年少扶養控除廃止。

2月12日の山日新聞に掲載されていて
こりゃ大変だ!と切り抜いておいた記事。

年少扶養控除廃止 家計を直撃
e0033013_12513780.jpg

いつもは気になる記事も読んでは「ふーん」と思いつつも
そのまま処分しちゃって結局後日忘れちゃうことが多いんだけど
これは把握する為に冷蔵庫の前に貼っておいて何度か読んでいました。
今回は画面からでも読みやすいように大きめに写真を縮小してみたわ。
ママ界の池上彰ことSAYが新聞を解説してみます(笑)



年少扶養控除とは16歳未満の子供がいる会社員などの給与所得者から
控除されていたのですが
昨年4月から「子ども手当」が支給される為に
財源確保として年少扶養控除が廃止となり
今年1月の給与分から天引きされる所得税が増えています。
既に2010年度税制改正で決まっていたとは寝耳に水だったわ・・・
というか、児童手当より増額となった子ども手当が開始されることで
そっちの方に関心がいき、きっと年少扶養控除がいつ廃止されるかは
他の皆さんも目が向いていなかったはず・・・
近いうちに配偶者扶養控除が廃止されるだろうから
自分の穴を埋める為にも働かなきゃなーとは漠然と思ってたけど
まさか子ども2人分の扶養のほうが先に廃止となるとはね。

確かにダンナの1月分給与明細を見たら
「扶養家族」が12月は「3」だったのが、1月は「1」になっている。
そして所得税は1月のほうが4500円アップ!
ひぇぇ~~。


しかも要注意点は、今年1月から廃止されたのは
年少扶養控除の所得税分
来年の2012年からは年少扶養控除の住民税分が廃止されるため
来年はさらに手取り額が減ることになるのです。



掲載した新聞の記事によると
年収が多いほど増税額が多くなる
世帯別に2012年までの増税額を比べると
◇年収400万円の夫・専業主婦の妻・子ども1人(16歳未満)
・・・・増税額5万2千円
◇家族構成が同じで夫の年収が800万円
・・・・増税額10万9千円


年収が同じなら子どもが多い世帯ほど増税額が多くなる
◇年収600万円の夫・専業主婦の妻・子ども1人(16歳未満)
・・・・増税額7万千円
◇年収が同じで子ども2人(16歳未満)
・・・・増税額13万8千円



今まで扶養家族対象だった子どもの人数が多ければ
税制改正後の扶養家族が減る人数が多くなるわけだから
年少扶養控除廃止に伴い、子どもが多い家庭ほど増税額も多くなるのでしょうが
子どもが育てやすい社会にする為に始まった子ども手当だったはずなのに
これはどういうことだ?!
中学卒業までに子ども1人につき毎月1万3千円、
年間15万6千円が受け取れる子ども手当だが
年少扶養控除廃止による増税で
子ども手当から増税額を差し引いた後に
手元に残る実質的な子ども手当の額はかなり減るので
子ども手当を宛に毎月の貯金を増やそうとか
習い事をさせようとか思っていた奥様は要注意です。
・・・とはいっても、子どもにかかる必要経費は削れないし
子どもの成長の為にも将来への投資(習い事)や
それこそ将来への不安から貯金額を減らすことはできないのが実情。
今まで以上に家計に気を配り、
新聞やニュースを見てアンテナを高くしておくことだけは
しておかなければならないようです。



そんな私は家計簿が続かないどんぶり勘定なんだけどね(^^;
レシートの山だけが増えて行く~~。
[PR]
by say-na | 2011-02-28 13:28 | 南アLife

