ぬいぐるみの修理。

9年物のぶたのぬいぐるみ(元は抱き枕)のぶーたん。
はるぼうは生まれた時から自分のそばにあるぶーたんが宝物。
近くにあると落ち着くらしい。
もう小2なんだけどまぁ1つくらいそういうものがあってもいいと思っています♪
生地が薄いだけあって穴があきやすく、そのたびフェルト地でつぎはぎに縫っていったんだけど、
フェルトにも当たりはずれがあって古くなったり濡れると縮んで縫った跡が糸で引っ張られて
よけい穴が大きくなったりしたのよねー。
そんなわけで思い立った昨日、手芸屋さんで布を買ってきました。
素材に迷ったけど、ぶーたんを枕にしたり、そっと涙を拭くことがあるはるぼうの為に、
肌心地のいいダブルガーゼ素材をチョイス。色もブタっぽいのがあった(笑)
今日はメジャーをぶーたんにあてて採寸(笑)、布の裁断、アイロン掛け。
あとはミシンで布の端を処理して、
手縫いでぶーたんに新しい布を縫い付けていきましたー。


<補修前>
もうお顔もぼろぼろブー。
e0033013_13553062.jpg




背中は生地が薄くなりやすいので穴が一番多い場所。
この上にまた大きなフェルトをかぶせて縫い付けてたけど、これを機に古いフェルトは全部はがして
新しい布を縫い付けることにしました。
e0033013_13555099.jpg






<補修後>
e0033013_1414349.jpg

なんか、糸を針で通してる時は、皮膚移植手術を執刀している医者の気分だったわ。



背中一面、大きいサイズで覆うようにしました。
e0033013_142331.jpg

布は一度水を通してアイロンかけてから裁断したので、これ以上縮まないと思うんだけど
使ってるうちにできるだけ糸が引っ張られないよう、ぶーたんを伸ばしながら縫いました(笑)



勢いと軽い気持ちで取り掛かったのに、全部の工程で2時間かかってしまった・・・
e0033013_1425537.jpg

しっかし、このまま手術を続けていくと、肌色のぶーたんがピンク色のぶーたんになってしまう気がする・・・
[PR]
by say-na | 2014-09-05 14:04 | ハンドメイド

リメイク:古着編

去年辺りから古着屋さんに行くのがマイブームな私。
昔は古着屋といえばビンテージだのブランド品だのが並んでるものだったけど
アレルギー持ちの私としては古着特有のにおいでくしゃみ連発したり
いくらブランド物でも色あせてるんじゃ新品のファストファッションのほうがマシ、と思って
全然近寄りませんでした(^^;
でも、最近の古着屋さんは敷居も低いし、未使用品があったり、商品の回転も速いから
何日かに1回覗くとたまに掘り出しものがあったりするのよねー。
私が愛用している店は2つあって、どちらも1着300円代で買えます。
この歳になるとちょっと流行のものがほしくても高いもの買うには勇気がいるし
でも安っぽいものは着れない・・・
そしてワンシーズン着れればOKかなぁと割り切ると
2,3回洗濯すると首が伸びるファストファッションの服(笑)よりも
元値はしっかりしてる古着のほうが良かったりする。
一応こだわりとして買ってきたら着る前に洗濯してアイロンかけてから着るようにしてます。

そして最近はタンスの整理をするべく2年着てない服は処分のカテゴリーにわけ、
その中でも程度がいいものは古着屋さんに売ることも覚えた・・・!
買い取り価格はものすごーく安いけどね。
へたすりゃ5着まとめて50円とか。
20代の頃着てたスーツなんて、型が昔なので価格がつかない、と0円でした。
家にあっても着ないから引き取ってもらったけど。
でもたまに1着200円で買い取りもあったりする。
金額が低い時は、たまに店内で使える300円ぐらいの金券と交換してもらえることもあります。
なので、近場に出かけるついでに出せばいいから捨てるよりはましかな。



そんな中で、何着かまとめて売りに出した後、もらった金券300円で購入したスカート。
青系のペイズリー柄で一目惚れ。
e0033013_10422358.jpg

もうね、日常でスカートなんて履かないんだけど、去年の夏猛暑だったから
ズボンよりスカートのほうが涼しい!と今更ながら気づいたのよ(笑)



しかし、試着した時から気づいていた・・・
裏地がボロッボロであります!
e0033013_1045498.jpg

でもそこは、リメイクがブームの私がなんとかしてやりましょう!



