じんましん その後。

あ、じんましんの写真が苦手な人はスルーで。




2日目の日曜には、前夜抗ヒスタミンの薬を飲んだので
少しはじんましんもひいたかと思いきや
腕や手の甲、足全体やつま先といった末端まで広がっている!!
おでこや頭皮は小さくなったものの、
頬のほうに移行した感じ。



肩から腕全体、手の甲までひろがってかゆそう。
e0033013_14161086.jpg





足も全体的にひろがって、赤く盛り上がり過ぎて火傷の跡みたい・・・
e0033013_1417244.jpg





やっぱ皮膚のやわらかいお腹も出て来た。
e0033013_14183071.jpg

写真には撮らなかったけどもうちょい下やお尻もね(^^;


こうして見ると典型的な食物アレルギーによるじんましん症状で
医学書で見る写真みたい。
写真撮る時は「お医者さんにじんましんの写真見てもらうから撮っておこうね~」
と本人に言って実際に病院で携帯の写真を見てもらったので
撮られるほうもノリノリで、
「もっと写真撮っておこうよ!お医者さんに見てもらおう」
と嫌がれることもありませんでした。
これが女の子だったら肌の見た目の悪さにショックで嫌がるだろうな~。


久々に、じんましんのことを調べてみると
じんましんやアレルギー症状は『ヒスタミン』という物質が作用している。
ヒスタミンは、アミノ酸の要素が腐って作られる。
鮮度の悪い食べ物は、アミノ酸も腐っているので要注意・・・
って、まさに今回のケースだぁ!
たんぱく質は何種類もののアミノ酸で構成されているけど
ウィンナーは肉なのでまさにたんぱく質。
しかも卵も入ってるから、鮮度が悪いこんな物が卵アレルギーっ子の体内に入ったら
大変なことが起きるってわけだねー。


うーん、これからはより気を付けよう。。。



あ、はるぼうは今朝起きたらかなりつるっつるの肌に戻っていたので
卵アレルギーを克服するまで通っていたアレルギーにくわしい小児科の予約を取り消して
元気に幼稚園に行きました~。
2日ぶりに晴れたし、元気に遊んできてくれるといいなー。



でも、ひよりんが木曜日から夜になると熱が高くなる症状が続いていて
こっちのほうも心配。
午前中に結局違う小児科に行って見てもらったけど
喉の風邪だとか・・・
今流行りのアデノウィルスかなぁ。
こっちも早く元気にな~れ。
[PR]
by say-na | 2011-05-30 14:32 | 育児日記

じんましん。

今日のお昼はラーメン。
親達は焼いた豚肉を載せ、はるぼうにはたこさんにしたウィンナー2本分。
ひよりんは木曜の夜から熱を出し、
やっと昨夜から食べられるようになったので薄味にしたスープに
麺のみのラーメンとミニおにぎり。

ラーメン好きの子供達は完食し、まだ病み上がりのひよりんを早く昼寝させる為、
私とひよりんは布団でごろごろ。
はるぼうはダンナに絡みながらも、なんかよく頭掻いてるなーと
ちょいと気にかかってた。



ひよりんがやっと寝始めた14時、ダンナがはるぼうを見て
「この首どうしたの?かゆいでしょー?」
と驚いてたので、湿疹でもできたのかと呼び寄せて見てみると
あきらかなじんましん症状!
e0033013_23152216.jpg

うわー、かゆそう。



去年もだったけど、5月終わりから6月って肌の調子が悪く
アトピーみたいに目の周りが赤く腫れたり
耳の下が割れることが多いんだけど
そのせいか、耳の周りまでも真っ赤に腫れてる!
頭をよく掻いてたからもしかして・・・と髪をかきわけてみると
頭皮にも一面じんましんのボコボコが出来てて手でさわるだけでよくわかる!


最も驚いたのがおでこ。
前髪を持ちあげて初めて発見。
e0033013_231675.jpg

じんましんや発疹、アトピーに見慣れている私でも凍りついたわ。
見た事がないくらい大きな丘状のじんましんで
本人から見て左上にある一番大きなこぶみたいなのは
3週間前に転んでたんこぶができて今は治っていた場所。
それが肌と血液がなにかに反応したかのように
より大きく盛り上げられている!


