子供用エプロン。

先週金曜の小学校のお知らせで
「来週水曜日によもぎ団子を作るので、エプロン、三角巾、マスクを持たせてください」
と、突然の記載あり。

慌てる母親達(笑)

うちにあるエプロンは2年前ぐらいに100均で買ったひよりんと色違いのものだけど
小1ともなると、サイズが小さいし、黄緑色に白のドッド、というかわいらしすぎる柄。
さすがにこれ持たせるのかわいそうだなぁー。
それに首の後ろと腰の後ろを紐で結ぶタイプだけど、まだリボン結びは1人ではできないし。


じゃ、西○屋で買うかー・・・・
先に買ったママ友情報によるとカーズのはあったと言ってたけど
100均のはやっぱ小さくてかわいい柄しかなかったらしい。
男の子柄って少ないもんだし、よくあるディズニー柄は好きじゃないんだよなぁ。
一応ネットでも調べてみると800円~3000円とけっこう高い!

なら作っちゃうか?

ちょうど家には入園入学グッズ作りの名残りで余っている布があるー。
よく見ると平ゴムやアクリルテープ、バイヤステープもあるから手作りできちゃうかも♪


こちらのサイト(→子供用エプロンの作り方)を参考に
新聞紙で型紙を作りました。
一応はるぼうの体にも合わせて、紹介されていたのより丈を長めにとって
脇のカーブは三つ折りにしても縫いやすいように緩くしました。
e0033013_1648289.jpg





紺のギンガムチェックなので、男児のエプロンにはぴったりの柄だわー。
e0033013_16475025.jpg

中途半端に余った部分はポケットにしましょ。




首の部分は子供が頭からかぶりやすいように平ゴムにすることは決めたが
細長い布が余ったので、ゴムをカバーする布を作るかねー。
長い時間首にかけてても汗がたまらないようにね。
e0033013_16521537.jpg

あと腰の紐の部分をまだこの時には切ってなかったけど
ゴムを縫い付けて首と一緒にすっぽりかぶるタイプにするか
アクリルテープを左右に付けて、マジックテープでつけるタイプにするか思案してました。




エプロン本体は直線が多いので割とすいすい縫えた。
ただ、周りはすべて三つ折りしてから縫うからアイロンに時間がかかって仕方ないー。
次にポケットを本体に縫い付け、
ゴムを片方縫い付けたら、筒状に作った布を通してもう片方も本体に縫い付ける。
この時、ヘアピンを使うと幅広いゴムを通すのも便利ー。
e0033013_16581695.jpg

市販されている子供エプロンだとこの首の部分のゴムをカバーする布が
本体とちゃんと縫い付けてあってゴムが見えないように仕上げてあるけど
素人が作るにはこんなんでも十分かなー(^^;
特に、はるぼうは頭がでかい子なので、へたに布を縫い付けちゃって頭が入らなくなっちゃったら
ゴムを入れた意味がないと思ってー。





できたー!!
e0033013_176395.jpg






腰の紐は結局マジックテープにした。
e0033013_1763689.jpg

冬、厚着した時に使用することもあるかもしれないから
やっぱ左右にベリッとはがれたほうが脱ぎ着しやすいと思って。





三角巾も必要だけど、三角に布を切るのが大変&布がもったいない(爆)ので
使い古しのバンダナを折り、周りを縫い付けて三角巾完成♪
e0033013_17103167.jpg

でも子供仕様に首の後ろを縛らずにスポッとかぶれるように
頭の大きさに合わせてゴムを縫い付けた。
これなら帽子のようにかぶるだけー。





帰宅したはるぼうに着せれば、ちびっこシェフの出来上がり~♪
e0033013_17161126.jpg

思ってたよりフレアな感じだなー。

でも、これで水曜日のよもぎ団子作りはばっちりね(^^)
[PR]
by say-na | 2013-05-20 17:19 | ハンドメイド

はるぼうグッズ。

昨日は久々にハンドメイド。
ミシンは一度使うと一気にたくさん作り上げるけど
そのブームが去ると触らなくなるのよねー。
入園入学グッズ作りを終えて3ヶ月、久々に作りました。


