先日買ったワインの2012年新酒の「巨峰にごり ロゼ」がとてもおいしくて
同じ新酒シリーズのデラウェアが飲みたいなーとスーパーに行ったら売れきれ。
新酒って毎年秋に出るんだけど、その分本数は限られるわけで・・・
ワイナリーを調べたら石和温泉の近くでわりとわかりやすい場所にある!
山梨には80ものワイナリーがあるけど多くは勝沼なのよねぇ・・・
石和なら・・・石和なら行っちゃおうかしら♪


というわけで、お家でやや早いお昼ご飯を済ませた後、
マルスワイナリーへ行ってきました。
車で30分。ナビだと20号を案内されるが20号は嫌いなので
地図を見ながら県道6号と140号使って到着ー。
e0033013_15583657.jpg

e0033013_1641570.jpg

平日なので駐車場がガラガラである。
もちろん3歳児を連れて母子で見学なんて私だけ(笑)
だって、土日に行っちゃうとバスで乗り付ける団体客でいっぱいなんだものー。
平日に行けるのが主婦&地元の特権よね。




売店でワインだけ買って帰ろうかと思ったが自由に工場見学できるとのこと。
e0033013_1643411.jpg

予約や有料のワイナリーも多いが無料で自由なら行くしかないっ。




貯蔵庫といえば地下!
e0033013_163370.jpg

暗い場所が苦手なひよりんはもれなく抱っこだったわー。




わーい、樽だ樽だー!
これぞワイナリー見学♪
e0033013_163476.jpg

ここは地下貯蔵庫。ワインの芳醇な香りがします。
正確にはワインになる少し前の、ぶどうが発酵した香りかな?




ここはマルス優貴熟蔵。かめ熟成ワインらしい。
e0033013_1681480.jpg

かめごとに1993年から2000年前半ぐらいまで年度ごとに入ってました。
気になる年のワインを有料で試飲できるらしい。





ここは寒かったー。低温貯蔵庫。
10℃から15℃で30万本のワインを貯蔵してるらしい。
e0033013_16111793.jpg





あのタンクの中も全部ワインなんだろうか・・・
e0033013_16123910.jpg





この後地上に出てベルトコンベアーによるビン詰めラインやラベル貼りのラインがあるのだが
ひよりんは作業してるおばさまたちに手を振られて愛嬌を振りまいていました(^^)




さて、売店コーナーに行きますよー。
e0033013_16132313.jpg

樽から直接出てくる試飲コーナーがあります!





ひよりんもいただきまーす。
e0033013_1615562.jpg

あ、これ、ぶどうジュースね♪
私も運転者なのでジュースをいただきまーす。






あ、これ!私が買いたかった新酒のワイン!
e0033013_16292256.jpg

こんなに山積みになってるなんてさすがだわ。
「巨峰」のほうはロゼで甘くてフルーティですごく飲みやすかったけど
「デラウェア」のこちらは甘口とはいえ少しキリリとしてるのかしら。




売店のお姉さんと話しつつ、決めたのがこの3本。
左から「シャトー・マルス甲州白根シュール・リー 2009年」
真ん中は目的の「一番収穫 デラウェア にごり 2012年」
右は「葡う酒(ぶうちゅう)ハイボール」
e0033013_16345972.jpg

1番目を選んだ理由は、このワインの元となるぶどうの産地がうちの町内ということ。
ご近所の農家の方々が丹精込めてつくっているぶどうが
こうしてワインになっているのはなんとも感慨深い。
夏の暑い中作業してる姿も見てるし、おすそ分けでもよくいただくからね。


2番目のを選んだ時、従業員さんに「巨峰にごりがおいしかったので~」と言ったら
「巨峰にごりはもともと甘口ですが、今年はぶどうの当たり年だったので、
今年の新酒は特に甘いものができましたー」とのことでした。
確かに「今年の夏は特に暑く、雨も降らず乾燥した気候だったので
人にはつらかったがぶどうは粒も大きく甘みがある当たり年になった」と
ぶどうをおすそ分けしてくれた農家の方もおっしゃっていた。
そういう年のワインもいいものができるそうだ。
こうして地元産業って繋がっているのね。


3番目はこれなんだろーと眺めていたら
「ワインを焼酎と炭酸で割ったハイボールなんですよ♪」と説明を受けたので即買い。
昭和の昔、山梨では葡萄酒を焼酎で割った「ぶうちゅう」が飲まれていたそうな。
それを今流行のハイボール風に炭酸割りにしたものとか。
スパークリングワインが好きな私としては興味津々~♪
氷をたくさん入れたグラスに注いでいただくらしい。
こういう珍しいワインが買えるのもワイナリーならではだな。
あと、ここの本社、本坊酒造さんは鹿児島で焼酎も作っているからそんな発想ができるのかな。