これは即病院だー!
でも時は土曜日の午後。
小児科や病院はことごとく休みだし、じんましんで小児救急行って
長時間待たされるのも・・・
これが痙攣とかショック症状まで出てれば緊急事態だが・・・
迷いつつも、最近じんましんが出て病院に行った事があるママ友にメールをし、
病院情報を聞いたところ、彼女が行った病院は土曜午後休みだけど
八田にある内科、小児外科をやってる病院が土曜でも17時までやってるよ!
と教えてもらい、そこに行く事にした。
はるぼうも痒いのがとにかくたまらん!という感じだったので、
このメールのやりとりをしてる間にかゆみを減らすために
頭とおでこをアイスノンで冷やしてあげたらスヤスヤ寝てしまい
しばらく休ませた後、15時半に病院に行く事にした。
この頃には冷やした効果もあってか、頭とおでこのじんましんはだいぶ減っていました。
でも反面お腹にたくさん出てきてかゆそうでした。


さすが土曜午後診療してるだけあって、待ってる患者さんも多かったけど
それでも待てる範囲内かなーと思いつつ待つ。
途中トイレに行き、大をしたけど下痢状ではないので
やっぱ食中毒ではなく食物アレルギーからきてるなぁと判断。
でも16時頃、咳をしだしたなーとハンカチを口に当ててあげたら
まさかの嘔吐!
でもGWの胃腸炎騒動で嘔吐慣れしてた私は意外に冷静でした(笑)
受付にいた看護師さんに状況を説明したところ
奥の部屋に連れて行ってもらい、改めてタライを貸してもらったら
2回目の嘔吐・・・あー、貸してもらっててよかったわぁ。
服が汚れたので車に置いてある着替えを持ってきて着替えさせ
長イスで寝かせてたら順番が呼ばれたのでさっそく診察。


実は、私に思い当たる節があったので先生に申し出ました・・・
お昼に食べさせたウィンナーが賞味期限2日過ぎてたのだーーーー。
いつもなら日付を見た瞬間ゴミばこに投げ捨てるのに
なんで今回に限ってチンして、しかも子供だけにあげちゃったかなー(反省)
そして、はるぼうはもともと卵アレルギー持ちの体質なので
2歳の頃とかは、鶏卵が加工工程で含まれるという
ハムやウィンナーを食べすぎると腕がかゆくなったり、
口の周りにぽつぽつ発疹が出る事があったのだ。
でも4歳になったいま、そういった症状は出なくなってたので過信してたけど
アレルギーの症状が肌に強く出る今の時期ってのと
賞味期限が切れた「卵が含まれている肉加工品」を口にしたことで
他の人なら食あたりで済むところが、
卵アレルギーによるじんましんと嘔吐という症状で
出てきてしまったんだろうなぁー。


先生もそこまで私がずらずらと述べたので言う事もなく納得、という感じで(^^;
抗アレルギーの内服薬を出してもらい、はるぼうにも
「このお薬飲めばすぐに痒いの治るからねー」
と言ってもらいました。
ちなみに、一番ひどい時の症状としてさっきの写真を見てもらったら
「顔は肌の密度が薄いから出やすいんだよねー」みたいなことを言ってました。
頬とか首の内側は出やすいのは認識してたけど
まさかおでこや頭皮がひどく出るのは初めての経験でびっくりしたーー!
そんな私も体中のじんましんは中学生の頃と二十歳ぐらいの頃経験しております・・・
確か食べ物がらみ・・・しかも2回目は卵だったような気が・・・
あの痒さと見た目の悪さは経験しないとわからない辛さなので
せめて食べ物によるじんましんは避けてあげなくちゃ!
と心に誓ったのでした。
はるぼう、古いウィンナー食べさせてごめんよぅ。。。
[PR]
by say-na | 2011-05-28 23:38 | 育児日記

天然石アクセ♪

S-Force仲間のまゆが、天然石を扱うショップでお仕事してると聞いて、
このたび私のネックレスと携帯ストラップも作ってもらっちゃいました♪

オーダーメイドなので、いろいろ細かい要求をば。
・頭からささっとかぶれるようにロングネックレス。長さは70cm。
・ロングゆえ石をたくさん使うと重くなるし予算もオーバーするだろうから
 鎖骨より下辺りに石があればよし。
・色は白、シルバー系
・子供が引っ張ってもすぐに切れない頑丈な作り(笑)
・予算(これ重要!)