いとこ会。

19、20日の土日はダンナが有楽町で飲み会なのに便乗して
私とはるぼう、ひよりんも東京に行きました。

土曜日は早めに東京入りして夏みたいに葛西臨海公園で遊んでから解散、
って手も考えてたけどダンナは飲み会に体力温存しておきたいみたいだったので
東銀座インターで降りてからすぐ解散。
しかし飲み会は17時からなのに13時半に着いてしまったので
ダンナは時間を持て余していたらしい(笑)
で、私は有楽町駅近くから運転をスタートすることになったのですが
久々の都内での運転が歩行者であふれる銀座のど真ん中だったのでやや緊張・・・
でもいざ運転すれば、バイクで鮫洲の講習会通いしてた時よく通ってたなぁ~とか、
6年前の結婚式は銀座でこの辺も歩いて来たことがあったなぁ~と
懐かしい気持ちでいっぱいだったわぁ♪
江戸川の妹宅に行くには、地図で見ると永代通り~葛西橋通りで環七に出るのが
最短のようだけど、道がごちゃごちゃしてそうだし~と
遠回りだけど晴海通り~湾岸道路~環七で行くことに。
ちょいとひよりんがぐずってたから、沿線に公園が多いこのルートなら
いざとなったら車止めてお散歩もできるかなーと思って。
あと学生時代、恩師が月島に住んでたこともあってよく月島にもんじゃ食べに来てたから
久々に近くまで行ってみたーい、勝どき橋通りたーいと
私の好みも詰め込ませてみました(笑)
しかし、タイミングよくはるぼう、ひよりんとも寝てしまったので
いろんな心配もいらず、道も空いてたこともあって予定よりかなり早く妹宅に到着。
自分の運転で東京に行くことは最近少ないけど
昔よくバイクで走ってた道を車で走るだけで懐かしくって楽しいわぁ。


妹宅には小1の甥っ子イツ、年少の姪っ子サツ、3歳のミユの3人がいます。
サツとはるぼうは同級生なんだけどサツは4月生まれ、はるぼうは3月生まれなので
下の学年だけど12月生まれのミユのほうが歳が近かったりする。
ひよりんはもうすぐ1歳半だけど、子供同士だけあってか
5人で仲良く遊んでいました♪
e0033013_13364458.jpg

みんな、ブロックでそれぞれ製作中。



年少の同級生コンビ、はるぼうとサツ。
e0033013_1338481.jpg

積み木やブロック好きのはるぼうは夢中。
サツは面倒見のいい世話焼き姉さんなので
はるぼうやひよりんにもすぐ打ち解けてぬりえのプレゼントをくれたり
ずっとおしゃべりをしていました(笑)



イツのベイブレードがかっこ良くてはるぼう目がキラキラ。
自分からおもちゃを貸し出してやり方を教えてくれるイツが
はるぼうは大好きなようです。
e0033013_13405867.jpg

あとドラえもんのすごろくとか、家にはないちょいと背伸びしたおもちゃが体験できて
いとこ達との遊びを満喫していました。
ひよりんもそれなりに楽しんでたから
この順応性は2番目っ子ならではだなぁ(笑)



夜は近くの手打ちそば屋さんで、手打ちうどん。
子供にはそばよりうどんってのと私がうどん好きなので。
e0033013_13454277.jpg

鴨汁うどんの大盛を3人で分けたけどかなり食べ応えがあったー。
麺もこしがあってやや固めでおいしかったな。
これで1350円って安いけど、妹夫婦に立て替えてもらって
結局そのままになってしまったような気が・・・
ごちそうさまーーー!!



夜はイツ、サツ、ミユの3人が寝る部屋に
私とはるぼう、ひよりんも一緒に寝たので
大人1人に子供5人の肝っ玉お母さんシリーズ(笑)
子供達は大興奮でくまの枕や布団が空中に舞っていましたが
疲れて眠いはるぼうが「うるさいよー!僕もう寝てるよ!」って言ってたのが
優等生ぶってておかしかったな(^^)




翌朝はゴーカイジャーを見るために早起きしたイツに続いてはるぼうも起床。
寝ている女子達を置いといて、男2人でゴーカイジャーとオーズ見てました(^^)
そして朝食食べながらプリキュア見る子供5人。
e0033013_13525290.jpg