サイドがどうしてこうなった?と突っ込みたいぐらい破けてるので
まずほつれた糸をハサミで切り取り、端をミシンで縫っていきます。
e0033013_10472388.jpg

正直、細くなりすぎて履けなくなったらどうしようかと思ったけど(笑)



普段は布の端がほつれないように、「裁ち目かがり」をかけるんだけど
この布特製のほつれやすさがあるので、
裁縫箱の奥で余っていたバイヤステープではさみこみ、またミシンがけ。
e0033013_1047342.jpg

これで見た目もきれいだし、丈夫になった!




両サイドともこの方法で修復しました。
e0033013_10505061.jpg





ついでに、後ろ側の真ん中も裂けそうになっていたので
違うタイプのバイヤステープを縫い付け、補強。
e0033013_10512541.jpg

これででかいオナラが出ても破れることはありません(笑)




そんなわけで、古着スカートのリメイク完成ー!
でも、形を変えたわけじゃないから、リメイクというより、完全な補修だわね(^^;

いざ試着してみると・・・スカート自体は裏地が直って履き心地はいいんだけど、
ウエストがやたらでかくて腰履きになるの・・・
色あせたサイズ表示を見ると「ウエスト80」!
さすがの私でもそこまで追い付きません(爆)
あまり腰履きにするとスカートの丈がふくらはぎの真ん中の超絶太いところになってしまうので、
裾を裁断し、つめるか、ウエストのホックの位置を調整するか(でもラインが崩れそう)
再びリメイクの必要性がありそうです。。。
[PR]
by say-na | 2014-06-23 10:59 | ハンドメイド

リメイク・ソファー編

我が家にある10年もののボロボロソファー。
e0033013_22474884.jpg



上から見てもボロッボロ・・・
e0033013_22481140.jpg



既にリビングから撤退し2階に置いてあるのでボロボロでも気にせず放置。
先日粗大ごみの日があったので、とうとう捨ててしまうかーと思ったけど
たまに子供達と2階で遊ぶ時に使っているし、その為に新しく買うのもなんかもったいない。
それなら子供の勉強机&イスのほうが優先順位高いし。

そんなわけで、ダメ元でソファーをリメイクすることにした。


この場合、「家具」の部類に入るのでリメイクというより、本格的な修理である。
職人気分で取り掛かる。



直すべきものは、ソファーのカバー。
その為に布をわざわざ買うと面積ばかり広いので本体価格より高くなってしまう恐れがある。
それじゃーダメ元リメイクの意味がなーい。
周りのものを見渡しているうちに目に入ったのがちょうど不要になったばかりのカーテン。
幅100丈140なのでやや面積が足りないけど、主要部分ならこれでいけるかも。
まず洗濯し、生地として四角の形にする為、
リッパーでカーテンフック部分のギャザーと二つ折り部分の糸をほどいていく。
e0033013_2249379.jpg

結局裾の三つ折り部分もほどいて、丈を長く取る為にギリギリの位置で三つ折りし直しミシンがけ。



カーテンが生地に生まれ変わったところで、ソファーに縫い付けていきますよー。
そう、生地が底にまで回る余裕がないので直接手縫いで本体に縫い付けることにした。
中心と数か所を待ち針で止め、まず背もたれ部分を縫っていき、徐々に座る部分、手すり部分、底、など
外に広げていく感じで縫っていく・・・
いやー、最近子供の入園グッズ作りとかはしてたけど
まさかソファーを手縫いするようになるとは思わなかったわ(笑)
縫い目は粗いが丈夫さ重視でがんがん針を通していく。



ジャーン、出来上がりー!


e0033013_2258185.jpg

どう?若草色が部屋になじんでいい感じ♪



後ろ側。
e0033013_22591576.jpg

しょせん、立体裁断はしてないので、余った部分は強引に折って縫っています(^^;