もともとロングネックレスは好きで何本か持ってるんだけど
はるぼうと、ひよりんにことごとく引きちぎられてるのよねぇ(涙)
チェーンタイプじゃすぐ切れちゃうのは目に見えてるし
その分、お高いものは壊されるのを考えると手が出せず
ビーズ製のそれなりに安いのしか最近使わなくなったんだけど、
アラフォーデビューした私としては
あまり安っちいのは身につけにくいお年頃となりました(^^;
そこで、たまたま、まゆが自分用に作った石のアクセサリーを見て、
これだぁ~~!と思ったのよねぇ~~♪
宝石は手を出せないけど、天然石ならお手頃だし、
かといって安っぽくはならなそう・・・☆

そこでメールでデザインや試作品を写真で送ってもらったり
「イメージが違ーう!ガーリーじゃなくってクールなイメージよぅ!」
と電話して作り変えてもらったり(爆)
いろいろわがままを言いながらも作ってもらいましたわん♪


携帯ストラップも今使ってるのが100円で買ったブタさんので
今までもなかなか気にいったものに出会えなかったのでそのままだったけど
お気に入りのを1つ長く使いたいなーと思ったので、
これも予算と色のイメージや形を伝え、
最終的にはお任せしました♪


完成したものがこちら。



☆ロングネックレス
e0033013_1313724.jpg

長さ70cmなので、あえてアジャスターはつけてもらわず、
頑丈さを出すために合皮の紐を編んでもらいました。
なんか、白いシャツにも合わせられるし、
Tシャツや革ジャンにでもいけるデザインでしょ~。
最初、石の中間を埋めるビーズは
濃紺パール・クリア・ピンクパール、の流れで
予想外にかわいらしい仕上がりになってしまったので
それで「ガーリーじゃなくクール!」と訳のわからん注文してたのよね(笑)
ピンクを黒にする案もあったけど、私が黒い服が多いから同化しないよう
クリアを挟むパールビーズは両方とも濃紺にしてもらったのだ。



そしてメインの白い石は『マザーオブパール』といって
真珠の母貝(アコヤ貝など)からできています。
e0033013_137946.jpg

まゆの説明文によると
「女性としての内面的な魅力を引き出し
母性愛を高め育児を見守ってくれると言われています」とか。
頑丈な紐と相まって、たくましい母ちゃんへ捧ぐネックレス?(笑)




☆携帯ストラップ
e0033013_13152777.jpg

愛用のオレンジ色の携帯に合うイメージで作ってもらったわん。
色はメインを青緑色の石にしてもらい、クリアのさざれ石やオレンジ色の石を
ポイント的に入れてもらうことにして、これは一発OK!(笑)



きれいながらも、かわいい色と作りよねぇ~。
e0033013_13174860.jpg

これまた、まゆ説明によると
・青緑色の石は『アマゾナイト』(別名アマゾンのヒスイ)
 「希望の石と呼ばれ、心に迷いがある人に語りかけ進むべき道へ導いてくれる。
 また心を鎮め活力を与えてくれると言われている」
・オレンジ色の石は『カーネリアン』
 「西洋では自信、勇気、健全の石。東洋ではこれを身につけた者は
 他人の嫉妬、羨望から守られるとされ、古代エジプトでは護符として使われていた」
・ピンクの石『ローズクォーツ』
 「愛と美の調和の象徴。母性的なエネルギーが持つ人の傷を癒し
 ストレスと緊張を和らげてくれる。また恋愛をかなえる石」
・透明色のさざれ石『水晶』
 「万能の効力を持ち、すべてを浄化し清め、幸運を招くパワーがあるとされている」

・・・だそうな。
私って昔から占いごとを信じなかったり
迷信はもちろん、石の持つパワーも全然気にしなかったりしたけど
まゆがいろいろ考えて選んで作ってくれたかと思うと愛着が沸くわ♪
それに、女子(!)として、キラキラしたきれいな物を見ていると
なんか心も満ち足りるというか(^^)




今ではお互い2児の母になり、
千葉~山梨と離れて住んでいるのでなかなか会えないけど
ひよりんがもう少し大きくなったら遊びに行きたいわ♪
e0033013_13293593.jpg

若かりしき頃の私達♪
2004年6月だからお互い結婚前の独身だったわねぇ。
・・・他に今では世帯持ちの50’sメンバーもちらほらと(笑)