はるぼうのポケットティッシュケースは幼稚園の入園時に作ったものなので
3年も経てばボロボロ。
今まで乗り物柄だったけど、小学生らしくすっきりさわやかなイルカさん柄にしました♪
って、残っていた生地だけどね(笑)
e0033013_9494598.jpg

子供のポケットは小さいので、普通の大人が使う右側上のポケットティッシュは入らない。
そこで右側下の子供用ポケットティッシュをはるぼうもひよりんも使っているのだけど
案外このサイズのケースって巷では売ってないのよねー。
そんなものは、布を実物に合わせながら形にしていきます。




あと、水筒の紐カバーも一新!
これも今まで使ってたのは3年物でボロボロで長さも短く、
うまい具合に首の後ろにフィットすることが少なかったので
今回は長めに、そして幅も広めにとりました。
e0033013_9524424.jpg

これがあると首の後ろが痛くないし、夏に汗かいても吸い取ってくれるからねー。
クッション性を考えるとキルティングのほうがいいとは思うけど
暑い時に熱がこもりそうな気がして、あえて綿100%の生地で。




マジックテープを付けて、取り外して洗濯できるようになっています。
e0033013_9542664.jpg

ひよりんの水筒は紐が取り外せるタイプだから簡単な筒形の紐カバーを作ったけど
はるぼうの水筒カバーは紐が固定されてるタイプだから紐カバー作るとなるとちょいと面倒なのよね(^^;
でも一度作れば経験上3年は使えることがわかったし、
他の子と水筒の模様がかぶっても、自分の水筒の目印にもなるので
これは作ってよかった品だなーと思ってます♪
[PR]
by say-na | 2013-05-16 09:58 | ハンドメイド

今年の母の日。

昨日は母の日でしたね~。
すっかり母歴6年の私。
しっかり毎年プレゼントもらっちゃってます!
まぁもちろん影には旦那の尽力があるわけですが・・・(^^;


はるぼうが1週間ぐらい前に
「おかーさんには秘密だけどねぇ、プレゼントがあるんだー」
と、言ってきた。
ほほー、もしや時期的に母の日のプレゼントかしら?でもそこは知らんぷりして
「そうなんだー!(棒読み)じゃあお母さん楽しみにしてるね♪」


3日前。
「おかーさんには秘密だけど2階にプレゼントが隠してあるんだー。
でも僕も中身知らないの。
いつ渡すのかなぁ。30日だったかなぁ。」
・・・・?30日?どこからそんな数字が・・・と笑いそうになるのをこらえて
「もしかして母の日のプレゼントだったら今度の日曜日かな?楽しみにしてるね(^^;」



前日、なにやら仕事先の旦那とスカイプで打ち合わせ中。
おかーさんは知らないふりをしてお布団を敷きに行きます。
その後、「明日プレゼント渡すから楽しみにしててねー。
おかーさんありがとう、って言って渡すんだって。」
もう予行演習ばっちりです(笑)



そんな長い道のりがありましたが、当日、満を持して
「おかーさん、いつもありがとう!」
とプレゼントをもらえました(^^)
もちろん「ありがとう」とムギューと抱きしめましたよ。
e0033013_22342273.jpg

ガーゼタオルです。
最近は実用的なものがいいのでこの季節にはいいかも。
庭で草むしりをする時にはストールよりもガーゼタオルのほうがベストです(笑)
秘密になっているようで作戦自体は秘密にならなかった父と息子の「母の日大作戦」でしたが
気持ちはありがたく受け取っておきます♪
まだまだおかーさんに秘密を作りきれない年頃のうちがかわいいわよねぇ(^^)
はるぼうも中身が気になりつつも渡すのを我慢しただけ偉いっ。




ひよりんは幼稚園で母の日製作をしたものを「はいプレゼント♪」と渡してくれました。
e0033013_22421951.jpg

この「はいプレゼント♪」「ありがとう」のやり取りが気に入って
何回もやらされました(笑)




よく見ると似顔絵を描く紙が上下さかさまになっている・・・(笑)
これもひらがなが曖昧にしか読めない年少児ならではだわ♪
e0033013_22445041.jpg

とても高い鼻を描いてくれてはいるが、この絵のベースは
明らかに得意なアンパンマンだな(笑)
しかも帽子かぶっているのかと思ったら、
赤い洋服を描いたらしい・・・
この辺のワールドも3歳児だわ。