今日は思い立ってマルスワイナリーに行ってみたけど
工場内の見学もできたし、興味のあるワインも仕入れることができてよかったな♪
せっかく山梨にいるんだし、県外の友達が山梨に来たときにいろいろ案内できるように
名所やワイナリーを研究しようかなっと思ったのでした(^^)
[PR]
by say-na | 2012-11-30 16:16 | 南アLife

日の出。

休日は家族はみんな朝寝坊さんですが
私はあえていつも通り6時半に起きて一人の時間を楽しむようにしています♪
コーヒー飲みながらゆっくり新聞読んだりネット見る程度だけど
平日は弁当作りがあるので起きてすぐはドタバタしているのです。


我が家は東側に出窓があるのですが、ちょうど山から太陽が昇ってくるのが見えたので
ありがたい感じがして写真を撮ってみましたー。



6時59分。
e0033013_123754100.jpg





7時ジャスト。
e0033013_12381724.jpg





7時1分。
e0033013_12385256.jpg





7時2分。
e0033013_123971.jpg





7時3分。
e0033013_1239262.jpg




太陽が昇ってくると周りの空気が一気に温度上昇してくるのがわかる。
太陽の恵みを体で感じる瞬間です。




最近の日の入りは16時5分。
ここは盆地で山に囲まれている分冬は太陽が出てる時間が短いなぁー。
でも都会と違って日の出と日の入りを見れるのはちょっといいかなと思うところ。
[PR]
by say-na | 2012-11-25 12:44 | 南アLife

ランドセル購入!

来春小学校へ入学するはるぼう。
店頭にランドセルが並び始めた9月から各ショッピングセンターを下見していましたが
年内に買った方が早期割引でだいぶお安く買えるし
色やデザインも選べることがわかったのでクリスマス前には買いたいなぁーと思っていました。
昨日はロ○クタウンで最後のマーチングの発表予定が雨のため中止・・・
来週は地区のソフトバレー大会だし12月は組の清掃やお遊戯会で家族で見に行く機会がないっと
思い立って昨日買うことにしましたー!


お店は調査の上割引率が大きく各メーカーの品ぞろえが多いオギノリバーSCへ。
ヨー○ドーやア○タ、イ○ンも品ぞろえはいいのだが
自社ブランドがメインで店頭でのくわしい資料も自社メインだったからなぁ・・・
オギノは自社のがない分、定番天使のはねやフィットちゃん、ふわりぃから
マイナーな妖精の翼、ワンパ、ベネトン、
男の子に人気なナイキやプーマなどわりと幅広く、値段もピンからキリまでそろってて
なんか定価もほかの店より安い気がした・・・
そこに12月までは2割引き&ポイント5倍がつくので
どうせ買うならポイント還元率の高いオギノで買わない手はないっと主婦は燃えたのでした。
あ、ちなみにオギノの回しものではありませんが
たまには地元企業を応援するのも悪くはない(笑)



しかし実は、はるぼうの入学する小学校はランドセル強制ではないのだー!
近所の人に聞いたら小学3、4年あたりからリュックに変えちゃう子も多いし
入学式だけ~、と兄弟や姉妹でおさがりを使用することもあるとのこと。
でも、中には高級なランドセルを買った代わりに6年間使う約束をしてる女の子や
男の子で気にしない子はそのまま6年間背負っているとか・・・

私としても周りがリュック背負い始めたり、
高学年になって体が大きくなったら無理にランドセル背負わなくてもいいし
6年間使えるようにと高級なものを買わなくてもいいやーと思いつつ
かといって、短期間しか背負わないからと安いランドセルだと
体が小さい低学年の時は背中や肩が痛くなることもあるかもなぁー、と
値段的には中の下くらいを選ぶことに母の中では勝手に決めてたのでした(笑)
あと、機能でほしいのは「持ち手」があると断然便利かな。




あらかじめ候補を3つに絞ってはるぼうに背負ってもらったのですが
はるぼうが選んだのはこれ。
e0033013_12174952.jpg

フィットちゃん系の瞬ピカッモデルネオ。
反射板がいたる所についてるやつです。
男の子はこういうのに弱いよねー(笑)
色はクロ×グレー。
このグレーがシルバーっぽくて赤や青より気に入ったようでした。