子供が巣立ったら、またバイク復活させて走りに行きましょう(^^)
[PR]
by say-na | 2011-05-27 13:31 | 南アLife

じゃんがら

e0033013_11271780.jpg

3月20日頃に高校時代の恩師に米や食料、生活用品、水の支援物資を送ったが
先日そのお礼としてハンカチ4枚とエプロンセット、紅茶詰め合わせパック、
いわき銘菓じゃんがらが送られてきた。
先生は私の連絡先しか知らないから私にだけたくさん送ってくれたんだろうけど
もう70代になる先生がわざわざこじゃれた品や
お菓子を買いに行ってくれた姿を想像すると
この気持ちを協力してくれたみんなにも伝えたーい!
そしてこれは私だけの力で成し得たわけじゃないし、
と、出資してくれた東京の友達3人と
まだ現地は混乱してて個別配送を受け付けておらず、
ガソリンを給油するにも2〜3時間待ちするような最中
街の外れにある先生宅まで届けてくれた地元の友達にも
ささやかながらハンカチと紅茶を分けて送ることにしたのでした。

でも、じゃんがらはさすがに菓子だし
封筒に入れて送るのはあきらめ
やむなく(ここ重要)私がすべていただくことにしました(*^^*)
しかし、16個を1週間以内に食べるって
けっこうキツイっス。
どら焼ぐらいの大きさで、中にはあんこも挟んであるから
かなりのボリュームなのよねぇ。
いくら和菓子好きの私でも1日1個が限界だわ(´Д`)


でも、向こうでもこうやってギフトが買えるぐらいの余裕が出てきたのかなぁと安心しました。
震災直後の安否確認の電話した時は口数も少なかったし
「参った」ばかり言ってたのが、
今回お礼の電話した時には声に張りが出ていて
よく喋ったなーと印象が全然違ったし。
先生には勝手にみんなに振り分けて送ったことで
変に気を遣われそうだけど
他の教え子達にも今回のお礼はしたかったはずだし
もう70代だから何か心残りを作ってあげたくないと思ってね…


しばらくしたら、品を受け取った友達から
先生に手紙が届くことでしょう。
まだまだ心休まる日は来ないけど
束の間の幸せはあげたいな。
[PR]
by say-na | 2011-05-24 11:27 | 東日本大震災

5月上旬のあれこれ。

5月は最初に胃腸炎にやられてしまいましたが
それ以外の出来事を書きまとめたいと思います。

3日は子供達の胃腸炎も回復の兆しが見え始めたこともあり
(私は4日からなってしまったが)
ダンナが今年度のDIYを始動し、
設計するところから始まり材料調達、切ったりカンナかけたり
クリアの塗装したり釘を打ったりして
リビングに縁側を作ってくれました。
e0033013_1628168.jpg

うれしそうな子供達。
e0033013_16281724.jpg

壁に付いてるわけじゃないので
実際のところぴったりサイズの踏台を作ったんだけど
これがリビングから同じ高さで続いているので
けっこう便利です。
夏はここで花火ができるわねー。




あと、ちょうど軒下に洗濯ものが干せるように
後日、柱と枠組みを建てて物干しのスペースも作ってくれました。
e0033013_16294444.jpg

なんだか大工みたいだなー。

午後は風が強い南ア市なので、たまに帰宅すると
物干し台ごと倒れて洗濯ものが地面に落ちてることがあるので
今度からそれが防げるのがうれしいです。
今後のDIY計画では、軒下に屋根みたいなのを延長させてくれるらしい。
そうすると突然の雨でも洗濯物が濡れないから
ますます便利になるわーー。




GW最終日の8日は母の日。
はるぼうを生んでからは毎年子供達から花をもらっています。
今年はカーネーションでした。
財布の出所はおとーちゃんだけど(笑)



あとケーキも。
e0033013_1632960.jpg

子供の日にはるぼうが体調不良で
ごちそうが食べられなかったってこともあります♪



はるぼうが幼稚園で作ってきてくれたプレゼント。
e0033013_16305017.jpg

去年と絵のレベルがあまり変わってない気がするけど
クレヨンの使い方が慣れたのか
しっかり目の丸と髪の毛が描いてあるかな(^^)
でもいまだに人を描く時は顔から手と足が出ています(笑)