今年はひよりんから初のお母さんの似顔絵をもらって
改めて子供2人の成長を感じたのでした(^^)
[PR]
by say-na | 2013-05-13 22:47 | 南アLife

自転車その後。

はるぼうは6日に自転車に乗れるようになってから、なんかいろんなことにやる気が出たのか、
スポーツクラブで指名された時に難しいほうに挑戦してみたり
「丈夫な体を作るには栄養とらなくちゃね」と苦手なピーマンも食べたり
先週は4校時で帰宅が早かったので宿題を済ませてから
「体が忘れないうちに自転車練習しておく」と
近くの公園まで自転車ひいてよりバランスよく乗れるための練習を転びながらもがんばったり
なにかと前向きな姿勢が見られます。
宿題も毎日出るせいか、習慣化してきたみたい。
いいことだわー(^^)


土曜日は雨の為室内遊具施設でお友達と遊びましたが
昨日日曜日はいい天気だったので、また車に自転車を積んでゆうゆう公園まで遠征!
e0033013_10474996.jpg

まだまだこぎ始めがふらつくし、走行中は肩に力が入っているのがわかるので
バランス感覚を忘れないように定期的には乗らなくっちゃね。





たまに「手が汗でベタベター!」と言うので
よっぽどガチガチになって乗っているんだろうな(^^;
e0033013_10503347.jpg





ここは遊具がこのターザンロープぐらいしかないけど
ひよりん1人ではまだできないのでいつも親がロープを手渡しして
抱っこしてロープの結び目に載せるようにしてたけど
昨日はノリに乗って気分がいいはるぼうが
「おかーさんは休んでてー。ぼくがやってあげるー」と
あまり体重差のないひよりんをがんばって抱っこして乗せてあげてました(笑)
e0033013_10513324.jpg





でもあまりにも忙しそうで自分が乗るタイミングがなさそうだったので
やはりおかーさんが手伝ってあげたわ(^^)
e0033013_1055113.jpg

2人で同時に乗ったほうが楽しいもんねー。





山梨は夏になると35度越えの日が2ヶ月近く続いたりするから
公園日和なのは5月!
e0033013_10562452.jpg

平日は自分の時間がとれるようになった分、土日は子供達の為に使いたいと思います♪

きっとこうして兄妹で一緒に公園で遊ぶのもあと2,3年かなぁと思うので(^^)
[PR]
by say-na | 2013-05-13 10:59 | 育児日記

山梨では自転車の補助輪のことを方言で「ゴロ」と言うらしい。


幼稚園の年長ぐらいになると、そこらじゅうで
「うち、ゴロ取れたー!」
「うちはまだゴロ付きだよー」
の会話が繰り出されます・・・

ネットで調べてみると、補助輪付き自転車を
「ゴロ付き自転車」と呼ぶのは山梨限定で、
近畿圏では「コマ付き自転車」や「タマ付き自転車」、
広島県では「コロ付き自転車」、
香川県や鹿児島県では「ハマ付き自転車」

と言うらしい・・・改めて方言って幅広いなぁー。

ちなみに福島では普通に「補助輪付き自転車」でした☆




さてさて、去年3月の5歳の誕生日にようやく補助輪付き自転車をゲットしたはるぼう。
みんな年長組に向けて補助輪外しの特訓をしてるところに
はるぼうはやっと補助輪付き自転車でさっそうと走ることができたのです(^^;
3月生まれはこういう点、何かと遅いよねぇー。
しかし、さすがに小学生になる前に補助輪外せたほうがかっこいいだろうと
冬休みぐらいからおとーさんと練習を始めたがなかなか上達の気配なし・・・
本人も自転車がつまらなくなってきて、乗りたいと言わなくなってきた・・・
そして冬は寒いし・・・
じゃ、春休みに特訓するか!3月には6歳だもんね。
がっ、春休みはがっつり福島に滞在してたのであっという間に小学生になってしまいましたー。


その後、時々週末はおとーさんと近所の公園で特訓していたものの、
ハーフパンツの時転んで自転車に足はさんで負傷したのをきっかけに心が折れたようだったので
おかーさんも子供時代に自転車で苦労した話を聞かせてやりました。