しかし、やっぱり脇の部分が足りなくて、中のボロボロ部分が見えてしまう場所は
手持ちの余ってる布を付けたしました。
e0033013_2302465.jpg




上で使った黒い布が余ってたらよかったんだけど、もうなかったので紺のギンガムで(笑)
e0033013_2303442.jpg





子供たちが幼稚園や小学校に行ってる時間にちょこちょこを作業しましたが3日間でできた。
構想は何年も経ってたのに(笑)
こういう大物は腰をあげるまでが時間かかりますな。
でも、これで子供部屋にお客さんが来ても子供達も恥ずかしい思いはしないことでしょう。
ひよりんなんて生まれた頃からこのソファーがボロボロだったからきれいな姿を知らないけどね(笑)
[PR]
by say-na | 2014-06-13 23:03 | ハンドメイド

リメイク

ひよりんにとママ友からもらったオーバーオールのおさがり。

柄はかわいくてぜひ着せたかったんだけど、ひよりん、トイレの時に戸惑いそう(^-^;
でもタンスの肥やしはモッタイナイ。
e0033013_12234982.jpg




ってわけで、セパレーツ型にリメイクしちゃいました!
思い切ってハサミ入れようと思ったけど、
まず縫い目をリッパーで丁寧にミシン糸を切っていく作業を2周したらきれいに上下に分かれた。
1枚の布で仕立ててたわけじゃないのね。
まず半ズボン部分のウエストを縫い、
上は裾を端ミシンした後、二つ折りして家にあったレースと一緒に縫い付けてみた。
e0033013_12234979.jpg



まぁまぁかわいい出来じゃなーい?

ただ、最近肉厚になってきたひよりんはお腹が出そうなので
中にTシャツ必須の重ね着スタイルになりそうです(笑)
[PR]
by say-na | 2014-03-14 12:23 | ハンドメイド

ちょっと前になりますが、ひよりんのピアニカケースを作りました♪
3年前に作ったはるぼうのピアニカケースは出しいれしやすいようにやや横を長く作ったら
逆に余裕がありすぎて滑り落ちそうな感じだったので、
今回はぴったりサイズで作ってみました。
e0033013_11553486.jpg

e0033013_11575339.jpg

小学生まで使うので、キャラ物ではなく、水玉で。
このランダムに並ぶ赤ベースの水玉模様、かわいいよねー。
女の子は布選びが楽しいです♪



でも、裏地を付け、袋縫いをしたことで、だんだんサイズが小さくなり、
横幅57cmぐらいで裁断したのが、出来上がり寸法52cmで
幼稚園で購入したピアニカがギリギリ入れる仕上がりになってしまいました(^^;
e0033013_11552041.jpg

スズキ製なので正式名称は「メロディオン」。ヤマハ製が「ピアニカ」。
メロディオンのほうがサイズは大きいようです。



そして、ネットで作り方をチェックしたけど、唯一心配だったのが持ち手の長さ。
「35cm」と書いてあったけど、ひよりんには長いんじゃ・・・と思いつつ作り上げたらやっぱり長くて
持つと地面に着いてしまう!
小1のはるぼうでもギリギリな感じ。
仕方ないので持ち手の途中を3つ折りして縫い、また縫い目を隠すために
余ってた水玉の布を縫い付け、こんな感じになってしまいました・・・
e0033013_11573963.jpg

やっぱ、自分の子の体格に合わせて作らなきゃーダメねぇ。






そして、妹の姪っ子Mちゃんが今春小学校入学なので、入学祝いとして手提げバッグと上履き入れを作ってあげました。
去年はその1つ上のSちゃんが入学ってことで同じように作ってあげたから
姉妹で作ってもらった子と作ってもらってない子の差ができたらちょっとかわいそうだからねぇ。
e0033013_1225567.jpg

Sちゃんの時も猫柄だったからデジャブだ・・・(笑)




ただ、この猫柄、一方向に向いてるので、本当は底に輪を作りたいところをわざわざ裁断し、
縫い目が見えないようにあえて外側に縫って縫い代を水玉の布で隠したところが
自分なりにグッジョブなところだわ(笑)
e0033013_1243346.jpg

ミシンを使うようになって4年・・・使わない時期もあるけど
まぁそれなりにうまくなったもんだ。




あと、一番上のI君とSちゃんにも巾着の1つでも作ってあげようかとリクエストを妹に聞いたら
2年生になると図工バッグなるものを使うので、それを作ってほしいと・・・
お、大物が来たな・・・でも甥っ子姪っ子に作ってあげるなんてこれで最後だろうな。
よろしい、ならば作ってあげようかと。
去年もこのパターンで体操袋、ランチョンマットが増えたんだった(笑)



