパママ学級に参加した記念写真も撮ってくれました。
e0033013_12402371.jpg

南ア市もいろいろやってくれるもんだなぁ~。
この写真は次の子の母子手帳に挟んでおいて、記念にしたいと思います♪
[PR]
by say-na | 2009-06-16 12:52 | マタニティLife

月曜日は私の妊婦健診でした。
7ヶ月半の27週で、胎児の体重は1109g。
はるぼうの時よりやや軽いけど標準かな。
体重増加もさほどなく、あっという間に健診は終了~。
一人目の時って毎回緊張して、「あれ、こんな簡単に終わっていいの?」
って思ってたけど、二人目だと上の子を待たせてるから
早く終わってくれるに越したことないです。
意外とはるぼうも待合室や診察室の中でおとなしくしてるので、
私がエコーしてもらってる間も
「おかーたんお腹モシモシしてもらってるからねー」
「赤ちゃん大きくなったかなー」と話しかけて、
できるだけ一緒に赤ちゃんの成長を感じさせようと思っております(^^)
健診で病院に来るのに慣れておけば、
私が出産で入院中も理解しやすいかな~なんて。
帝王切開だと8日間入院だもんね。

週末はダンナと家族3人で保育所で使うコップや食器など買出ししつつ、
一時保育も23日(火)から正式に予約を入れて、
着々と準備を進めているのでした。
[PR]
by say-na | 2009-06-10 13:30 | マタニティLife

とうとう7ヶ月目。

明日で妊娠7ヶ月目に突入します。
やっぱはるぼうの時より日にちが経つのが早い気がするなぁ~~。
もう3ヶ月後にはお腹の子が生まれてきちゃうわけですよ。
6ヶ月からいきなりお腹が大きくなって胎動も激しい子なので
妊婦をやっと実感するようになったばかりなのにねぇ~。

今日はちょうど妊婦健診でした。
明日で25週ですが、子供の予想体重は956g。
おお、もう約1kgあるのね~。
牛乳1L、もしくは砂糖1kgとともに羊水や胎盤がお腹に入ってると思えば、
現在の体重増加もしかたないわよね(爆)
あ、それでも今回は一度も体重増加については注意されてませんが
すでに6kg増えています(^^;
前回はつわりでげっそりして、安定期以降に一気に増加して注意されたけど
今回は食べづわりの為、割と早めに、かつ定期的に増えていったのよねーー。
ただ、今に来て大きくなったお腹に圧迫されてか、
一度に食べられる量が減ったので
この1ヶ月は思ったより体重増加には繋がってないようです・・・・
ダンナには「パクパク食べてるように見えるけどなぁ~」と言われたけど、
影で食べていたおやつの量が、以前はもっと大量だったことは内緒だ(笑)


とりあえず、心配事項もなく、心臓も元気に動いていて無事健診を終えました♪
e0033013_2245031.jpg

上を向いているのがわかるかな~?
左の横顔と左手らしきものも見えます。


ちなみにみんなが気になっている性別は・・・



女の子ということが判明しました(*^ー^*)


実は2週間前の健診で「女の子の印象を受けるね~」と言われたので
直接会ったママさんや友達には話していたのですが
2回目の今回も女の子と言われたので公表してしまおうかと☆


はるぼうに夜絵本を読んでる時だけじゃなく、
はるぼうと公園で遊んでる時でも
胎動で激しく自分をアピールしてくるので
母に似たじゃじゃ馬になりそうです(^^;
[PR]
by say-na | 2009-05-25 22:43 | マタニティLife

トコちゃん。

今日で第2子も妊娠14週2日目を迎え、
1ヶ月ぶりの妊婦健診でした。

そろそろ胎盤は完成するみたいだけど
それまでは薬とかカフェインは気をつけなくちゃなー。
花粉症はピークを迎え、夜中も鼻が詰まって起きるほど苦しいですが
もう少し経てば薬もOKかな。。。
でも、今日健診にいった時、相談してみよう!
と、思いつつ、最近気になってた腰痛について相談してみました。