おお、いとこ5人横一列だ。
写真が白っぽいですが、レンズにひよりんの指紋べったりだったのを
後になって気付いたのでした。。。



そして11時にさようなら~。
妹ファミリーよ、お世話になりました!
子供達がもうちょい大きくなって楽になったら山梨にもぜひ来ておくれ。
はるぼうはもっと遊びたかったみたいだけど
千葉の市川にて飲んだくれおとーさんが待っている(笑)
前夜は日付が変わる頃に義姉さんちに着いたらしいし~。
妹宅から義姉宅は距離にすると約6kmで近いので
さくさくっと着いちゃいました。
この辺も昔よくバイクで通ってた道だから懐かしい~。
レーシングワールドとか懐かしい~~。



いとこ会第2弾。
e0033013_1454676.jpg

こっちのいとこ達はかなり年上のおにーさん達ですが
半年前に泊まりに行ったばかりだから
はるぼうもよく覚えてたみたい。
ここでもはるぼうツボのレゴブロックやプラレールを貸してもらって
楽しく遊んでたなー。
男の子って、近くに集まるけどそれぞれが黙々と遊ぶから
年上のいとこに男の子が多いのははるぼうにとって合うみたい。
ひよりんは女の子とはいえその空気に慣れてるから
絡まなくても近くで1人で遊んでるし。
その姿が幼いころの私みたいだったわ(笑)
私も兄がいたから男の子のおもちゃで遊んでたし
父方と母方のいとこも年上のいとこは全員男だったからねー


お昼もごちそうになっちゃって、
15時に山梨に向けて帰宅することにしました。
帰りは先にダンナが運転したあと、石川パーキングで運転交代して
夕飯は小僧寿しで寿司や海苔巻き買って18時半頃帰宅。
東京に行ったわりには特にどこに遊びにいくわけでもなかったけど
自分やダンナの兄弟の家に遊びに行って
お互いの子供達を遊ばせるのってなんかいいなーと思いました♪
いとこって「友達以上兄弟未満」のちょうどいい距離感で
自分達が大人になった時なにか相談ができるいい関係になれる気がするので
このまま仲良く育ってくれるといいな。



義姉からもうすぐ誕生日のはるぼうにプレゼントとしてもらった絵本。
e0033013_14162322.jpg

これが絵の背景が細かくて見るたびに新たな発見があったりしておもしろい。



はるぼうも「Nおばちゃんにもらった本読んでー」と
翌朝持ってきたからすっかりお気に入りみたい。
e0033013_14181636.jpg

ドーナツ作るシーンあったから
今日のおやつはすっかりドーナツ気分らしい。
これから幼稚園のお迎えいったら一緒に買いに行くかな~。
[PR]
by say-na | 2011-02-21 14:24 | おでかけ

この週末は

雪が降らなきゃいいなぁ・・

今週末は久々に東京進出!
土曜日にダンナがバイク仲間と都内某所で飲み会なので
私も便乗して子供達と一緒に都内に遊びに行こうかと♪
ダンナは電車で行こうかと思ってたらしいけど
それなら車1台で家族4人乗った方が経済的~~。
ダンナを適当な場所で降ろしてから
私と子供2人は江戸川区の妹宅へ行ってお泊り。
妹ファミリーに会うのは約2年ぶりだなぁ~。
甥っ子、姪っ子2人に会うのが楽しみ(^^)
実はまだひよりんをお披露目してなかったのよねー。
ちなみに飲んだくれて遅く帰ってくるダンナは
千葉の市川に住む義姉宅にお泊まりして
翌昼頃に私と子供達で迎えに行く予定。
都内近隣に自分達の兄弟がいるのって助かるわ♪



妹宅に運転して行くのも2年ぶりなので
道を把握するべく東京都道路地図なんで購入してみた。
e0033013_1358647.jpg

今までどこに行くにもツーリングマップルを愛用していたけど
さすがに14万分の1縮尺だと都内の道路はきつい(笑)
これなら3万分の1で番地まで記載されてるからわかりやすい~。
あとツーリングマップルと同じ出版社ということもあってか
国道や県道の色使いやマークが同じなので
ぱっと見た瞬間、把握しやすいとうのが決め手でしたわ。

いい加減カーナビを取り付けてもよさそうだけど
地図や標識を見ながら目的地や寄り道をするのが好きってのと
ナビに慣れると地図を読みとる能力や野生の勘(笑)が鈍りそうで・・・
でも、子供と会話しながらだったり、自分が後ろの席に座ってると
現在地を把握しにくいのでまぁーそのうち欲しいような気もします。