ジャーン!
左から今小4のI君、小1のSちゃん、そしてすぐには使わないだろうけどMちゃんにも。
e0033013_12101842.jpg

どれも家に残ってた生地を使ったけど、まぁまぁうまく作れたもんだ。
サイズはA4ぐらいです。




実はSちゃんだけ内ポケット付き。
e0033013_12142054.jpg

一番先に作ったSちゃんは内ポケットだけのタイプだったんだけど
兄と妹が表面にポケットがあって自分だけないデザインってのも3人兄妹として寂しいかと思い、
端をミシンで処理した布を出来上がったバッグに手縫いでポケットとしてつけてあげたのでした。


さ、これでしばらくミシンはまたお休みかな~♪


でもひよりんがMちゃんの猫柄見て「私もねこちゃんのバッグほしい~」と言い出したので
何か作ってあげなくちゃな(^^;
[PR]
by say-na | 2014-02-25 12:21 | ハンドメイド

山梨は連日猛暑!
昨日までの甲府は38.7度、勝沼は39.2度を記録し、
全国の1位と2位は山梨の甲府盆地内が独占しています!
沖縄より暑いってどういうことよー・・・・
海でバカンス~なんてできないので、ひたすら水分補給に気を付けて過ごしています。


大人はまだいいけれど、心配なのは子供達。
特に小学生は熱く焼けたアスファルトの道路を歩いて学校まで往復するんだもんねぇー。
そして周りに高い建物なんてないので日陰なぞない(爆)
はるぼうは今まで使っていたサーモスの500mlの水筒では学校にいる間に足りなくなってしまうらしく
(なくなったら水道の水を入れろと言ったが忘れるのがしょせん小1)
800mlにサイズアップしようかと思ったけど、500ですっからかんになるんじゃ
300増えてもギリギリだろうし、高学年まで使えるように思い切って1Lの水筒に買い換えました!
またもやサーモスだけどやはり保冷能力が高い気がするので我が家はサーモスで揃えてます。
ちょっと大き目だけど、帰る頃には少ししか残ってないので足りないよりはいいかなー。
本人も気に入って、大きい水筒をぶら下げ片道1kmの道程をがんばって歩いてます。

そしてひよりんの水筒。
今までキティちゃんのストロー付き水筒を気に入って使っていたんだけど
容量は480mlあっても、プラスチック製なので
さすがに38度の中に置いておくとぬるま湯になる・・・
そうすると、本人もマズイのか今週に入ってから猛暑続きなのに逆に飲まなくなっていました。
こりゃー心配。
やっぱ少々重くても保冷能力が高い水筒のほうがいいかなぁ。
でも500じゃはるぼうみたいにすぐ使わなくなっちゃうし、しかもはるぼうのお下がり水筒があるし。
(なにより買うのがもったいない)
800じゃさすがに3歳児には重いのよねぇ・・・
来年買ってあげるつもりだったけど。

ひよりんにダメ元で「今度からこのおにいちゃんの水筒使おうか?」と聞いたら
「これ、男の子のだもん」と拒否。
仕方ない、女の子仕様の水筒カバーを買ってあげるかぁとサイトを覗いたら、
カバーだけで1500円・・・うぬぬ、高い。
普通にカバー無しタイプの水筒本体が買えるじゃん(爆)



そんなわけで、おかーさん、勢いで水筒カバーを作ることにしましたよ!




布は入園グッズの残りの切れ端を使用。
肩紐にするベルトも100均で買っておいたのが残っていた。
はるぼうの水筒カバーに布をあて、大体の大きさで裁断。
e0033013_10213680.jpg

通園バッグと同じ生地の組み合わせにしたので、園に置いても自分の水筒と覚えやすいはず♪
しっかし、底の丸はかなり適当に切ったので本当に合っているのか心配だわ。




水筒入口は本物のサーモスのカバーはマジックテープでサイズ調整できるようになっているんだけど
そこまで手をかけるつもりはないので2つ折りのみ。
補強の為に下半分と底はキルティングの生地の上にもう1枚布を縫い付け、
周りを裁ち目かがりで処理。
e0033013_10274763.jpg

カーブを縫うのが苦手だから洋服作りに手を出したことがないのに
いきなり直径8cmの円を縫うことになるとはー。




手順としては、次に底を縫い付ける作業にした。
これがまた大変・・・
ゆっくり、回しながら縫ったけど何度か脱線し、2重に縫う場所が多発。
e0033013_10304540.jpg