私は両親が共働きで日曜も仕事だったから、
自転車の特訓にじっくり付き合ってもらうこともないまま小2か小3になり、
そこでようやく家の前の空き地で練習したのでした。
でも、やっぱり後ろを持ってもらってる時はいいけど、
怖くてそれに頼ってしまいフラフラしてバランスがとれない。
そして転ぶ・・・嫌になって機嫌が悪くなる・・・親も面倒になる・・・
負のスパイラルで親子共に練習が嫌になっていたある日、
スイスイ自転車に乗っている夢を見たのです!
翌朝、「私、いけそうな気がする!」と面倒臭がる親を練習に付き合わせたら
本当にスイスイ乗ることができたのでした!
やっぱり、バランスとって乗るっていうのは気持ちによるところが大きい!

「おかーさんねぇ、子供の頃自転車がうまく乗れなくて転んでばかりだったんだけど
自転車をスイスイ乗ってる夢を見たの。そしたら次の日突然乗れるようになったんだよ」

と、寝る間際にはるぼうに話した3日後、
「ぼく、自転車に乗ってる夢見た!
おばけに追いかけられてて自転車に乗って逃げたの!」
と、なんとも微妙な夢を見たようだが、気持ちは乗ってるようなので間をあけるわけにはいかん!


GWはお出かけ三昧だったけど、最終日の6日に気合を入れて自転車を車に積み、
広い芝生の広場があるゆうゆう公園まで遠征に行きました。



まぁ、まずは公園で楽しく遊びましょ。
e0033013_1102352.jpg

100均で買っておいたソリで二人とも芝滑り~。




天気がよくて、初夏の陽気ー。
e0033013_1113994.jpg





楽しいー。
e0033013_1123151.jpg





バッタの赤ちゃんもたくさんいた。
e0033013_113926.jpg

昆虫を多く見てると、生まれた時は幼虫、さなぎ、成虫・・・ってイメージがあるけど
バッタは卵からかえったときからバッタの形で、
脱皮しながら大きくなるのを大人になってから知った。
男の子を生まないとこういう豆知識は覚えないねー。





さて、休憩をしてぼちぼち自転車の練習しましょーか。
e0033013_115111.jpg


おとーさんとの練習の時は自転車をまたぎながら歩いたり、ハンドルさばきや上手な転び方といった、
取り回しの練習中心だったらしい。
でも、自転車積んで広い公園に来たからには、
おかーさんは気合入れて自転車の後ろ支えて走り回ります!
中腰になって両手で支えながら自転車押すのはかなり体力使う!
でもいいダイエットになると考えておかーさんもがんばる!
終わるころには痩せているかもしれない!(笑)
ひよりんは木の枝を振って応援!
がー、完全に後ろの支えに頼り切り、ふらふらの蛇行運転。
・・・しばし休憩。
その後ターザンロープでひよりんも一緒に遊ぶ。


2回目の練習!
背中が「く」の字に曲がり、肩に力が入っているのがわかるので
「足元を見ないでずーっと先のあの木を見てごらん」とか
「今度はあの遊具のほうを見ながら漕いでごらん」とアドバイス。
再び休憩後は砂場でひよりんと遊ぶ(笑)
一緒にいるひよりんを飽きさせないことと
挑戦者(はるぼう)のリフレッシュタイムを与えるのって必要だわ。


3回目の練習!
やたら曲がるので
「顔が向いているほうに自然に曲がっていくから、
姿勢を正しくして行きたい方をまっすぐ見るんだ!」
転べば
「タイヤが2つあるものは倒れるものなんだ!
転ぶ時は脚を挟まないように転ぶんだ!」
と、なんかバイクの乗り方を教えるようなアドバイス(笑)
しかし、気が付くと支えるのが両手じゃなくて片手で済むようになってきた。
だんだん手を添えるだけだったり、親指と人差し指で輪にしただけでも足りるようになる。
もしや、バランス感覚が身についてきたんじゃ?
様子を見ていた他のママさんからも
「うちの子も今日練習しようと思ってきたんですよー。
バランスとるの上手ですねー」
と言われたもんだから、はるぼうスイッチが入ってやる気になってきた。
この頃になるとひよりんは公園のイスに座りながらお茶を飲んでまったり見学(笑)


またターザンロープで遊んだ後、そろそろ4時だったのではるぼうも帰ろうーと言っていたが
せっかくここまでバランス感覚をつかみ取ってきたのに帰宅したのでは
次はまたリセットされてしまう気がするー!
本人の気持ち的にも。
偶然にも自転車に乗れる夢を見たんだから、その後の練習1発目で実現させなければね。



そんなわけで、人もまばらになってきた広いほうの芝生広場に進出しいざ練習再開!
e0033013_11214592.jpg

やってやるぜー!