はるぼうが背負うとでかいなー。
そしてはにかみすぎると鼻の下がのびて挙動不審になる(笑)
e0033013_12185083.jpg

A4ファイルブック対応で、マチも13cmあるので
他のランドセルに比べてもでかいほうです。
でも脱ゆとり教育になってから教科書が増えたのでちょうどいいかな。




お値段はこれの2割引になります♪
e0033013_1220882.jpg

重さが1250gとほかのメーカーに比べやや重いのが気になるところでした。
これを同じ瞬ピカのクラリーノ製にすると200g軽くなる代わりに1万円も上がるのよね(汗)
小学校まで1kmぐらいだし、昔のランドセルに比べれば軽いもんだと思うので
がんばってもらいましょ。
なにより自分で気に入ったんだもんねー。




ランドセルって昔は持ち手がついてなくて金属のちっちゃい金具しかついてなかったから
子供の頃たまに肩からおろして手で持ちたい時不便だなーと思ってたのよね。
e0033013_1232359.jpg

あと、実は同じく持ち手付きで軽さ960gのふわりぃが最終候補だったのですが
はるぼうが反射板がないからと選ばなかったことと
軽くて柔らかい分、手荒に扱ったらマチがつぶれそうな感じがしてやめたのでした(^^;
私、よく帰り道に公園のベンチにランドセル投げ捨てて遊んでる子だったんだけど
冬おしりが冷たい時はランドセルを座布団代わりにして座ってたもんなぁ。
あと帰宅後玄関に放り投げてすぐ外に遊びに行ったりしてたわ・・・
6年間使わないにしてもやっぱランドセルは耐久性が命よね。




あ、唯一気に入らないのは、かぶせに大きなクリアホルダーがなく
時間割表はポケット部分の小さいスペースになるってこと。
e0033013_12403488.jpg

これは一応はるぼうに確認させたけど、本人的には問題ないらしいので(本当か?)
スルーすることにしました。




ランドセル選びに全然興味を持たず、背負うのも面倒くさがってたけど
家に帰ってからは何度も箱から出して背負ってたねぇー。
大事に使ってくださいな♪
e0033013_12431145.jpg

[PR]
by say-na | 2012-11-18 12:43 | 育児日記

河口湖でスワン。

昨日はわざわざ1時間ちょいかけて富士インター近くのラーメン屋、
2代目丸源まできゃべとんラーメンを食べに行きました。
家を出たのが11時・・・
358号で向かったのですが、ここはくねくね道なので車だとたまに酔ってしまいます・・・
そして見事に久々に車酔いして、やや気持ち悪いまま丸源に着いたのですが
食欲が勝って見事ラーメンを食すことができました(笑)
きゃべとんラーメンは醤油とんこつに茹でたキャベツが入ってるんだけど
これがうまいんだなぁー。
スープがほどよく濃厚、そして臭みもなく、サービスもいいので
旦那と共にお気に入りのラーメン屋であります。



そして帰りがてらに河口湖へ。
よく通る河口湖でありますが、何を思い立ったのか初めてスワンに乗ってみた(笑)
スワン歴としては、09年5月に那須りんどう湖のスワン、
11年8月に白樺湖のスワンに乗っています。
・・・って意外と乗ってる?(笑)


09年の時、はるぼうは2歳2ヶ月だったが、
自分で舵を取りたがり同じところをぐるぐる回ってうまく進めずぐずぐすになった経験あり。
去年は、はるぼう4歳、ひよりん2歳なりたてで、二人とも比較的おとなしく乗ってたのでした。
そして今回はどうなるか・・・
e0033013_11255665.jpg

30分2000円は高いが乗船。
そういえば、この日は私の財布に1000円しか入っておらず、
ラーメンやスワン代は旦那に出してもらったのでした(^^;




舵ははるぼうが握ってるが、まぁなかなか好調。
しっかし、漕ぐほうの親は大変である。




んがっ、5分もしないのに、
「もう30分経ったー?もう終わりたいよー」
となんかへたれ発言のはるぼう。
e0033013_1127999.jpg

たまに揺れるのが怖いらしい。




ひよりんはごきげん。
e0033013_11283576.jpg





まぁープレジャーボートや遊覧船みたいな大きい船が湖を横切ると波が立ち
その波がどんどん波状効果で大きくなってスワンを襲うのよね(^^;
他のスワンも横にぐわんぐわん揺れて見てる方も「おおーっ」っ感じでした。
はるぼうもスワン号の船長として舵の操作を真剣に行っています。
e0033013_11261294.jpg

私も、大きい波が来るたびに
「波を横から受けると揺れるぞー!スワンを立て直して正面から波を受け止めるのだ!」
と、足で漕ぎながらはるぼうから舵を奪い、漁船の船長気分でした。


荒波を越えていくスワン・・・
脳内にはすっかり中島みゆきの宙船が流れていました。



今度、仲間同士でスワンを何台か借りてレースをするのもおもしろそうだなぁと思ったのでした(笑)
[PR]
by say-na | 2012-11-04 11:36 | おでかけ