なんとか底を縫い付けた後は、筒状に閉じる前に肩紐を縫い付け。
今使ってる水筒の紐を参考に、80cmで固定。
長さ調節なんてできませーん。
このカバーを使うのもせいぜい来年までだろうなーと作業を簡潔化したのでした。





ふー、できたー!
なんか小さなポシェットみたい(^^)
e0033013_10442464.jpg

けっこうこの高さが重要で、高すぎるとバックルが埋もれて開けにくくなってしまうので、
実は筒状にする前に、一度縫い直して微調整しました。





上から見た図。
e0033013_10415743.jpg

いたずら心で、中からうさぎちゃんが見えるようにした♪




底を下から見た図。
e0033013_10431058.jpg

やはりきれいな円ではないが、ちゃんと縫い付けられただけよし!





水筒を入れてみた。
e0033013_10453075.jpg

青いバックルがついてても、甘々な水筒カバーのおかげで女の子仕様になった♪
幼稚園から帰ったひよりんに見せたらすっかり気に入ったらしく
今日さっそくお兄ちゃん水筒を入れて持っていきました。
冬になったらまたひよりんはキティちゃん水筒、
はるぼうは500の水筒に戻る予定。




水筒カバーって難易度が高い気がして今まで手をつけなかったけど
水筒自体が保冷能力高ければキルティング生地でも作れるし、
家にある材料だけで作れるってのが今回作る意欲がわいたきっかけかしら~。

でも、型紙とか残してないので次は作れない気がします(^^;
[PR]
by say-na | 2013-07-11 10:50 | ハンドメイド

子供用エプロン。

先週金曜の小学校のお知らせで
「来週水曜日によもぎ団子を作るので、エプロン、三角巾、マスクを持たせてください」
と、突然の記載あり。

慌てる母親達(笑)

うちにあるエプロンは2年前ぐらいに100均で買ったひよりんと色違いのものだけど
小1ともなると、サイズが小さいし、黄緑色に白のドッド、というかわいらしすぎる柄。
さすがにこれ持たせるのかわいそうだなぁー。
それに首の後ろと腰の後ろを紐で結ぶタイプだけど、まだリボン結びは1人ではできないし。


じゃ、西○屋で買うかー・・・・
先に買ったママ友情報によるとカーズのはあったと言ってたけど
100均のはやっぱ小さくてかわいい柄しかなかったらしい。
男の子柄って少ないもんだし、よくあるディズニー柄は好きじゃないんだよなぁ。
一応ネットでも調べてみると800円~3000円とけっこう高い!

なら作っちゃうか?

ちょうど家には入園入学グッズ作りの名残りで余っている布があるー。
よく見ると平ゴムやアクリルテープ、バイヤステープもあるから手作りできちゃうかも♪


こちらのサイト(→子供用エプロンの作り方)を参考に
新聞紙で型紙を作りました。
一応はるぼうの体にも合わせて、紹介されていたのより丈を長めにとって
脇のカーブは三つ折りにしても縫いやすいように緩くしました。
e0033013_1648289.jpg





紺のギンガムチェックなので、男児のエプロンにはぴったりの柄だわー。
e0033013_16475025.jpg

中途半端に余った部分はポケットにしましょ。




首の部分は子供が頭からかぶりやすいように平ゴムにすることは決めたが
細長い布が余ったので、ゴムをカバーする布を作るかねー。
長い時間首にかけてても汗がたまらないようにね。
e0033013_16521537.jpg

あと腰の紐の部分をまだこの時には切ってなかったけど
ゴムを縫い付けて首と一緒にすっぽりかぶるタイプにするか
アクリルテープを左右に付けて、マジックテープでつけるタイプにするか思案してました。




エプロン本体は直線が多いので割とすいすい縫えた。
ただ、周りはすべて三つ折りしてから縫うからアイロンに時間がかかって仕方ないー。
次にポケットを本体に縫い付け、
ゴムを片方縫い付けたら、筒状に作った布を通してもう片方も本体に縫い付ける。
この時、ヘアピンを使うと幅広いゴムを通すのも便利ー。
e0033013_16581695.jpg