まだお腹も大きくないのに、1週間前ぐらいから夜になると
疲労がたまってか腰が痛くなるのよね。
今からこんなんじゃ、お腹が大きくなったらどうなるの?!!
やっぱ経産婦だからかなぁ~~。
放っておいてよくなるもんじゃないし・・・と兼ねてから気になっていた
トコちゃんベルトを聞いてみた。
ガードルや腹帯と違って、骨盤を締めるベルトみたいなやつね。
看護師さんが着け方や注意点、腰痛の原因を
30分近くに渡って丁寧に説明してくれました。
妊娠すると、胎盤のもととなる組織から、
大量のリラキシンというホルモンが分泌され
骨盤の中にある骨と骨を結び付けている靭帯を
出産までの9ヶ月に渡って緩め、
骨盤も序々に広がっていくそうな。
だからお腹が大きくない初期から腰痛が始まってもおかしくないわけで
特に妊娠、出産を経験している経産婦さんは骨盤が歪んでいたり、
上の子を抱っこする機会が多いから腰に負担がかかりやすくて
1回目の妊娠よりも腰痛がひどくなる場合が多いそうです。
私は前回帝王切開だったので、産後手術の傷跡が痛くて
骨盤をしめることも、腹帯をして引き締めるケアをしなかったのも
今骨盤に歪みがある原因のような気がするなぁ・・・

トコちゃんベルトには恥骨痛に効果のあるⅠと
腰痛、尾骨に効果のあるⅡがあって、
装着感にはそんなに差がなかったけど、
使いやすさと、産後、マジックテープの位置が傷跡にふれないことを考慮して
Ⅱタイプを購入することにしました。
正直、安い買い物ではないけど、その分腰痛がひどくなってから買って
短期間しか使わないよりは、
早めに買って長く使ったほうが効果も上がるもんね♪



お買い上げ~~。
e0033013_23124096.jpg



Ⅱの装着方法。
e0033013_2313922.jpg

こんな感じに、ガードルや腹帯とは違って、
お腹のある正面は細いベルト上で、お腹の下に当たる骨盤を締めるのが特徴。



説明は30分と長かったけど、
ベットで横になって説明を聞いたり、ベルトを装着してもらってる間も
はるぼうはおとなしくベットの上で遊んでました。
あやうくナースコールのボタンを押しそうになってましたが(^^;
どうやら、はるぼうは見知らぬ大人の前では借りてきた猫のように
おとなしくなるみたいだ。
お腹のエコーしてる時もベットの遠くからこっちをガン見してるだけで
何も騒がなかったしね・・・・たぶん見慣れない光景に緊張していたのだろうな。
はるぼうも段々重くなってきて、腰に負担がかかりそうだけど
このトコちゃんベルトで少しは改善できるといいな♪
[PR]
by say-na | 2009-03-12 23:13 | マタニティLife

誕生。

e0033013_1991712.jpg

本日11時52分、
3315gの元気な男児が誕生しました。

朝3時に腹痛で目が覚める。
尿意かと思ったがその後も腹痛で目が覚める。
5時ぐらいに、出血と陣痛らしきものが来た。
出血のパターンは予想してなかったので
焦りつつも本で症状と対応を調べる。
陣痛の間隔を測り、7時半に産婦人科に電話。
9時に入院セットを持参して診察、
NSTで子供の心拍と子宮収縮を1時間ほど観察。
へその緒が圧迫かなんかされたらしく、
子供の心拍も弱ってきたので、
緊急で帝王切開になりました。

麻酔の脊髄注射が死ぬほど痛くて泣く。
いざオペに入るとあっという間で
元気な産声を聞いて自然と涙がこぼれる。
全部処置も終わり、ダンナが手術室に入ってきたのを見たら、
ふと緊張の糸がほぐれたのか号泣。
おかげで3人の記念写真は私だけ涙と鼻水まみれ。

お腹を開腹してみたところ
すでに羊水が濁っていたとのことなので
赤ちゃんが苦しくて便をしてしまっていたようです。
帝王切開の決断をするのに少し躊躇があったけど
自然分娩を待っていたら手遅れになったかもしれないので
子供の命優先で切ってよかったです。

予定より2週間早かったけど
母子共に無事です。
[PR]
by say-na | 2007-03-10 19:09 | マタニティLife