日常。
休日はお庭でおやつを食べさせたら喜んでいました。
e0033013_16342521.jpg

5月は薫風香るいい季節だもんねー。
庭でも菖蒲や西洋石楠花が咲いて来て
窓を開けて過ごすのが気持ちがいい日が続いております。



公園遊びも日蔭はいいけど、だんだん日向は紫外線が怖くなってきたわー。
あ、親のほうがね。
e0033013_16392613.jpg




最近思い通りにならないとすぐ泣いてアピールするひよりん。
e0033013_16394238.jpg

これが2番目っ子のたくましさよねー。



ひよりんといえば、13日に一時保育デビューしました。
はるぼうは2歳3ヶ月から週に2,3回ずつ始めたけど
ひよりんは1歳8ヶ月だからデビューが早い。
それも、17日にはるぼうの遠足があって
バスで多摩動物公園に行く予定だから、さすがにひよりん連れでは無理と思って
まず1日預ける前に半日預けて様子を見ようと思ったのよね。
別れ際は泣いたものの、その後はおもちゃで遊び
散歩の途中疲れて寝てしまい、先生に抱っこされながら帰ってきたというので
まー、17日もどうにかなりそうだと思ってます。
がんばれひよりん!
[PR]
by say-na | 2011-05-14 16:43 | 南アLife

GWは胃腸炎騒動 第2部

第1部に続き、嘔吐物とか汚い描写がありますので
食事中の方や苦手な方は避けてください・・・
子供の病気の記録として記します。


<5月1日>
翌朝、起きて来たダンナが
リビングのソファーで寝ているはるぼうと付き添っている私を発見して驚いていたが
昨夜の騒動はまるきりわからなかったらしい。
ダンナにはここでバトンタッチする為に体力温存してもらいたかったので
それはそれでよし。
実際に、この時までに7Lの洗濯機に満杯の洗濯物が溜まっていたので
昼までに出たもう1回分も合わせてダンナにコインランドリーに行ってもらい
乾燥機で乾かしてもらったのでした。
この日は雨だったので大量のシーツにバスタオルを室内干しにはできず、
もう着替えもタオルも尽きて来たので助かったのでした。
やっぱ子供が具合悪い時に大人の手は1つでも多いに越したことはない。
こんな時、せっかくのGWが台無し・・・というよりも
ダンナがいるGWに具合が悪くなってよかったわーと思っちゃったわ。
あら、こんなところでプラス思考な私(笑)


ダンナが起きて来た後、もう一度ひよりんの様子を見ると、
やはりまた布団で吐いている(汗)
でも症状が重いのはやはりはるぼうのほうらしい。
嘔吐が止まらず、9時になる頃は、嘔吐物も段々薄くなってきて
11時にはポカリや飲んだお茶も吐き戻すようになってきた。
下痢も、口から吐き過ぎて出なくなり、
たまに白いゼリー状みたいなものが出たのだけど
これって胃液とか胃に残ったごくわずかな水分が
かろうじて固形化して出て来たのだろうか。
ひよりんも忘れた頃に吐いたりするので
もう私もダンナもあっちでわらわら、こっちでわらわら(^^;
とにかく、はるぼうが吐いた後、喉が渇くのかポカリや水を欲しがって、
かわいそうだから少し与えると、
しばらくすると同等、もしくはそれ以上の水分を吐くようになって
まったく口から水分を取る事ができなくなり
このまま脱水症状になる危険がせまってきたのでした。


はるぼうは8ヶ月と1歳10ヶ月の時に胃腸炎になっているけど
嘔吐は1、2回であとは下痢が数日続いたものの
こんなにひどくなったことがなかったのよね。
お昼になってもこんな状態で、たまにやっと静かに寝れるようになったみたい、
と様子を見ると、それは寝てるというよりも、
意識がもうろうとしていて、白目をむいて焦点が合っていない状態・・・
怖くなってはるぼうに話しかけるとふっと意識が戻って話すけど
顔面蒼白、唇は紫がかってきて、目の周りも落ちくぼんできて、
今日は日曜日だから様子見て明日小児科にかかろうかと思っていたけれど
このまま夜を迎えるのは危ないかもしれない!
子供を育てていて、初めて生命の危機を感じてゾッとしたのでした。
ダンナがコインランドリーついでにコンビニで買ってきてくれたお昼を食べ、
小児救急に受診予約の電話をし、その時は子供達がぐっすり寝ていたのと
雨が強かったので荷物をまとめたりしてるうちに雨もやみ、
14時半に小児救急にかかったのでした。