最初は片手でしっかり支えていたけど距離が伸びるにつれ安定していくことに気付く。
自転車がまだ乗れないからと狭い公園で練習するよりも
長い助走距離が必要な挑戦者こそ広い公園で練習するほうがいいのねー!
様子を見て1秒離し、2秒離し、を何回かできるようになったので
2秒の時わざと隣を走ったら自分1人で走っていることに気づき感動したらしい。
最高8秒離して乗れるようになったので、アスファルトのコースで走ることにしたら
「うわー、軽い!」とびっくりしていた。
あれね、砂浜ランニングの後、グラウンドを走ると足が軽く感じるってやつね(笑)
いざ、コースに出ると、おっと驚き、スピードに乗るとどんどん安定してきたので
そっと手を離して数を数えると一気に60まで乗れた!
ほほー、これは今日完成できそうじゃない?
自転車は公道を想定して安全に止まるのが最も大事なので
ふらついたら「ブレーキ!片足出す!」と止まる練習も厳しく実施。
周りにいた他の親子も「乗れるようになってきたねー!」と応援してくれてました(^^)



そして2周目からは1度も止まらずにいけた!
e0033013_1135537.jpg




どうやら、一度止まると漕ぎ出し始めが苦手なようなので、
必死に前を向いて漕いでます(^^)
e0033013_11363497.jpg

足がついてしまった後、どうにもうまく漕ぎ出せなかったら、
その様子を見て、自転車で近くを走っていたちょっと年上の女の子が
「後ろ押さえててあげようかー」と来てはるぼうのサポートをしてくれました(^^)
こういう子供同士の助け合いってうれしいわ。
親が出て行くよりいいよねー。




この狭い場所を通過する時転んでしまったが黙々と自転車を起こして再び挑戦していた。
その後、危ない場所は内側の芝生部分に入ってショートカットするのを覚えたらしい。
そうやって自分の頭で考えて走ることって1人立ちに向けて大事よね。
e0033013_11374357.jpg

そして、さっきの女の子もまた来て「私も昔はよく転んだよー」
と言ってくれたらしい。
こういう心遣い、同い歳や男の子にはできないもんだよなーと感心。




「自転車楽しいー!」と言いながら3周ぐらい走ってましたが
補助輪の時と違って顔は真剣(笑)
e0033013_11442084.jpg





その間、ひよりんはというと・・・
e0033013_11452940.jpg

「ギャー!」という声が聞こえたのでひよりんが座っていたベンチまで走って行くと、
鼻の上に黒い蚊が止まっていて見事刺されていました・・・
手で払えばいいんだけど、両手におかしを握りしめていたひよりんにはそれができなかったらしい(笑)
自分がかまってもらえないからといってぐずったりせず、
ちゃんとベンチから動かず待っていたひよりんも偉い!
妹の協力なしにはるぼうの成功はなかったわよ。




走ってる時にもろ転んだのが4回ぐらいあったがその衝撃で破れてしまった靴。
がんばった勲章だね!
e0033013_1148316.jpg

公園からの帰り、お祝いにコンビニで1人1個大きなアイスを買いました♪
待ってたひよりんも偉かったからね♪




幼少期にぶち当たる壁といえば、「逆上がり」と「自転車の補助輪外し」だけど
この2つがようやく克服できて親の責任を果たしたーと子供より親のほうが満足。
自信がつくことが1つでも増えるって自己肯定力もついていいことよね。
今日はGW明けということで、小学校で「おやすみの出来事の発表」があるようだけど
はるぼうは愛宕山や風土記公園で楽しく遊んだことよりも
自転車の練習をがんばって乗れるようになったことを発表するらしい(^^)
でも、「山梨では補助輪のことをゴロって言うから、ゴロなしでも乗れるようになりました、
って言ったほうがいいかもねーとアドバイスしておきました♪
[PR]
by say-na | 2013-05-07 12:10 | 育児日記