市販されている子供エプロンだとこの首の部分のゴムをカバーする布が
本体とちゃんと縫い付けてあってゴムが見えないように仕上げてあるけど
素人が作るにはこんなんでも十分かなー(^^;
特に、はるぼうは頭がでかい子なので、へたに布を縫い付けちゃって頭が入らなくなっちゃったら
ゴムを入れた意味がないと思ってー。





できたー!!
e0033013_176395.jpg






腰の紐は結局マジックテープにした。
e0033013_1763689.jpg

冬、厚着した時に使用することもあるかもしれないから
やっぱ左右にベリッとはがれたほうが脱ぎ着しやすいと思って。





三角巾も必要だけど、三角に布を切るのが大変&布がもったいない(爆)ので
使い古しのバンダナを折り、周りを縫い付けて三角巾完成♪
e0033013_17103167.jpg

でも子供仕様に首の後ろを縛らずにスポッとかぶれるように
頭の大きさに合わせてゴムを縫い付けた。
これなら帽子のようにかぶるだけー。





帰宅したはるぼうに着せれば、ちびっこシェフの出来上がり~♪
e0033013_17161126.jpg

思ってたよりフレアな感じだなー。

でも、これで水曜日のよもぎ団子作りはばっちりね(^^)
[PR]
by say-na | 2013-05-20 17:19 | ハンドメイド

はるぼうグッズ。

昨日は久々にハンドメイド。
ミシンは一度使うと一気にたくさん作り上げるけど
そのブームが去ると触らなくなるのよねー。
入園入学グッズ作りを終えて3ヶ月、久々に作りました。


はるぼうのポケットティッシュケースは幼稚園の入園時に作ったものなので
3年も経てばボロボロ。
今まで乗り物柄だったけど、小学生らしくすっきりさわやかなイルカさん柄にしました♪
って、残っていた生地だけどね(笑)
e0033013_9494598.jpg

子供のポケットは小さいので、普通の大人が使う右側上のポケットティッシュは入らない。
そこで右側下の子供用ポケットティッシュをはるぼうもひよりんも使っているのだけど
案外このサイズのケースって巷では売ってないのよねー。
そんなものは、布を実物に合わせながら形にしていきます。




あと、水筒の紐カバーも一新!
これも今まで使ってたのは3年物でボロボロで長さも短く、
うまい具合に首の後ろにフィットすることが少なかったので
今回は長めに、そして幅も広めにとりました。
e0033013_9524424.jpg

これがあると首の後ろが痛くないし、夏に汗かいても吸い取ってくれるからねー。
クッション性を考えるとキルティングのほうがいいとは思うけど
暑い時に熱がこもりそうな気がして、あえて綿100%の生地で。




マジックテープを付けて、取り外して洗濯できるようになっています。
e0033013_9542664.jpg

ひよりんの水筒は紐が取り外せるタイプだから簡単な筒形の紐カバーを作ったけど
はるぼうの水筒カバーは紐が固定されてるタイプだから紐カバー作るとなるとちょいと面倒なのよね(^^;
でも一度作れば経験上3年は使えることがわかったし、
他の子と水筒の模様がかぶっても、自分の水筒の目印にもなるので
これは作ってよかった品だなーと思ってます♪
[PR]
by say-na | 2013-05-16 09:58 | ハンドメイド

12月中には出来上がっていたひよりんの入園グッズ第1弾。
e0033013_15112999.jpg





その後1月上旬に3種類のキルティング生地、男の子用生地を購入し
どんどん仕上げて行きましたー!





☆小学校に入学するはるぼうの手提げバッグと上履き入れ。
e0033013_15141237.jpg

はるぼうが選んだ恐竜柄のキルティングに底を補強する為星柄の生地を上から縫い合わせました。
入園時に作ったアンパンマンのキルティングのバッグは2年半ぐらい使った後
底の四隅に穴があいて中の綿が出てきちゃったからねぇ。




手提げバッグは小学校の図書館から本を借りた時に入れる「図書バッグ」にする予定なので
貸出カードみたいなのを入れられるように内ポケットも付けてみました。
e0033013_15152733.jpg

出来上がった2月上旬からすでに毎日幼稚園に持って行ってるんだけどね(^^;
ま、活躍するのは今のうちだからいっか♪




☆幼稚園に入園するひよりんの手提げバッグと上履き入れ。
e0033013_151739.jpg

はるぼうと同じ型紙でバッグを途中まで作ったところ、念のため持たせてみたら床に引きずってしまったので
急きょ上の開き口のところを2つ折りぐらいして丈を短くしたので、
横長の形になっております。