GW中だから混んでいるのを覚悟したけれど
それほどでもなく、待っている時に1回吐いたけれど30分ほどで受診できました。
女性の先生で、はるぼうを診察するや否や、
「脱水症状を起こしていますので、点滴をしましょう。
夜には帰れると思います」
と、言ってくださいました。
もう口で水分をとれないとなると、家庭内で見るのは無理だったので
点滴をしてくれるようになってよかったー。
救急だから点滴とか時間がかかる処置はしてくれないと思っていたけど(希望は出してたけど)
やはり、はるぼうの容態はそこまで深刻だったのか。
でも、夜には帰れるって、一瞬、入院?と思って焦ったけどねー。
ひよりんも何回も吐いて下痢もする立派な胃腸炎なので一緒に診察してもらったけど
自分で水分もとれてるし、顔色もいいし、元気があるから薬だけ出しておきます、
という処置になった。
点滴2本入れると20時に終わる予定だけど、
この時16時であと4時間もかかるから
ダンナとひよりんには一度帰宅してもらい、
また迎えに来てもらうことにしたのでした。



4歳にて人生初の点滴を受けるはるぼう。
注射に強いはるぼうは泣かずに装着してくれました。
e0033013_0304087.jpg

顔色が悪く、目の周りも黒いのがよくわかります・・・
子供の点滴って、すごいゆっくりなので
1本目が終わった17時半頃。
少し顔色がよくなったので、先生が「これでだいぶよくなったと思うので
1本でお終いにしても大丈夫ですよ」と言ってくれたけど
それでもまだまだ目の窪みもとれず、今まで口から水分とれなかったのを考えると
できるだけ点滴で栄養と水分補給したいと思い、
付き添う方も大変だけど、予定通り2本目もお願いしました。
その頃にははるぼうもベットで動けない状態が嫌になってきて
「これ外したい、お家に帰りたい」
「お水飲みたい、たくさん飲みたい」
と言ってかわいそうだったけどね・・・
ちなみに、お水は見かねた看護師さんが
「薬局にOS-1が売っているので、それを買ってきてもらい、
スポイトで様子見ながら少しずつ与えるのはいいですよ」
と提言してくれたので、OS-1を買ったあとは
用意してくれた紙コップとスポイトで
時間と量を見ながら少しずつ与えることができました。

そんな時、ダンナから19時頃来たメールでびっくり。
「ひよりん、39℃の熱がある」
となーー!
迎えに来てもらわなきゃ困るけど、どうしても無理そうだったらタクシー?
ダンナに任せる事にしたら、迎えに来てくれることに。
まだ1歳の小さなひよりんに無理させてかわいそうなことしちゃったなぁー。
救急出たのはやはり20時で車の中でもぐったりの子供達だったけど
思い切って救急行って本当よかったーと
すやすや布団で寝ている姿を見て思ったのでした。
でもこの時ひよりんはさっきの39℃の熱があったので
私がはるぼうの着替えや水分補給している間、
ダンナがひよりんの水枕を用意し、
寝ているひよりんのおでこに置いた濡れタオルを
まめに水で洗って交換してくれたので
なんか熱でうなされる娘をかいがいしく看病する父親の姿がまぶしくうつりました(笑)
いつもだと私が看病しちゃうけど、
さすがに子供が2人とも倒れると親は1人じゃ足りない。
この騒動が休日に起きたのは不幸中の幸いだったのかもしれないな。



<2日>
はるぼうも39℃の熱を出し、ひよりんも熱が下がらない。
また大人2人が子供2人をそれぞれ担いで小児科に出向いたのですが
普通の月曜日の午後だったのとタイミングがよかったのか
診察も薬の受け取りもスムーズに済みすぐ帰宅できました。
胃腸炎って高熱も出るのね・・・




<3日>
まずひよりんが元気になり、朝ご飯のうどんをぺろりと平らげた。
はるぼうもゼリーとか少しずつ食べられるようになってきた。
「いやー、これで一安心。今回は大人もうつらなくってよかったね。
私も除菌がんばったからなー」
とダンナに話していた。



<4日>
やはり私は感染していたらしい。
体の節々が痛くて動けず、吐き気がとまらない。
でも2回吐くだけで済んで、毎回下痢はないので
基本的に胃腸は丈夫らしい(笑)



<5日>
午後には私も体調がよくなってきたので
子供の日に合わせて柏餅とアイスを買いに子供達と買い物へ。
あと西松屋でひよりんの服選び。
はるぼうは肝心の柏餅は食べなかったけど
アイスを食べたので、まぁいいか。
しかし子供特有の病後の症状なのか、
わがまま&ぐずぐずが増えて親はイライラさせられます。
予定外になが~いGWで幼稚園お休みになったからねぇ。