GW後半戦

まったり過ごした平日3日間を経て、GW後半戦の4連休に突入~。
e0033013_5502196.jpg

毎年今の時期になると咲く玄関横の西洋しゃくなげ。
慌ただしいGWの最中にきれいな姿を見せてくれます♪



3日はまかいの牧場に行く予定が甲府市動物園に変わり、
しかし近所のお祭りで駐車場にすら入れずスルーして愛宕山こどもの国に行くことになりました。
e0033013_552277.jpg

緑がいっぱいで自然の中の公園!
山の斜面に作ってあるので、急こう配で木の根っこもそこらじゅうボコボコ生えわたり、
子供だけで遊ばせるにはちょっとケガをしそうでマンツーマンでついてなきゃいけません。
おかげで大人1子供1の2組に分かれて行動するので
その間はもう片方のチームがどこにいるのかわからない(笑)




ひよりん、飛行機の運転席に座ってうれしそう。
e0033013_5554057.jpg





やっとはるぼう発見(笑)
e0033013_5563634.jpg





その後、しばらく森の中をハイキング気分で歩き、
変形自転車広場に到着ー。
ここは4人乗り、2人乗り、子供向けの3輪1人乗りみたいなたくさんの種類の自転車があって
無料で乗れるのでーす。
一応1人2周したら交代、というルールを参加者の良心に任せて運営しております。
e0033013_559041.jpg

はるぼうはお父さんと2人で漕ぐ自転車に乗って出発。
私はひよりんとサイドカータイプの自転車に乗りました♪




その後はるぼうも1人乗り!
e0033013_60299.jpg

まだ補助輪が外れないはるぼうでも安定感がある運転ができる3輪タイプ自転車!
補助輪を外す特訓はいつからやってるっけ・・・?




ひよりんは「ゴーカート」と名のつく、確かにゴーカート型の3輪車が気に入ったようで
その後ずっと1人で乗っていました。
e0033013_63548.jpg

車みたいに、踏むペダルが2つあって、器用に左右交代で踏みながら進んでいます♪

変形自転車広場は初めて行ったけど、5、6歳以上から1人で乗れるのも多いので
もし県外からのお友達や甥姪が来たら連れて行っても楽しめそうだなーと思いました♪
山梨の楽しい公園はチェックチェックー♪






翌4日は風土記の丘公園へ。
e0033013_655787.jpg

ここは複合式遊具やローラー滑り台、ちょっとしたアスレチックがあり
よく見渡せるので私1人で子供2人を連れてくるのにもよく使う公園です。
そうはいえ、久々に来ましたー。
つつじが満開で、そういえばこの時期に来るのは初めてだなーと気づきました。




GW中なのでいつもの土日より子供達が多かったけど
お互いの姿を見つければ一緒に遊ぶ兄妹。
e0033013_6103144.jpg





ローラー滑り台はお尻が痛くなると気づいたはるぼうは
膝を立てて足の裏で滑るようにしています。
e0033013_6112874.jpg

おかげで妙に速い(笑)





ひよりん、3歳8ヶ月にしてロープピラミッドの上の方にがんがん登って行く!
e0033013_6133446.jpg

1段目は怖がっていたが、自分で足場や手をどこに伸ばすか手さぐりで覚え、
登るのが楽しくなってきたらしい♪
この辺は慎重なはるぼうと違う面(^^;
でも、登りすぎると降りられなくなるので、上から5段目ぐらいに行ったところでストップをかける。
案の定、降りるほうに苦労してたのでそれ以上上に行かせなくて正解だったわー。
まだ手足が短いから身体的に無理なところもあるのよねぇ。




夜は、GWといえばBBQ!
といきたいがお家でホットプレートで焼き肉!
それでもこのホットプレート何年ぶりに出したかなぁ・・・
今まで子供達が焼いた肉あまり食べなかったし、手を出しそうで怖かったからねぇ。
e0033013_6214630.jpg

それでもはるぼうが「焼きたてのお肉ってやわらかくておいし!」
ともりもり食べていました!
いつもお肉よりごはん派なのにねぇ。
ひよりんもいつも食べたがらない牛肉を3切れぐらい食べました♪
これからホットプレートの出番が増えそうで楽しみだわ(^^)