あ、地図の隣に写ってる絵本は来るはるぼう誕生日にあげようと思って買った本。
この作者が書くそらまめ君の絵本が好きなので
新しいどんぐり君シリーズも気に入りそうだと思って即買い。
e0033013_1475188.jpg

どんぐりの帽子屋さんなんて楽しそうじゃない??
早く読んであげたいなーー。
あとパルシステムのポイントがたまっていたので
レゴブロックの赤バケツと換金したんだけど
はるぼう、今になって
「ぼく、くろがねやにあった黒い自転車がほしい
お誕生日に買ってね♪」
と言いだした・・・
まぁー今使ってる三輪車はもうすぐ1歳半になるひよりんに譲るのでちょうどよさそうだけど
4歳児で自転車ってちゃんと乗れるのかなぁー。
16インチとか??
サイズもわからないがせっかくパルのポイントで安く済ませるもくろみだったのに
あてが外れそうだわ(笑)
[PR]
by say-na | 2011-02-17 14:11 | 南アLife

去年の春は、はるぼう入園グッズ作りで夜な夜なミシンでなにかしら作ってましたが
ミシンって熱が冷めると全然さわる事がなくなるもので・・・
よく考えたら夜寒くない夏とか秋に製作すればいいものを
なぜか冬になってから創作意欲がわくのよねー。
巷で入園グッズを目にする事が多くなったからかしら。

最近、子供達が風邪薬を飲むせいか夜寝付くのが早くなったので
昨夜、半年以上ぶりにミシンを出してみました。
作ったのは2点。


既製品のひよりんワンピースの丈が短くなってきて
ワカメちゃんのようにお尻が見えるようになったので
2cmほど丈増しする為に100均で買ったレースをスカートの裾に付けてみた。
e0033013_22542279.jpg

カジュアルな雰囲気だったのがちょいとかわいらしくなった!
勢いで上の段のフリルにもレースを付けようと思ったが
たぶん来ても今年の春までだと思うので、
余ったレースは他の服に付けてリメイクを図るようにしようっと。

しかし身長80cmのひよりんなのに
90cmサイズのワンピースの丈が短くなった原因は
ぽっこりお腹のせいである(^^;
お腹が出てるとワンピースの布が上に引っ張られて
スカートの丈が短くなっちゃうのよねぇー。



そしてお次は、はるぼうのティッシュケース。
今使ってるのが1つしかないので洗い替えとして・・・
はるぼうの幼稚園は生活面のしつけは厳しくて、
ハンカチ、ティッシュは必ずポケットに入れさせて
手を洗ったら自分のハンカチで拭く、(教室に手さげタオルも置いてはあるけど)
鼻水が出たら自分のティッシュを出して鼻をかむ、
といった、大人だったら当たり前なことなんだけど
子供にはなかなかできない事を徹底して身に着かせようとしてくれます。
そしてティッシュケースに入れないとツルツルしちゃって
ずぼんのお尻のポケットから落ちやすいからケース必須なのよね。
でも明らかに手が汚れたら体操服で拭いたようなあとがあったり、
長袖の袖の部分に鼻水を拭いてキラキラしたあとがあるのを発見してるので
なかなか活用されてないようですなぁー。



左は私が以前に作った自分用ティッシュケース。
右が今回作ったはるぼう用ティッシュケース。
e0033013_2305212.jpg

巷で市販されてるティッシュやケースは大人サイズなので
子供のポケットサイズ用ティッシュの為のケースは作るしかないのよねー。
布はたまたま私のと同じブタ柄が余ってたからなんだけど
今まで使ってたのが水色の重機柄のだったので
こんなかわいい感じのを喜んでくれるのかしら・・・





今日は幼稚園が11日祝日の音楽会開催による振り替え休日だったので
幼稚園のお友達&ママと児童館で遊び、
お昼は近くの公園で食べました♪
e0033013_23193545.jpg