☆そして、はるぼうと同級生で都内の小学校に入学する妹の姪っ子Sちゃんへお祝いとして
手提げバッグと上履き入れ。
e0033013_15194457.jpg

これははるぼうと同じサイズで作りました(^^)
携帯でいくつか生地の写真を送って本人に選んでもらったネコちゃんの柄なので
気に入ってくれるといいな♪




ここで大物製作のキルティング祭り(笑)が終了したので、
妹に他に要望がないか聞いたところ、もう一人の姪っ子で今度年長組になるMちゃんと
小4になる甥っ子I君に体操服入れとランチョンマット、巾着を作ってほしいとのこと。
・・・巾着1個ぐらい作ってあげるつもりで聞いたのだが、予定外に増えてしまった(笑)

よろしい、ならば作ってあげようかと。





☆姪っ子2人分の体操服入れ。
縦40cmと長いし、年長児と小1には巾着の紐をリボン結びにして
机の横にかけるなんて高等手段はできないだろうなぁーと考えて
テープで持ち手もつけてあげました(^^)
e0033013_16192681.jpg

底に着けた水玉の生地は余ってたものだけど、
おかげで子供らしいかわいい雰囲気になりました♪




☆姪っ子2人分の給食袋。いろんなサイズで4枚。
e0033013_16222437.jpg

あとティッシュケースも作ってみた。
この苺模様の麻生地、2~3年前に特売で2Mを500円ぐらいで買ったのはいいけど
ずっとタンスの肥やしでした(^^;
こうして日の目を見ることができてよかったよかった。




☆姪っ子用ランチョンマット2枚。
e0033013_16455272.jpg

裁断の都合中、苺柄の縦の長さが足りなくなったので
3年前から余っていたブタ柄の麻生地が雰囲気に合うので合わせてみた♪
でも2人分4枚作る気力がこの頃なくなってきたので
とりあえず小学生になる姪っ子用として使ってもらおうっと。
今回幼稚園児ひよりんのランチョンマットはわりと小さめに作っているけど
小学生用ランチョンマットは机の大きさに合わせるそうなので
縦40横60ぐらいと大きめに作っているのだっ。




ここで女の子グッズ祭りは終わりー。
男の子グッズに取り掛かりたいけど、なかなか小学生男子に合う柄の生地に出会わないのよねー。
幼稚園児だったらキャラクター生地でもいけるけど
小1と小4じゃ恥ずかしいだろうし・・・
と、数日時間があきましたが、たまたま行ったトラ○アルで
さわやかなイルカさん柄の生地に出会ったので1Mゲットー!




☆甥っ子I君へ体操服入れ、給食袋2枚、ランチョンマット2枚。
e0033013_16323948.jpg

イルカ君だけじゃ白い生地で底が汚れそうなので
手持ちのギンガムチェックの生地を補強の意味も込めて上に縫い合わせてみました。
小学生男子って、絶対こういう袋をサッカーボール代わりに蹴りながら帰るでしょ(笑)




はるぼうが小学校で使う防災ずきんとそのカバーは、小学校説明会の物品販売では
2500円で売っていたけど感覚的に高い気がするー!
ママ友情報でトラ○アルで防災ずきんが980円で売っていたと聞いて、それを購入。
e0033013_1636974.jpg

他にかっこいい柄のずきんも売ってたけど、それは中身が綿でいざという時燃えやすく乾きにくいと思い、
中に不燃材が入っている無地のこちらにしましたー。
カバーは売っているものをよく研究して、簡単な作りなのでやはり作ってしまうことに♪



☆はるぼうの防災ずきんカバー、給食袋2枚、ランチョンマット2枚。
e0033013_16382684.jpg

防災ずきんカバーはずきんのサイズきっちりに作ると子供が自分で出し入れしにくいと聞き
ちょっと大きめに作りました。
市販品のカバーは550円ぐらいだったけど、作ったら半額ぐらいで済んだわ。
総額としても説明会で買うより半額で済んだ♪
かかるのは時間のみ(笑)
でもそれは主婦だからこそ時間を惜しんではだめだわねー。
青と紫の星柄はキルティングと一緒にネットで購入したものだけど
けっこう男の子グッズに使い勝手がいいかも♪