でも、西松屋に行った時、私がじっくりひよりんのスカートを選んでいると
「ぼくも選んでくるねー」とひよりんをベビーカートに載せたまま連れて行き
どこかの売り場に行ったので
てっきりおもちゃコーナーにでも行っているのかと思いきや
「ただいまー」と戻ってきた姿を見ると、
カートにはたくさんのかわいいピンクのパジャマやキャミソール、肌着がかかってて
きっとひよりんにはこれがかわいい、と選んでくれたんだなぁーと思うと
その小さな兄心がかわいく思えました♪
でも残念ながらサイズが120だったり110だったので全部返却ですが(笑)


そんなこんな、胃腸炎騒動に見舞われたGWでしたが
今年に限って旅行の予定を入れていたり、
誰か家に招待してなくて本当よかった。
健康が一番!と改めて思ったのでした。


長文になりましたがむりやり第2部に詰め込んでみました。
こんな重い胃腸炎になったこともあったなと、
記録として残しておかなくちゃーと、自己満足の日記です(^^;
[PR]
by say-na | 2011-05-08 00:20 | 育児日記

毎年GWはいわきに帰省して、小名浜港近くの旅館に連泊し
おいしい海の幸を食べ温泉でまったり過ごしていました。
アクアマリンふくしま(水族館)やららみゅうを観光したあとは
祖母宅に行ったり、夜は母と兄を旅館に招待して一緒にごちそうを食べたこともありました。
でも今年はあの大震災の影響で御用達の旅館が被害にあってしまい休業中なのと
いわき市はまだ余震が多いと聞くので、
さすがに子供2人連れて行くにはまだ余裕がないなぁと思い、
今年は初めて予定が何もないGWを過ごすことになったのでした・・・
あ、5日に幼稚園のお友達ファミリーとバーベキューをすることには
なってたんだけどねー。


でも、結果からして、何の予定も入れてなくてよかったです・・・(ーー;
幼稚園で胃腸炎やインフルが流行ってたのは知っていたけど
始業式後、熱を出す事もなく無事GWを迎えられたと思っていたら・・・
まさか3年ぶりに胃腸炎に見舞われるとはーー!



*以下、汚い描写がありますので、食事中の方はご遠慮ください。
一応自分なりの子供の病気備忘録として記録しておきます。



4月30日は子供2人と近所の公園に行ったあと、
お昼をアピタで食べて、夜も家の中で元気に走り回りながら普通に過ごしました。

日付が5月1日に変わった深夜1時40分頃、
たまたま夜早く寝たこともあって、私の眠りが浅かったのか
ふと目を覚まし、左側に寝ている寝ぞうが悪いひよりんの布団を直し
そのまま目を閉じようとしたところ
反対側に寝ているはるぼうのほうから
「コポコポコポ・・・」と聞き慣れない音が聞こえてくる。
そこで無視しなくてよかった。
ふとはるぼうの方を振り返ってみると
目をカッと開けたまま、口から茶色い液体をエレエレと流している姿が!!
うひゃー!このまま仰向けにしてたら喉詰まらせちゃう!
すぐに上体を起こし、枕にしていたバスタオルに吐き出させ、
嘔吐が落ち着いた頃、リビングに移動させました。
我が家はリビングと寝室の和室は隣り合っています。
嘔吐物にまみれた顔や首、背中を拭いてあげ、
「びっくりしちゃったねぇ。気持ち悪いねぇ」と声をかけながら
着替えさせた後ソファーに座らせたのでした。
本人は「なんで口から出ちゃったんだろうねぇ」
と言うほど、パニックにもならず、元気だったのでホッとしたけど
「これは胃腸炎では・・・」という疑いが頭をかすめたのでした。
とりあえず口をうがいさせた後、はるぼうには私の布団で寝てもらい、
私は汚れたはるぼうのシーツやバスタオル、パジャマ、肌着等を洗面台で洗い、
洗濯機に入れ、一段落。
嘔吐物が茶色かったのは、昼間食べたチョコのソフトクリームのせいだな・・・
ふと、寝てるはずのはるぼうを覗いたら、
また肩のあたりが汚れ、何か含んでいるかのように口を閉じている・・・
これは2回目の嘔吐だ!まだ20分ぐらいしか経っていないのに!
我慢して口を閉じてる姿がかわいそうなので、あわてて持ってたタオルに吐かせ、
今度は憔悴して横になってるので「大丈夫だよ」と声をかけながら
寝かせたまま汚れた髪の毛や首のあたりを拭いてあげてると
今度はお腹から「ぎゅるるるるーー」と大きな音が聞こえてきた。
これは大津波警報だ!でかいのが来る・・・!
やはり下からも来てしまうのか!
はるぼうに「うんち出そう?」と聞くと「ううん」との返事。
うーん、これは絶対来る前触れなんだけどなぁ・・・
と思ってる矢先、キターッ!
布団が汚れるのが嫌だったので(爆)あわててバスタオルが敷いてある上に立たせたら
だだ漏れだったものの、見事バスタオルがすべて吸収してくれて
敷布団自体の被害は受けずに済んだのでした。
こうなると、さすがのはるぼうも意気消沈。。。
そうだよねー。わけもわからずに
いきなり口からゲーっと出るわ、下からもダーッと出るわ、
まだ4歳児には自分の体に何が起きたかもわからず
不安になっちゃうわよね。
波が落ち着いた後、すぐトイレに移動してもういっぺん流し出してもらい、
そのままトイレで汚物にまみれた我が子をせっせときれいに拭いてあげたのでした。
たまたまひよりん用のお尻拭きを大量に買ってあってよかったーー!
本当はシャワーさせたかったけど本人の意欲がないので無理させず拭くだけにしといた。
そして、この惨状を目の当たりにして、
もうこれは胃腸炎以外のなにものでもないな・・・と確信。
はるぼうは下痢対策のため、これ以降オムツ生活。
本人は恥ずかしがってたけど、嘔吐の処理だけでも間に合わないし
だんだん脱水でトイレにいく体力もなくなってきたから
早い段階でオムツにさせといてよかったー。
それもひよりんがビックサイズで共有できてよかったー(笑)
幼児がいる家庭は、オムツが外れた後も
オムツのビックサイズは常備しといてもいいかもしれない。