今日はバレンタイン♪ってこともあって女の子のお友達2人からチョコをもらって
はるぼうもうれしそうでしたー。
なんでチョコをもらえるのかはわかってなかったけどねー。
特に1人からはメダルチョコをもらったので
数日前にメダルチョコを買いにスーパーに行ったのになくて
残念がってたばかりだったのでうれしかったみたいーー。
あー、ホワイトデーには親が用意してお返ししなきゃーねぇ。


夜はダンナとはるぼうにチョコをあげたのですが
はるぼうにプレゼントとして昨夜作ったティッシュケースも一緒にあげました(^^)
「うわー、ブタさんの、はるぼうのだぁ」と
予想外にすごく喜んでくれて
「ありがとう。今度お母さんのお祝いの時はお父さんとプレゼント買いに行くね」
なんてかわいいことを言ってくれました。
チョコのほうに気を取られるかと思ってたのに
お母さん、ジーンとしちゃったわ。

こういうのが男の子親の醍醐味なんでしょうな♪
[PR]
by say-na | 2011-02-14 23:21 | 南アLife

2週間に1回は、はるぼう&ひよりんを連れて図書館に行きますが
子供2人連れだと自分の読みたい本を選べず
絵本を5,6冊借りるだけで終わることが多い日々・・・
でも絵本選びも楽しいんだけどねー。
はるぼうが1歳半ぐらいの時に読んで反応が良かった本を
ひよりんに借りて読んであげると昔を思い出して親のほうがうれしくなったり。
はるぼうは今恐竜がブームで恐竜の本を1冊は借りてきます。
ひよりんは家にある「おててがでたよ」(林明子作)がお気に入りで
読んでほしいと自分で持ってきて私の前に座り込みます(^^)


絵本を読んであげる日々も親子にとって大事な宝物なのですが
でもやっぱ自分が読む本もほしい~~っ。
山日新聞の日曜日は本を紹介するコーナーがあるので
「あーこの本読みたいなぁー」と思ってもそのままだったり
人気があるのは図書館でいつも貸出中だったりするしねぇ。


と、思って何か読みたいけど、これと言って思い出す本がないなぁーと
amazonを散策して気付いたのが、今って送料無料なのねー。
前は1500円以上から無料だったから、せっせと合計1500円になるように
欲しい本を2冊探してたけど、おかげで1冊だけでも気軽に頼んじゃった♪


前から気になってたけど読む機会がなかったこれを注文してみた。
『子どもが育つ魔法の言葉』
e0033013_1463124.jpg


「子は親の鏡」という詩が冒頭に出ていて
その1文がタイトルになって文章が繰り広げられています。
具体例が出ているので親と子の情景がイメージしやすく
すいすい読める本です。

その詩の一文を紹介してみると・・・

『けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子供も不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもはみじめな気持ちになる』

といった、親のマイナス的な行動や発言で
子どもがよりマイナスな要素を持つ子どもになってしまうことを
述べているけど、私が胸に響いたのはやっぱ親のプラス的な行動かな。


『励ましてあげれば、子どもは自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
褒めてあげれば、子どもは明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは頑張り屋になる
守ってあげれば、子どもは強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもはこの世はいいところだと思えるようになる』


そりゃーそーでしょーよ。と思うところがあっても
あえて言葉として表現されると響くものがあります。
思うところもあって、
確かに自分に気持ちの余裕があって子供のわがままをうまく受け止めて流せた時は
ムキになって怒った時より、はるぼうも素直に親の言う事を聞いたり
はるぼうの体操教室やスイミングの見学に行った時は
いつも以上に張り切って初めての事にも挑戦できるようだし
(チラチラ視線送ってきて困るけど(笑))
眠い時やグズグズの時「抱っこして」って甘えてきた時に
座って膝に抱っこしてギューっと抱きしめてあげると
気持ちが満たされるのか「やっぱ起きる」って
すんなり気持ちが切り換えられるみたいだし。
これが「あとにして~」って放置しておくといつまでもぐだぐだなのよねー。