5日の夕方には旦那はまた仕事先へ向かいました。
10連休だったので子供達も久々におとうさんと触れ合えて楽しそうでした。
[PR]
by say-na | 2013-05-07 06:27 | 南アLife

葡萄畑の中の映画館へ。

6年前にはるぼうを出産してから映画館には一度も足を運んでいないが
どうしても見たかった映画、「レ・ミゼラブル」。
4月に子供2人が入園入学して1人時間ができたらぜひとも見たい!と思い続けていたが
去年の12月下旬に公開だったので、さすがにどの映画館も上映期間終了・・・
昨日は映画の日で1000円だったけど、近場のトーホーシネマでも見たい映画もなく
昨晩執念でレ・ミゼラブルの上映映画館を調べたら・・・

やっているところあった!
しかも我が家から車で40分と割と近場の映画館。
ファンモンのPVにも使用された、築40年以上が経つ映画館だがこれも何かの縁!
だって、他の映画館では3月には上映が終わっているのに
ここは昨日から上映開始(笑)
子供の頃近所にあった、小名浜グリーン劇場という映画館がまさにこのタイプで
大手の映画館で上映が終わって音沙汰がなくなってから安い料金で上映するという
典型的な田舎の映画館だったのでした(^^)




渋滞に巻き込まれつつ、上映時間ぎりぎりに到着!
e0033013_14444557.jpg

テアトル石和!




周りはぶどう畑で住宅街もすぐ近く。
なんとも隠れ家的な映画館。
e0033013_16424348.jpg

駐車場だって、隣の砂利の駐車場だもんねー。




とうとう見られるのかと思うと高揚感でドキドキ。
e0033013_14465655.jpg





館内も昭和の香りプンプンです。
e0033013_14472794.jpg

e0033013_1447391.jpg

普通料金で1200円。
映画の日の1日は500円。
水曜日のレディースデーは100円引き。
でも6回見に来てスタンプカード(笑)がたまれば1回無料で見れるというゆるさ。
たまらんねー。



スクリーンの両脇にはカーテンがあるのも昭和っぽい。
客は7名ほどでみんなおひとり様。
GW合間の平日に、こんな映画館に来るなんてよっぽど映画が好きか、
この作品に思い入れがあるんだろうなぁ。

実は、私はレ・ミゼラブルの児童向け図書、
「ああ無情」を小学校の図書室で借りて読んだのがこの作品との出会いでした。
当時10歳頃でしたが子供心に胸を打たれ、
それまでの人生で生まれて初めて感動した本だったのでした。
読書感想文を書いて先生に出来をほめられたのもいい思い出。


その後、千葉に上京して住んでた大学4年生の秋、まだ就職先が決まってなくて
そんな折、帝国劇場でレ・ミゼラブルのミュージカルが公演してると知り、
東京にいるのはこれで最後かもしれないとはした金を集めて
22歳の誕生日記念として1人ミュージカルを見てきたのでした。
その後、都内で就職が決まったけど、22歳の時のあの思いは今でも忘れられない。


そして37歳の今、集大成ともいえる映画を見ることができるとは。
もうそれだけで感動です。
ミュージカルは歌も感動したし、舞台を間近で見れたというだけで感動だったけど
正直、どういった流れで革命のシーンが出たのかわからなかった。
また、「ああ無情」の本の中にあった下水道管の中を逃げるシーンとが映像として見れて
「そう、これよこれ!」と本を読んで27年を経てやっと子供の頃頭の中で思い描いていたシーンが
目の前のスクリーンに表わされていて、万感の思いでした。
15年前に聞いた歌も改めて聞けて、感動。




個人的にこの映画にかける思いもあり、
ほんと、思い切って見に行ってよかった映画でした。



ミュージカル映画なので「ここでいきなり歌い始めるか!」と突っ込みたくなる人はいるかもですが
レ・ミゼラブルの世界観を表すにはやっぱ歌は欠かせないかなぁ。
ジャン・バルジャンの一生を見届けることができたし
天敵ジャベールもなぜか最後まで憎めない。
2時間半と長時間だけど1人でじっくり見るにはいい映画です。
久々にエンドロールまでしっかり見て浸りました。
[PR]
by say-na | 2013-05-02 15:02 | 音楽・本・映画・テレビ