ふー、これで作るものはないってくらい作り上げたー!
子供5人分だもんね(笑)
実は今度入学する姪っ子Sちゃんは1年ぐらい病院に入院しててやっと今月退院できたので
入学祝いと退院祝いを兼ねているのだ。
入院中は妹も泊まりで付き添ってたので、伯母ちゃんとしては家に残されていた
I君とMちゃんのほうもよくがんばったなーと思うところもあって。
お父さんはいてもやっぱりこの歳頃でお母さんがいない生活って寂しいよね。
そんなわけで、進級祝いの意味も込めて、
今まで数年使っていたという100均のボロボロの巾着は一掃してもらい
2人にも新しいグッズをプレゼントしようと一念発起したのでした。


生活が落ち着く3月に送る予定だけど、気に入って使ってくれるといいな(^-^)
[PR]
by say-na | 2013-02-22 17:04 | ハンドメイド

幼稚園グッズ第一弾。

来春は、ひよりんの幼稚園入園とはるぼうの小学校入学が重なるので
早めに手作りグッズを作り始めることにしましたー。
まずは一度作った経験のある幼稚園グッズを先に作り始めることに。


3年前に作ったはるぼうグッズは水色をベースとした乗り物やアンパンマンの生地でしたが
女の子となるとかわいい布もたくさんあって選ぶのが楽しいわね~♪

・・・でも買ったのはピンクの生地50cmだけで
あとは赤の水玉といちご柄の麻生地は家に余っていたものでした(^^;
この辺が1人目と2人目の気合の入り方の違いか(爆)




★コップ袋
e0033013_15103956.jpg

洗い替え用に2枚。
ただの水玉じゃ他の子とかぶりそうな気がしたので、
これまた余ってたレースを縫い付けてみたらけっこういい感じ♪
歯ブラシも一緒にいれるので、袋から飛び出さないように高めにしてみた。
はるぼうの時高さが足りなくてよくリュックの中で歯ブラシが転がってたのよねぇ。




★なわとび入れ
e0033013_15144722.jpg

この生地、1年以上前セールで買ったものであと1メートル以上残ってるわ・・・
使いきれるのかしら(^^;
でも、砂だらけのなわとびを入れるのに汚れが目立たなくてちょうどいい生地かなーなんて♪
これまた使い回しということで、名札にはフォローのためいちごのアップリケでかわいさ演出。
あ、名前の部分は髪の毛のゴムで隠しています。





★ランチョンマット
e0033013_15171076.jpg

唯一買った生地。
はるぼうの時は裏地もつけて3枚も作ったけど、とりあえず2枚。
そして裏地をつけると洗濯した後乾きにくいという経験で今回はあえて裏地を付けず。





★お弁当入れ
e0033013_15204731.jpg

この生地、切り替えで水玉模様もついてるのー♪



これもはるぼうの時は裏地を付けたけど、裏地を付けると乾きにくいので直前まで迷いつつ
あえて裏地を付けてみました。
e0033013_15223954.jpg

年少組の頃、お弁当を食べた後ちゃんとふたを閉めてなくて
よくミートボールのたれでお弁当入れが汚れたのよねぇ・・・
でも裏地をつけて2枚重ねのおかげか、お弁当を入れてるリュックまでは汚れなかったので
洗濯すると乾きにくいけどお弁当の日は1日置きだし・・・と裏地を付ける決意をしたのでした。




そして裏地つけると巾着しめた後もかわいいわね~。
e0033013_1526462.jpg

やっぱりつけてよかったわぁ。





これで第一弾は終わり。
第2弾としてキルティングの生地を選び、手さげバッグ、上履き入れを作らなくちゃ。
そしてこれは、はるぼうにも作ってあげる予定だし、
東京にいるはるぼうと同い年の姪っ子も入学祝いのため作ってあげる予定なので
ここからかなり気合入れなきゃ。
でも、3年前もはるぼうの上履き入れ作るついでに姪っ子2人分の上履き入れも作っちゃったので
同じ形であれば対して面倒ではないのよねー。
そして女の子の生地ってかわいいのが多いので選ぶのも楽しいし♪
どーんな生地にしようかなー。うふふ。
[PR]
by say-na | 2012-12-18 15:32 | ハンドメイド