特に最後の「和気あいあいした家庭」で育つことが
「この世っていいものだなぁー」と思えるってことは確かにあるかも、と思った。
子供の世界って家庭とせいぜい幼稚園ぐらいしかなくて
幼稚園で嫌なことがあってもホッとできる家庭があれば
心の安定は保たれてまた明日がんばろうと思えるだろうな。
逆にどんなに幼稚園が楽しくても家庭が楽しくなければ
どんどん子供の心は曇ってしまうだろうな。

親は子供といつまでも一緒に過ごせるわけではないのよね。
高校卒業した18歳で実家を出た私やダンナを考えれば
はるぼうなんてあと14年もすればここを出ていっちゃうんだろうな。
それまでに親として何ができるだろうか。
せめて自立はできるように、生きるための技術だけじゃなく
自己肯定力の強い、自分を愛せる子になってほしいな。
そうすれば他人にも優しくなれるだろうな。


なんか親として考えさせられた本でした。
まだ全部を通して読んではいないんだけど
ひよりんの昼寝中とか、合間を見て読んでいきたいな。
[PR]
by say-na | 2011-02-09 14:10 | 音楽・本・映画・テレビ

前回の記事からもう20日も経っちゃったのねー。
そして昨日からもう2月か!
はるぼうが来月で年少組が終わりだなんて早いなー。
そういえば、幼稚園の朝と夕方の送迎を初めて3ヶ月が経過するけど
やっぱバス通園の頃と比べると自分の時間が減った気がするわ(^^;

起床してからダンナの弁当を作り、7時半に子供2人を起こし
ダンナをはるぼうに見送らせた後(貴重な父子の交流タイム♪)
子供2人に朝食を食べさせ、はるぼうにはトイレの大を促し
制服の着替えを促し(親はあえてノータッチ)
様子を見ながら親は洗濯物を干し、布団を押入れに片づけて~~、
なんてやってると家を出る9時にあっという間になってしまうー。
これが夏になれば朝起きるのも親子共に早くなるから余裕ができるのかなぁ。

昨日は幼稚園に送った後、
市の広報に「ヒブと肺炎球菌の助成が開始」との記事を読んだので
母子手帳と印鑑を持って役所の健康増進課に手続きに行きました。
「窓口で申請後は接種券(助成券)が郵送」、と書いてあったけど
初日だったせいか窓口で発行してくれました。
有効期限が「平成24年3月31日」とあるので約1年内にその券を病院に持参して
受けに行けばいいんだけど、それ以降は有料になるってこと?
確かに広報にも「助成の実施期間は24年3月31日まで」って書いてある。
それ以降に生まれた子はまた有料に戻るってのもなんかかわいそうだなぁ。
とはいえ、うちは、はるぼうのヒブ1回分とひよりんのヒブ3回分は
既に自己負担で返還はされないけどね。
でも、せっかく細菌性髄膜炎を予防するワクチンが注目されて
必要性が高まっているのだから全額無料とはいかなくても、
妊婦健診みたいに、1回分は無料とかすればいいのになぁ。
今春は市長選があるし、また市の方針が変わるのを期待したいが
民主党政権になってから児童手当がこども手当になり、ばらまきしたのにもかかわらず
国費でまかなえそうにないから地方にも負担を頼む、みたいな事を言い出したから
人口が少なく、会社も少なくて税収が少ない地方都市は
へたに大盤振る舞いできないよねー。


・・・そんなことを思いながら、今回行った役所(白根支所)の2階は
なんと児童館が併設されてるのでひよりんと一緒に遊びに行きました。
同じく予防接種の手続きを終えたお母さんや子供達がちょこちょこ来て
ひよりんもたまには同年代の子と触れ合うのもいい機会だなーと思いました。
いつもはるぼうと遊んでるから、年上の男の子が近くで暴れてても動じないんだけど
ボールプールに入ろうとしたら、先に入ってた同じ年頃の女の子に
「ダメー」みたいに手で押されてて、ひよりんは悲しそうに伏し目がちにしていたのが
へーあんな反応もするんだぁーと母は変に感心してにやけてしまったわ(笑)
はるぼうには「キー!!」と威嚇して叩くのにねぇ。
でもはるぼうが同じ年頃(1歳5ヶ月)の頃は
他の子とおもちゃや滑り台を取り合って叩いたり噛みついたりしてたので
それに比べればひよりんは手がかからないかなぁ。
病院の廊下でひっくり返るのははるぼうはしなかったけど(笑)