2回目の洗い物は嘔吐物にまみれたシーツとバスタオル、パジャマ上、肌着、
下痢にまみれたバスタオルとパジャマ下、パンツとこれまた厳しいものでした(涙)
感染予防としてマスクとゴム手袋して洗ったけど、こうして振り返ると
その前の段階はどうしても素手で対応になっちゃうから
菌がうつってもしょうがないなぁ・・・
相手が我が子だから目の前で吐かれたり漏らされたら
ゴム手袋なんて取りに行ってられないよねぇ。
2回ぐらい思い切ってハイターで手を直接除菌したけどさ。
この大津波警報事件の際、さすがにちょっとした騒動だったので
ひよりんがギャー!と泣いたけど起きずにすんで一安心。
手間をこれ以上増やしたくないもんね。
しかし、寝室の出入り口近くに寝てるダンナはまるっきり起きないもんだ。
まぁ6日連続出勤の疲れがあるからやむなしと考えておく。
とりあえず寝室を換気しなくちゃと襖を開けて
私はリビングにてはるぼうと対峙することに。
いつ吐くかわからないから、布団には寝かせられないし。
うちのソファーは安物の合皮製のおかげで、吐かれても拭くだけで済むので
リビングのソファーに座らせ、首の周りにタオルを巻いて、
吐いたら拭く、洗面台で洗う、洗濯機に放り込む、の作業を
5時までの間4回ぐらい繰り返しました。
大人だったら吐き気があったら袋やタライにできるから処理は楽なんだけどねぇ。
しかし、ちょいとはるぼうが30分ほど落ち着いて寝られる時間がとれたので、
ふと、ひよりんも胃腸炎になってないか様子を見てみると、
いつの間にかうつぶせの顔を横にしながら吐いてるー!
しかも吐いたまま寝てるしー!
2時半頃には何事もなかったのにー!
ちなみに現在5時。
はるぼうとは対照的に固形物が多かったので処理はしやすかった。
寝ぼけたままのひよりんの服を着替えさせ、シーツを交換したあと
再び寝かせたのでした。


なんか、こういう状態って野戦病院みたいなだぁー。
なんて、野戦病院に行った事もないのにそんなことを思いながら
黙々とひよりんの服とシーツを洗ったのでした。
そうこうしている間、またはるぼうが吐き、拭いて、着替え、洗う、の作業・・・
こういう時は淡々と作業をするのみ。

空が白み始めてきた頃、私も時々うとうと寝ながら
ダンナが起きてくるであろう6時半頃まではこの本陣を死守しようと
げっそりしてきたはるぼうにお茶を飲ませながら夜明けを迎えたのでした。
長い夜でした。



第2部に続く。
[PR]
by say-na | 2011-05-07 23:44 | 育児日記