・・・たくさん遊んでお昼に帰宅したらひよりんは昼寝。
ま、それを狙ってたんだけどねー。
14時半からはるぼうの体操教室の見学とお迎えなので
今のうちにがっつり眠ってもらわなきゃ。
13時半には起きたのでお昼を食べさせすぐに幼稚園へ。
今日の体操教室は歩きながらボールを上に投げてキャッチする練習と鉄棒、
ホールでマット運動(側転重視)でした。
同じクラスの男の子2人は親が仕事で見学に来ないので
「はるき君のママだー。見ててー」
「あ、はるき君のママー、ぼくも見ててー!」と鉄棒での前転を披露してくれるので
「あらー、上手ねー」とほめながら見てるのがみんなの親になった気分で楽しい(笑)
そんな時はるぼうは気にせず砂で遊んでたりするんだけどねー。
16時に終了した後はスーパーへ。
毎週火曜の体操教室の後はご褒美としてドリンクコーナーでジュースを買ったり
アイスを買って食べてから帰るのだ。
そしてお惣菜を買って帰宅。
あらー、もう17時!!


・・・と、子供2人がいる主婦の1日はあっという間なのでした。
ひよりんが入園する約2年後には家計の事も考え何か仕事をしたいなぁと思っているけど
ダンナはたまに土日出勤だったり、祝日はもともと出勤日なのを考えると
土日祝日完全休みで平日の昼間じゃないと働けないなーと思ったり。
今までみたいに事務や営業事務がいいけど早くても17時半上がりだろうから
ひよりん年少、はるぼう小学校1年生になったばかりで
お互い環境の変化で落ち着かない時に親の帰りが遅くて学童に預けっぱなしってのも
かわいそうかねぇ。
親の私も帰宅後家事に追われてイライラして子供の相手する余裕なさそうだしね。
そんな時こそダンナの協力がいるんだろうけど
いざという時頼れる実家が近くにないってのはやっぱ痛いなぁ。
そんな私は親が共働きだったけど自営業だったせいか
保育所から帰って来てからは親の会社に連れて行かれて適当に遊んでいたり
友達の家に遊びに行ってたりしてたけど30年も昔のことだからできたのかしら。


専業主婦って子供がいると土日休みもないし、寝かしつけるまでが仕事みたいなものだし
子供に時間を取られることで「あー今日も自分の時間がなかったぁ!」
って思ったり、子供と向き合いすぎることでストレスがたまることもあるけど、
子供の成長を間近で見守れるのって幸せなことだなぁーとふと思う時があります。
31歳まで働いていた分、今は育児の時代って割り切るんだ~~♪と思いつつ
やはり現実を見るといつかは社会復帰しなければならない日も近付いているわけで・・・
そんな日が来てもやり残したことがないように
今は目の前のことをやるだけだわ。
でも猶予時間も残り2年と思って今後の方向性を決めたい。。。
最近ユーキャンのCMや広告を見て資格の勉強が気になる毎日。
なにかお勧めがあれば情報求むーー。
1年に1回しか試験がない宅建みたいな国家試験レベルじゃなく
できれば1年に何回かチャンスがあるのがいいなぁー。
子供がいると「自分がやりたい仕事」じゃなく「できる仕事」
で選ぶことが多くなるわ・・・
働くならひよりんを幼稚園じゃなく保育所のほうが夏休みはないし、
延長保育があるからいいんだけど
入園を申し込む時点と保育所に通ってる間は
常に働いてる証明を出さなきゃいけないから
働きだすタイミングに迷うー。
ひよりん年少&はるぼう小1の最初1ヶ月ぐらいは
午前中だけの預かりだから早く迎えに行かなきゃいけないしねぇ。


・・・と考えだすときりがないけど
たぶん、長らく働いてないので社会復帰することに
弱気になってるってこともあるんだけどね(^^:
[PR]
by say-na | 2011-02-02 13:45 | ひとりごと